FC2ブログ

ヒラタクワガタ 羽化(^^♪

ナワシロイチゴ(苗代苺)
画像:ナワシロイチゴ(苗代苺)

画像はナワシロイチゴ(苗代苺)ですね。野山に自生しているクサイチゴやヘビイチゴなどと同様によく見かけるイチゴの一つです。
ナワシロイチゴは、ピンク色の花弁が開かないのが特徴です。
萼は星型に開きますが、閉じている花弁の先端からメシベの柱頭だけが顔を少し出し受粉した後、花弁が落ちて中に隠れていたオシベが成熟してきます。
名前の由来は、5~6月の苗代を作る頃に花が咲き出すので付いたとか(^^♪

☆☆☆--------------------------------------☆☆☆
第9回 春のプレ企画 開催

春のプレ企画

詳細はこちら
協賛募集:5月13日(月)~5月18日(土)
応募期間:5月19日(日)~5月25日(土)
当選発表:各協賛者様から発表  間もなく・・・
☆☆☆--------------------------------------☆☆☆

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

かっつさんの春のプレ企画も昨日で応募が締め切られ、いよいよ抽選です。
協賛させていただきましたオーベルチュールシカに多くのご応募をいただきありがとうございました。
抽選方法をいろいろと考えて・・・抽選アプリを使ったのですが、ブログにアップできず画像でお許しください。。。(-_-;)

抽選結果です・・・
アプリを起動させデジカメで撮影(笑)
抽選アプリ 抽選結果
画像:抽選結果

おめでとうございます。HNの頭文字「H」そうです、白三(はくぞう)さんです。
 読み方を間違えていたらごめんなさい^_^;
白三さん当選おめでとうございます㊗ 虫神様(^^♪
また、多くの方からご応募をいただき大変ありがとうございました。
できることなら皆様をご当選ということでご報告したいところですが、私の力が及ばず1名の方とさせていただきました。
またの機会にお待ちしております(^^♪


追伸 お詫び
白三のお名前を間違えておりました💦
先程かっつさんから連絡をいただき「はくぞう」「はくさん」さんではなく「しらぞう」さんでした。大変失礼いたしました^_^;

GWは自宅のウッドデッキのメンテナンスで汗をかいてしまいましたが、仕上がりは思っていたようにできたので、ひとり満足しているところです(笑)
そして、数日後夕食時に娘(21歳)から「野菜を植えたい」と提案が・・・^_^;
子供の頃は作っても食べなかったくせにと思いながら・・・
やっと食べる気になったのか? 野菜作りに目覚めたのか?と・・・
そこで思い浮かんだのは・・・

野菜を植えることには大賛成だと思いながらも、野菜を育てられるスペース(環境も)が無いぞ💦
スペース案① ウッドデッキの上にプランターを置いてもよいが水やりが大変
スペ―ス案② 庭に地植えしても土は赤土なので育たない
スペース案③ 南側面した垣根の内側に少しスペースはあるものの日陰になり育たない

家庭菜園作り
画像:家庭菜園作り

何とか娘の希望に沿えるよう考えた結果!案③に決定!(ひとりで考えた結論)
決めたものの、垣根を大きく伐採する必要が💦💦
そして、先週(18.19日)の休みを使って菜園場を作って見ました。

Before                      After
家庭菜園作り 家庭菜園作り
画像:家庭菜園作り

南側の紅かなめの垣根は大幅にカットし樹高を1800cmから50cmに・・・日差しがたっぷり入りました(^^♪
菜園スペース底土の赤土を掘り返し腐葉土を80L、石灰
さらにレンガで囲み、赤玉60L 腐葉土40L 牛糞20L 野菜土120Lを投入して完成

娘が希望した、キュウリ、青じそ、トマト、ピーマンを植えて\(^o^)/ 
野菜を育てることに興味もってくれた娘を応援・・・(笑)

ヒラタクワガタ 羽化
画像:ヒラタクワガタ 羽化

クワネタを忘れるところでした(笑)

昨年、ドルクスヒロさんから譲ってもらった宮崎産の本土ヒラタ成虫ペアから採れた幼虫が、3~4月に羽化ラッシュを迎えていました。
羽化から1ケ月程経ったので掘り出して見ることに・・・
当時、割出した幼虫から手元に残したのは最終的に16頭となり、全て綺麗羽化してくれました。

羽化した個体の性比は♂7頭♀9頭という結果に。
また、幼虫の飼育はマットと菌糸に分けて固体差が出るか試していましたが。。。
飼育過程で、菌糸組みの方が蛹化するタイミングは早かったのですが、最終的に固体差は殆どなくどちらかというとマット組みの方が良かったです。菌糸選びに課題が残った感じです。

もう一つの目標は親超えだったのですが・・・
結果は4mmUPの71mm1頭 2mmUPの69mm2頭(共にマット飼育)\(^o^)/

ヒラタクワガタ 羽化 ヒラタクワガタ 羽化
画像:ヒラタクワガタ 羽化

<φ(..)メモ>
ヒラタクワガタ
Dorcus titanus
宮崎産 CBF5

かっつさんプレ!協賛品はこれ

オニタビラコ(鬼田平子)
画像:オニタビラコ(鬼田平子)

画像はオニタビラコ(鬼田平子)ですね。
道端や庭の片隅でひっそりと咲いているところを見たことはありませんか?
葉は地表面だけで途中には付かず、茎がすっと立ち上がり花を付けます、花をよく見ると個性的な可愛い花を咲かせています。
名前の由来は、田んぼの畔道などに葉が平たく広がって生えている様子から付いたとか(^^♪

☆☆☆--------------------------------------☆☆☆
第9回 春のプレ企画 開催

春のプレ企画

詳細はこちら
協賛募集:5月13日(月)~5月18日(土)
応募期間:5月19日(日)~5月25日(土) 
当選発表:各協賛者様から発表
☆☆☆--------------------------------------☆☆☆

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

かっつさんの第9回 春のプレ企画が発動してます。
協賛品の締め切りが昨日まででしたので、休日となった昨日協賛の参加をさせていただきました。
申し込む前に一覧を見るとすでに30品を超える協賛品が・・・どれも選りすぐりの逸品ですね。
私も微力ながら下記のクワガタを協賛させていただきましたので、ご興味ある方がいらっしゃいましたら・・・
是非、ご応募お待ちしております(^^♪

協賛品はこれです↓↓↓

オーベルチュールクロツヤシカクワガタ 新成虫ペア
ベトナムハザン産 
Pseudorhaetus oberthueri  
♂52mm 4月13日 ♀30mm 3月4日羽化
只今20℃で管理、休眠中です。(♂♀ 別血統 CBF1)

温度管理によりますが夏~秋にはペアリングできると思います。

オーベルチュールクロツヤシカは、全身がエナメル的な光沢で覆われ独特な輝きのあるクワガタです。
その美しさに魅了されますね。「ニセ」ですから・・・(笑)



オーベルチュールクロツヤシカクワガタ ♂
画像:オーベルチュールクロツヤシカクワガタ

オーベルチュールクロツヤシカクワガタ ♂ オーベルチュールクロツヤシカクワガタ ♀
画像:オーベルチュールクロツヤシカクワガタ

ユダイクスミヤマ 採卵(^^♪

サギゴケ(鷺苔)
画像:サギゴケ(鷺苔)

サギゴケ(鷺苔)
画像:サギゴケ(鷺苔)

画像は、サギゴケ(鷺苔)ですね。花の直径は1~2cmほどの小花です。
半日日陰で湿ったところを好み、地面を這うように広がっていきます。
花弁の下唇真ん中に大きく盛り上がった黄褐色の斑紋が個性的です、花が枯れても根は生きている宿根草で、毎年和ませてくれる花です。(^^♪

☆☆☆--------------------------------------☆☆☆
第9回 春のプレ企画 開催

春のプレ企画

詳細はこちら
協賛募集:5月13日(月)~5月18日(土)
応募期間:5月19日(日)~5月25日(土) 
当選発表:各協賛者様から発表
☆☆☆--------------------------------------☆☆☆


ご覧いただきありがとうございます(^^♪

GW開けの今週は、会社へ行っても仕事モードにならず、ボ~としているだけでした💦 漸くエンジンがかかったのが昨日!気が付けば金曜日に・・・(笑)

さて、前回の続きでウッドデッキのメンテナンスの報告です。
5月5日に塗装まで終わらせていましたので、残る作業は、傷んだウッドの交換です。

翌6日は、傷んでいる箇所を確認しながら、ウッド1本が長いため、全部を交換するともったいないので、途中から切り落とすことにしました。
が・・・、切り落とすと考えたものの・・・ノコギリは使えないので、どうしようかと・・・?
そこで、思い付いたのはノミです\(^o^)/ ノミで切ることにしました^_^;

切り落とす箇所を確認し、ウッドにノミをあて金槌で叩くのですが、音がご近所にひびき渡り大分迷惑だったと思います(笑)
2時間程かけて4か所を切り落としました💦💦
そして、交換用のウッドをはめ込みながら仕上がりイメージの確認です。
イメージができたところで、塗装を2回施した後、取り付けて完了です。

ウッドデッキ メンテナンス ウッドデッキ メンテナンス ウッドデッキ メンテナンス ウッドデッキ メンテナンス
画像:ウッドデッキ メンテナンス 傷んだウッドの交換

ウッドデッキ メンテナンス ウッドデッキ メンテナンス ウッドデッキ メンテナンス ウッドデッキ メンテナンス
画像:ウッドデッキ メンテナンス 傷んだウッドの交換

結果、最終日は夕方まで交換作業に時間がかかりましたが、3日間のメンテナンスも終わり・・・デッキの上で🍻を(笑)一人満足でした\(^o^)/

ウッドデッキ メンテナンス
画像:ウッドデッキ メンテナンス

さて、今朝は2週間前に試し割りをしたユダイクスミヤマの割り出しをしました。
誠也さんから譲ってもらった♀のユダイクスです。

前回のセットから2週間が経過しましたので、さっそく採卵をして見ました。
結果、9個の卵が採れました\(^o^)/
このまま順調にいけば6月中旬まで2週間単位で採卵ができそうです(^^♪

ユダイクスミヤマ 採卵 ユダイクスミヤマ 採卵
画像:ユダイクスミヤマ 採卵

ユダイクスミヤマ 採卵 ユダイクスミヤマ 採卵 ユダイクスミヤマ 採卵
画像:ユダイクスミヤマ 採卵

4月27日に報告させてもらった試し割りでは3個の卵をGetしました1個は残念ながら腐敗してしましましたが。残った2個は2週間が経って順調に育っています。割り出した時より丸みをおびて成長してくれています(^^♪

ユダイクスミヤマ 採卵 ユダイクスミヤマ 採卵
画像:ユダイクスミヤマ 採卵       画像:2週間前に採卵した卵


孵化は採卵から40日前後です、楽しみですね(^^♪


オーベルチュールシカ 羽化(^^♪

ハルジオン(春紫苑)
画像:ハルジオン(春紫苑)

画像はハルジオン(春紫苑)ですね。この季節に道端や草地などでよく見かける雑草の代表格です。
ハルジオンによく似た花でヒメジョオン(姫女苑)がありますが、ぱっと見た目には見分けが付き難い花ですが・・・
簡単に見分ける方法は、ハルジオンは茎の中はが空洞になっています。また開花時期が、ハルジオンは4~6月、ヒメジョオンは6月~12月と長いので、目安になるかも知れませんね。
そうそう、ハルジオンは、貧乏草とも呼ばれ、折ったり、摘んだりすると貧乏になると言われていいます💦

☆☆☆--------------------------------------☆☆☆
第9回 春のプレ企画 開催

春のプレ企画

詳細はこちら
協賛募集:5月13日(月)~5月18日(土)
応募期間:5月19日(日)~5月25日(土) 
当選発表:各協賛者様から発表
☆☆☆--------------------------------------☆☆☆


ご覧いただきありがとうございます(^^♪

ウッドデッキメンテナンス
画像:ウッドデッキメンテナンス

GWも終盤になり、今日で10日間の休みも終わりになります。アッという間ですね☺
期間中は特に帰省することもなく、子供はバイトに勤しみ、嫁は仕事・・・のんびり過ごしていました(笑)
しかし、嫁から庭のウッドデッキのメンテナンスを「やれ」と強いミッションが下りていました💦

そこで、4月29日から予定を組んでいましたが・・・当日朝起きると天候が悪く☂、翌日も☂、翌々日も☂、モチベーションはダダ下がり・・・(-_-;)
待ちに待った5月4日、漸く天候も晴れて作業開始です♪

作業工程は、劣化した表面の粗削り→仕上げ磨き→塗装(2回)→傷んだ材の交換(塗装含む)→完了の予定です。
昨日の夕方、漸く1回目の塗装まで完了しました、残る作業は、塗装(2回目)→傷んだ材の交換(塗装含む)→完了の予定です。

今日も、天気は今一、曇り空(-_-;) 今週末に持ち越し???

ウッドデッキメンテナンス ウッドデッキメンテナンス ウッドデッキメンテナンス ウッドデッキメンテナンス
①Before     ②ペーパー掛け(2回)  ③塗装(1回目)  ④今朝の状況☂
画像:ウッドデッキメンテナンス

今回の作業で発見がありました\(◎o◎)/!
それは、ベルトサンダに使うペーパーです。今までは、紙系を使っていましたが、Polinet シートを見つけて使ってみたところ、材質は、 網目合成繊維基材で耐久性もあって長持ちします。デッキはどうしても多少の段差があり、ペーパー系だとすぐに切れてしまったのですが、このシートは切れることもなく作業効率を上げてくれました。 ←ここの社員ではありません(笑)

                   ★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.


クワネタですが、オーベルチュールシカの♂が羽化しました(^^♪

作業の合間に飼育室で休憩 (-。-)y-゜゜゜をしながら・・・
飼育棚やセラーを眺めながら蛹化や羽化個体が無いかチェック!チェック!
羽化個体などがあると、日付を記入しながら掘り出し日を記入しテンションを上げています(笑)

そんな流れで棚を見ていると、オーベルチュールシカ♂の500ボトルが視野に入りました。
ラベルを確認すると、4月13日羽化と・・・固まったことを確認し取り出してみました。
お~綺麗に固まっているじゃないですか\(^o^)/

そこで♀が気になりボトルを覗いてみると2頭の♀が羽化待ち状態。後1~2週間で羽化しそうです(^^♪
この組も羽化ズレなくペアリングできそうです(^^♪


オーベルチュールシカ 羽化
画像:オーベルチュールシカ 羽化

φ(..)メモ・・・
オーベルチュールクロツヤシカクワガタ
Pseudorhaetus oberthueri
ベトナムハザン産
2017.8孵化 3.6蛹化 4.13羽化
  
オーベルチュールシカ 蛹化 オーベルチュールシカ 蛹化
画像:オーベルチュールシカ 蛹化

能勢YG血統 産卵セット!

ツボスミレ(坪菫) 別名 ニョイスミレ(如意菫)
画像:ツボスミレ(坪菫)
ツボスミレ(坪菫)
画像:ツボスミレ(坪菫)

☆☆☆--------------------------------------☆☆☆
第9回 春のプレ企画 開催

春のプレ企画

詳細はこちら
協賛募集:5月13日(月)~5月18日(土)
応募期間:5月19日(日)~5月25日(土) 
当選発表:各協賛者様から発表
☆☆☆--------------------------------------☆☆☆

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

画像はツボスミレ(坪菫)ですね。 別名をニョイスミレ(如意菫)と言います。
少し日陰になるところを好み、花径は1cmにも満たないスミレの中では小さく、春に花茎を伸ばし唇弁に紫色の筋が入った白い花を咲かせます。
別名の如意菫は、葉のかたちが仏教の儀式でお坊さんが使う如意(にょい)に似ていることからとか♪
近縁種には、アギスミレ、ミヤマツボスミレ、コケスミレ、ヒメアギスミレなどがあります(^^♪


オオクワガタ(YG血統)種親♂
画像:オオクワガタ(YG血統)種親♂

GWも後半に入ってきましたね。
ここ数日は雨も降ったりしていましたが、今日からはお天気も良さそうです(^^♪
連休を楽しみたいところです。

さて、昨日は能勢産YG血統の産卵セットを2組みセットしました。
4月初旬から飼育温度を上げながら体調を整え、月末から同居させていました。
今シーズン種親にする精鋭は♂2頭と♀4頭の内♀2頭を使います。
昨シーズンまではコバシャ(中)で、4~6セットを組んでいましたが、今年は2セットに大幅縮小^_^;

その理由は。。。
・飼育室の棚が既に満杯💦
・数台あるセラーもケルブス系でドアも閉まらない有様💦
以上の理由により2セットに(笑)

さっそく、セットを組む作業に入りました。
先ずは産卵材ですが、いつもなら植菌カワラ材を使うとこですが、今回は買い求めるのを忘れてしまい倉庫に眠っていた材を使うことにしました。
加水後、久し振りに硬い材の樹皮剥がしです。

オオクワ以外はコナラなどのやわらかい材を使っているのに慣れているせいか、この硬さは久し振りの感触です。
しかし、オオクワの♀は凄いですよね、この硬い材に卵を産み付けるんですから・・・関心させられます(笑)
・・・独り言を言っている間に6本の樹皮剥がしも終わり、数時間放置後コバシャへセット!
後は、♀が活動し易いよう24~26℃設定のセラーで温め保管(笑)

夕方に♀を投入してセット完了です(^^♪


棚は満タン状態↓↓↓^_^;

飼育棚

久し振りに硬い材の樹皮剥がし^_^;

オオクワガタ(能勢産YG血統)産卵セット オオクワガタ(能勢産YG血統)産卵セット
画像:オオクワガタ(能勢産YG血統)産卵セット

産卵セット完了(^^♪

オオクワガタ(YG血統)産卵セット
画像:オオクワガタ(YG血統)産卵セット


さぁ~産んでくれよ(^^♪


24~26℃設定のセラー
画像:24~26℃設定のセラー

Profile

もっち

Author:もっち
森の木陰のBlogへようこそ!
我が家の息子が子供の頃、喜ぶと思いオオクワを購入したのですが・・・
結果的に自分が“ハマ”った
管理人のもっちです。(笑)

生息地:神奈川県
年代:末娘は21歳(もう若くはない)

Topix

クワカブ愛好者の最新情報を掲載しています(^^) ✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫



✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫

更新日:2019.1.1

Access
ブログ村クワガタ部門
Search
Album
Recent posts
Recent comment
Category
Calendar
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2019年05月 | 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


RSS

Link

このブログをリンクに追加する

mail

名前:
メール:
件名:
本文: