FC2ブログ

アクベシアヌス マット交換

スイセン(水仙)
画像:スイセン(水仙)

画像はスイセン(水仙)ですね。一般的には二ホンスイセンと呼ばれています。花は耐寒性がり、12月頃から咲き始め2月ぐらいまで楽しめます。スイセンは春を告げる花の一つと言われ、白い花弁の真ん中に黄色い副花冠があるのが特徴です。
この1月の寒空のもと、白く可憐に咲いている様は心を癒してくれますね。
只、同花を、ニラと間違えて食べてしまったというニュースをよく耳にすることがありますが、茎、球根と花全体に毒性が強いので注意が必要ですね。綺麗なモノには毒があるとか・・・(笑)

1月に入り朝晩とも一段と寒さが厳しくなってきましたね(-_-;)
インフルエンザも流行っているようなので、体調管理には気を付けたいところです。
正月、休み明けの仕事も7日から始まりましたが、取引先の挨拶が中心で、アっという間に1週間が終わってしまった(笑)
そして、今日からまた連休 鈍った身体がまたナマリそう~。。。(笑)

アクベシアヌスミヤマクワガタ トルコ産
画像:アクベシアヌスミヤマクワガタ トルコ産 (過去画像)

さて、クワネタですが・・・・
昨年9月末にアクベシアヌスの初2令を10頭ほど入手し800CCボトルに入れていました。
♂と思われる1~2頭がボトル越しに成長している姿を覗かせていたのですが、他は目立つた感じは見られません(-_-;)。
マット飼育だとボトル越しに劣化の状態が分からないのが厄介ですね(笑)
幼虫も前回の投入から3ケ月が経過しているので、交換時期かなと思いマット交換をしました。

アクベシアヌス マット交換
画像:アクベシアヌス マット交換

アクベシアヌス マット交換 アクベシアヌス マット交換
画像:アクベシアヌス マット交換

交換用のマットを用意しながら、幼虫の確認です。
幼虫は6~7月の孵化なので、体重の乗りも余り期待はできそうにありません・・・

アクベシアヌス マット交換 アクベシアヌス マット交換

うん~やはり♀の伸びが悪いですね(-_-;)
でも、全頭無事に成長しているようなのでOKということに(笑)

アクベシアヌス 体重測定 アクベシアヌス 体重測定
画像:アクベシアヌス 体重測定

♂♀の判別と測定結果は・・・
♂6頭 13g~19g ♀4頭 3g~5g 

ミヤマ用 セラー
画像:ミヤマ用 セラー

これからの成長を期待してセラーへ・・・(^^♪

ドンキエル 菌糸交換

カンシロギク(寒白菊)
画像:カンシロギク(寒白菊)

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

画像はカンシロギク(寒白菊)ですね、一般的にはノースポールで流通しているようです。
パッと見た感じはマーガレットのようにも見えますが、同じキク科なので似ているところもありますね。
カンシロギクは冬の花として耐寒性があり、玄関アプローチや寄せ植えなどに人気があります。開花期間も冬から初夏までと長く楽しめる花です(^^♪

ドンキエル・ドンキエル カチン産 (原名亜種)
画像:ドンキエル・ドンキエル カチン産 (原名亜種)

お正月は天候にも恵まれ日差しも暖かく、気持ちの良い日が続いています、只3日の夕方に熊本で震度6弱の地震が発生して驚きましたが、大きな被害が出なかったようで安心しました。
さて、休みも残すところ今日を入れて2日となりました。特に遠出をすることもなく、近所をウロウロトと過ごしています(笑)
そういえば、2日にパソコンに接続しているプリンターの調子が悪くなったので、娘を連れて近くの量販店へ買いに行きました。
思い返したら12年使っていましたので・・・(-_-;)

お店に着き、あれこれと物色!価格は4,980~50,000円とラインナップも豊富で迷うほど・・当然店員さんは新しいモデルのインク6色(殆どが6色対応)を勧めていましたが、「4色はないの」?と尋ねると、写真は印刷しますか?と聞かれたので、「しません」と答えると、なら4色で十分ですね。数ある中から4機種をピックアップ、ランニングを考えてもインク代は安い方がいいですからね☺
最終的にはスキャナー付きのこれまでと同機能のプリンターを4桁で購入(笑)

PS:最近のスキャナーはPCに取り込むとPDFに変換されるんですね\(◎o◎)/!知らなかった(笑)

ドンキエル 菌糸交換
画像:ドンキエル 菌糸交換

さて、昨日はドンキエルの菌糸交換をしました。
昨年、ドンキエルの産卵セットを組んだものの最初のセットから7頭しか採れなかったので、私的には貴重な幼虫になっています。
前回の交換は、菌糸の状態が良くなかったので早めに交換をしていましたで今回が4回目の交換となります。
さっそく、セラーからボトルを取り出し幼虫の状態を確認。
菌糸も食い上げも良いので期待をしながら交換作業開始です。

ドンキエル 菌糸交換 ドンキエル 菌糸交換
画像:ドンキエル 菌糸交換

幼虫は前回の判別の通り♂3♀4でいきそうです(^^♪
♂は15gまではいってほしいな~

ドンキエル 菌糸交換 ドンキエル 菌糸交換
画像:ドンキエル 菌糸交換

体重の推移
1: 9g → 10g → 10g → 12g
2: 9g → 11g → 11g → 13g
3: 8g → 11g → 11g → 13g
4: 6g → 8g → 8g → 8g
5: 6g → 8g → 8g → 9g
6: 6g → 7g → 7g → 7g
7: 7g → 7g → 7g → 8g

無事に羽化しますように(初祈願)

ドンキエル 菌糸交換
画像:ドンキエル 菌糸交換

オーベルチュールシカ 菌糸交換

ナデシコ(撫子)
画像:ナデシコ(撫子)

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

画像はナデシコ(撫子)ですね、ナデシコもいろいろと品種が多く判別が付きません💦
一般的に日本に自生しているナデシコはカワラナデシコを指すようですが、最近は園芸種も多いのでなかなか特定することは難しいですね。
ナデシコは秋の七草の一つですが、この花は大分遅咲きのようです。
見た目が華やかで美しく鑑賞用としても人気がありますね、(^^♪

おせち

( ^-^)/☆彡*謹賀新年🐗 皆さま、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

お正月(元旦)皆さんはいかがお過ごしですか? 私は近くの神社へ初詣に・・・帰宅後はクワガタのお世話(笑)
夕方は、年末に購入しておいた「おせち」を囲んで、楽しく過ごしています。
この「おせち」ちょっと普通とは違います。一般的には、一の重に祝い肴と口取り、二の重に焼き物や酢の物、三の重に煮物を詰めますが、食べかけの画像ですが、煮物中心の3段「おせち」です💦

実はアレルギー物質を除いたおせちなので、彩を飾る海老や伊達巻、イクラ、蒲鉾などは入っていません。
昨年末に嫁と娘がパンフレット見ながら、「今年は買ってみようよ!」と、話していたことを思い出しながら、酒の肴に・・・
これなら自宅で出来るじゃんと思いながらも・・・(笑) 娘が喜ぶならと・・・

オーベルチュールクロツヤシカクワガタ ベトナムハザン産 オーベルチュールクロツヤシカクワガタ ベトナムハザン産
画像:オーベルチュールクロツヤシカクワガタ ベトナムハザン産
詳細 孵化 2017.8上旬 ♂ 2018.11.18羽化 50mm(最終体重10g) ♀ 2018.06.25羽化 30mm(最終体重6g)

さて、画像上は昨年見事に羽化ズレしたオーベルチュールシカです(-_-;) 他は♂1頭が蛹化中~で、その他は幼虫をしておりまして、来春にペアリングができるのは、このペアだけとなりそうです。♀は早々6月に羽化していることから、8月からセラーの一番温度帯の低いスペースへ投入して来春に備えています。♂は11月に羽化しましたが翅パカ(-_-;) 
辛うじて交尾は出来そうですが・・・💦 来春の体制は薄い状態でスタートになりそうです。

また、昨年7月に割出したオーベルチュールシカは、9月から9頭をカワラ菌糸へ投入していました。
しかし、菌糸を嫌がり数日でボトル上部へ脱出してきた6頭は菌糸飼育を諦めマットへ・・・残った3頭で菌糸飼育を継続・・・
継続している幼虫は、500CCのボトルが不足していたので、プリンカップにへ入して2月半が経過していますので、そろそろ交換かと思いセラーから取り出し交換をすることに・・・

オーベルチュールクロツヤシカ 菌糸交換
画像:オーベルチュールクロツヤシカ 菌糸交換


割出しもプリンカップなので、簡単に割ることができるのでとても楽ですね。
出て来た幼虫もいい感じで育ってくれています(^^♪


オーベルチュールクロツヤシカ 菌糸交換 オーベルチュールクロツヤシカ 菌糸交換
画像:オーベルチュールクロツヤシカ 菌糸交換


菌糸組みも、もう少し成長しているかと思いましたが、期待を下回っています💦
体重測定結果は、4g、4g、6g (♂♀判別せず)
♂なら10gは超えてほしい(願)


オーベルチュールクロツヤシカ 体重測定 オーベルチュールクロツヤシカ 体重測定
画像:オーベルチュールクロツヤシカ 体重測定

20℃管理のセラーへ戻して・・・

オーベルチュールクロツヤシカ 飼育スペース 
画像:オーベルチュールクロツヤシカ 飼育スペース

今日はマット組みの交換をしようと思います(^^♪

ユダイクスミヤマ ♂♀判別

ノゲシ(野芥子)
画像:ノゲシ(野芥子)

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

画像はノゲシ(野芥子)ですね。
道端や畑などにどこにでも見られるノゲシ(野芥子)ですね。
気候の良い秋に咲くノゲシはタンポポのような花を咲かせてくれますが、この時期では厳しいですね。
ノゲシも種類が多く、似た花にオニノゲシや雑種のアイノゲシがありますが、画像のノゲシも他の種類かも知れません💦
「ケシ」と名前が付いているのはケシの葉に似ていることからとか♪

飼育室 セラー 飼育室 セラー
画像:飼育室 ミヤマ用セラー

さて、今年も残すところ2日となりましたね、この時期の飼育室は冬前に産卵セットを組んでいる2種類の他は幼虫の成長を楽しみながら菌糸やマットの交換作業が主になります。
セラーで保管しているボトルを眺めながら、ミヤマ、フタマタ、シカなどのボトルを確認していると、ボトルの大きさに不釣り合いな幼虫を数個発見('◇')ゞ
発見したのは、ユダイクス用セラー2台から5本のボトルです。

ラベルを見ると、5.12採卵→6.12ボトル投入→10.8交換10~11gと記載され、10.8の交換時は♂♀の判別なし。。。
と、言うか判別ができていなかった幼虫です(-_-;)
さっそく交換用のボトルを用意して、幼虫を取り出して見ました。
幼虫はボトルのレンズ作用で大きく見えますが・・・取り出して見ると・・・

\(◎o◎)/!デッカ!かなり成長が進んでいるのが確認できました。
体重も量ってみると24g前後に♪5頭中3頭が♂でした(笑)
前回の交換から2ケ月ちょっとで体重は倍増!♂の成長が早いのには驚かされます。
幼虫は用意した1500CCのボトルへ引っ越してもらいました。

慌ててボトルを交換する以前に♂♀の判別をしっかりしないとダメですね💦💦 


ユダイクスミヤマクワガタ トルコ  ユダイクスミヤマクワガタ トルコ
画像:ユダイクスミヤマクワガタ トルコ

ユダイクスミヤマクワガタ トルコ
画像:ユダイクスミヤマクワガタ トルコ

ユダイクスミヤマ 体重測定 ユダイクスミヤマ 体重測定
画像:ユダイクスミヤマ 体重測定

幼虫には窮屈な思いをさせました(-_-;)

飼育室のエアコン故障!

マルバルコウソウ(丸葉縷紅草)
画像:マルバルコウソウ(丸葉縷紅草)

ご覧いただきありがとうござます(^^♪

画像はマルバルコウソウ(丸葉縷紅草)ですね。
この週末もデジカメを持ちながら撮影する花を見つけるためうろうろと、冬の陽だまりに咲いているマルバルコウソウのを見付けました。
花は1.5~2cmと小さいのですが、鮮やかな朱色が遠目でも気が付く程です。
季節外れの開花のせいか五角形のラッパ型は後ろに反り返るように全開し、雄しべ雌しべを花冠から突き出している様はなんとなく力強さを感じます(^^♪

飼育室 エアコン
画像:飼育室 エアコン

12月も残りわずかとなってきました。最近は、前半の寒さも一段落して12月らしい気温になっています。
寒さの厳しかった前半、深夜~早朝の冷え込みがきつかったので、飼育室のエアコンを暖房に切り替えタイマーをセットしていたのですが翌朝飼育室へ入って見ると、暖房は効いていませんでした!!(-_-;)

故障かなと思いながらも、その後1~2回試したのですが状況は変わらす💦
試しに冷房を入れてみると問題なく作動。
うん~ガスではなさそう?基盤でも故障しているのかと・・・電機のことはさっぱり知識がないため原因は掴めず(-_-;)

このエアコン!3年前に新しく交換したばかりなので、故障するには早いし修理代もかかると思いながら保証書を確認。
メーカー保証は1年だなと思いつつ、書類を見ていると、「5年保証」の文字が・・・\(◎o◎)/!
5年保証と記載されたレシートが目に止まりました\(^o^)/

入っていたんだと、一人でニヤリとしながら・・・
購入当時を振り返ってみても、申し込んだ記憶はないのですが、レシートがある以上申し込んでいたのでしょうね。
確か!3年前に買い替えたのは暑さが残る9月で、壊れた当日に急ぎ量販店へ直行した記憶を思い出しました。
そんなことがあって保証を付けたのか?何れにしてもこれはラッキーと思いさっそく修理依頼!

そして昨日修理屋さんに来てもらいました。
点検の結果!どうですか?「やっぱり異常がありますね」
         そうですか💦 基盤ですか? 「いや、温度を感知するセンサーですね」
         今日、直りますか?「部品交換してみます」 お願いします。

そして、修理屋さんは手際よく30分程で部品を交換し修理完了。
修理屋さんにお礼を言って・・・お別れ (*・.・)ノ サンキュー☆

飼育室へ入ってみるとムッとするほどの暑さに\(^o^)/

修理明細書
画像:修理明細書

お陰で暖房復活です。これで無事に冬が過ごせます(^^♪
飼育室はコンテナハウスなのでエアコンに負荷がかかるのかも知れませんね。
保証(保険)に入ってて良かった(笑)

≪PREVNEXT≫
Profile

もっち

Author:もっち
森の木陰のBlogへようこそ!
我が家の息子が子供の頃、喜ぶと思いオオクワを購入したのですが・・・
結果的に自分が“ハマ”った
管理人のもっちです。(笑)

生息地:神奈川県
年代:末娘は21歳(もう若くはない)

Topix

クワカブ愛好者の最新情報を掲載しています(^^) ✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫



✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫

更新日:2019.1.1

Access
ブログ村クワガタ部門
Search
Album
Recent posts
Recent comment
Category
Calendar
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2019年02月 | 03月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -


RSS

Link

このブログをリンクに追加する

mail

名前:
メール:
件名:
本文: