FC2ブログ

ボーリン 羽化!

キランソウ(紫藍草、地獄の釜の蓋)
画像:キランソウ(紫藍草、地獄の釜の蓋)

キランソウ(紫藍草、地獄の釜の蓋)

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

かっつさんが、春のプレ企画を告知ρ( ^o^)b_~♪♪ 

画像はキランソウ(紫藍草・地獄の釜の蓋)ですね。
紫藍草は、葉が地べたを這い円を描くように広がりながら小さな紫の花を咲かせていきます。(上から見ると蓋に見える?)
別名を地獄の釜の蓋(ジゴクノカマノフタ)、オドゲソウ、チチグサ、イシャコロシなどと言われているようです。
「イシャコロシ」とあるように、紫藍草は万病の薬草として用いられ、病人を助けて地獄へ行くのを防いでくれるとか?諸説あるようですが・・・ ^_^;
それが転じて?地獄の釜の蓋とも言われ、春の彼岸の地獄の釜の蓋が開く頃に咲くと言われ、病人が地獄へ行かないよう地面に蓋をするように咲いているから・・・とか♪


ボーリンフタマタ 羽化
画像:ボーリンフタマタ 羽化

今日は生憎の雨になってしまい肌寒さを感じますね。
テレビでは天皇陛下退位のニュースが・・・明日から元号が「令和」にρ( ^o^)b_~

さて、先週末(27日)の話ですが、長いこと幼虫をしていましたボーリンの♂がようやく羽化してくれました\(^o^)/
前日の夜に蛹室の上部の穴から覗いていたところ、羽化の兆候が見えていました。(顎の色が濃くなっただけですけど・・・💦
少し気になるのが、蛹室の大きさなんです、あぁ~写真撮り忘れましたね、すみません💦

どう見ても小さく狭い、大丈夫だろうか?蛹くんにとっては大きなお世話かも知れません
結局、心配の余り人口蛹室へ移しました。
めったに人口蛹室は使わないんですけどね・・・今回は安全を願って(笑)

気になり夜中に何度か様子を見るものの動きはないまま・・・・・・(゚_゚i)💦💦・・・ 

早朝、飼育室へ直行しボーリンを見ると。。。昨夜のまま変化無し・・・(゚_゚i)??・・・
う!このまま羽化不全なんてことも💦 何となく動きも悪いし・・・(-_-;)

・・・

結果、心配をよそに夕方!無事に羽化してくれました\(^o^)/

・・・写真 撮るの忘れた(笑)


ボーリンフタマタ 羽化
画像:ボーリンフタマタ 羽化 羽化3日目

φ(..)メモ・・・
ボーリンフタマタクワガタ
Hexarthrius bouwringi
北インド ウエストベンガル州 ダージリン 
2018.3.2割出し

他のボーリンも蛹化しているので羽化ズレの心配はなさそうです(^^♪

ボーリンフタマタ 蛹化 ボーリンフタマタ 蛹化
画像:ボーリンフタマタ 蛹化

早く!羽化してくれ~(^^♪

ユダイクスミヤマ 試し堀り(^^♪

ナガミヒナゲシ(長実雛芥子)
画像:ナガミヒナゲシ(長実雛芥子)
ナガミヒナゲシ(長実雛芥子)

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

かっつさんが、春のプレ企画を告知ρ( ^o^)b_~♪♪ 

画像はナガミヒナゲシ(長実雛芥子)ですね。
今の季節、空き地や道端などに自生しているのをよく見かけますね。
雑草として強い繁殖力があり、駆除を呼びかける声も出てきているようです(-_-;)。
花の後にできる細長い実の中には種子が沢山詰まっていて垂れ下がりながら熟すと下部が裂け1,000個程の種子が風に揺られながら振り蒔かれます(><)


ユダイクスミヤマクワガタ トルコ産 ♀
画像:ユダイクスミヤマクワガタ トルコ産 ♀

今週は天気が曇りがちで肌寒かったですね。
今日も生憎の曇り空で小雨が降っています、午後から回復するとか?余り期待をせずに待ちます (^_^;)
いよいよGWに突入しましたね~(^^)v 昨日は会社のデスクを片付けながら資料の整理していました(笑)
期間中は、新天皇の即位で新しい時代が始まることなど。。。話題が盛りだくさんなGWになりそうですね。
私は予定もないので、クワガタ相手に飼育室詰めになりそう(笑)

さて、午前中に誠也さんから譲ってもらったユダイクスミヤマの試し堀りをしてみました。
この♀は、3月下旬に誠也さんから交尾済の♀を送ってもらったので、そうそう産卵セットを組み投入しました。
投入後2~3日様子を見ていたのですが、♀はマットに潜っているものの産卵している気配がないような?
不安も重なり1週間後、掘り出してみたのですが不安は的中し不発でした(-_-;)

♀はケースの片隅に止まり休眠?、おやおや!
仕方ないので、体調を整えてから再セットしようと、先週まで餌を与えていました。
3週間餌を与えていたところ♀の動きも良くなってきたので、先週産卵セットを作り♀を再投入。
そして、今朝産卵セットから♀を取り出し試し堀りをしてみました。

マットを崩してみると・・・👀

マットひっくり返すと・・・おぉ~卵を発見! 産んでくれていました\(^o^)/
産みたてなのでしょう、少し細長いですが有精卵のようです。
Getした卵は3個でしたが、6日間のセットなので先ず先ずですね。
もう少し餌の食いが良いと安心できるのですが、でも産卵モードに入ってくれたので良かったです。


ユダイクスミヤマ 試し割り ユダイクスミヤマ 試し割り
画像:ユダイクスミヤマ 試し割り


頑張ってもらいましょうρ( ^o^)b_~♪♪


ユダイクスミヤマクワガタ トルコ産 ♀
画像:ユダイクスミヤマ 産卵セット"

誠也さん、ありがとうございました。
お返しができるよう頑張ります(^^♪

ギラファノコ!着弾(^^♪

ローマンヒヤシンス
画像:ローマンヒヤシンス

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

画像はローマンヒヤシンスですね。ヒヤシンスにはローマン系とダッチ系があります^^
ダッチ系は、球根を透明のボトルに入れて水栽培に育てているのを見たことがあるかと思いますが、1本の太い花茎から、びっしりと詰まった花を付けます。
一方、ローマン系は、花の数は少ないですが、ひとつの球根から数本の花茎がでて花を咲かせます。
甘い香りは香水にも利用されリラックス効果があるようです(^^♪

あっちゃん☆さんからの着弾
画像:あっちゃん☆さんからの着弾

あっちゃん☆さんからの着弾 あっちゃん☆さんからの着弾 あっちゃん☆さんからの着弾
画像:あっちゃん☆さんからの着弾

今日は、あっちゃん☆さんから嬉しい着弾がありました(^^♪
そう、贈っていただいたのは、フローレス産のギラファノコの幼虫です。

さっそく開けて見るとオリジナルカードが添えてあり、その下に7頭?のギラファノコ幼虫が・・・
え! 6頭では・・・1頭オマケしてくれたんですね(^^♪ ありがとうございます\(^o^)/
丁重な梱包ですね(^^♪ 見習わないといけませんね💦

私はギラファの飼育は初めてなので、昨日いろいろと調べてみました(笑)
贈っていただいたフローレス産は、9亜種の中でも一番大きくなるようですね、真っ黒なボディ-から個性的な長い顎で、♂は100を超えてくるとか^^

以前、近縁種のコンフキウスノコを飼育していた時のことを思い出します。ギラファ同様に真っ黒なボディ-からスラット直線的な長く伸びた顎が印象に残っています。

さっそく、800CCボトルへ移そうと、プリンカップから幼虫を取り出したところ、その大きさに\(◎o◎)/!
ラベルには、4月1日割出しとあったので、まだ小さい初2令かと思っていましたが・・・
ツヤの良い大きな幼虫が顔を出してくれました。

さぁ~気合入れて100UP目指そう(^^♪


ギラファノコギリクワガタ フローレス産
画像:ギラファノコギリクワガタ フローレス産

ギラファノコギリクワガタ フローレス産 ギラファノコギリクワガタ フローレス産
画像:ギラファノコギリクワガタ フローレス産

良いツヤしてますね(^^♪

ギラファノコギリクワガタ フローレス産 
画像:ギラファノコギリクワガタ フローレス産

ギラファノコギリクワガタ フローレス島産 幼虫 
Prosopocoilus giraffa (keisukei) 
割出し 2019.4.1 F2

あっちゃん☆さん、ありがとうございました。
是非、大形を出せるよう頑張ります(笑)

スペキオススシカ!着弾(^^♪

スミレ(菫)
画像:スミレ(菫)
スミレ(菫)

画像はスミレ(菫)ですね。日当たりの良い草地やアスファルトの隙間などに咲いているのをよく見かけます。
このスミレも道路の縁石の隙間で自生していたものです。
花の名前も気になったので調べたのですが、なかなか特定することができず・・・💦
でも、花の特長から、スミレ、コスミレ、ヒメスミレ、ノジスミレのどれか?
うん~ヒメスミレでしょうか?

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

今週は肌寒い日が続いていましたが、ようやく春らしい暖かさになりました。
さて、今日は午前中に嬉しい着弾がありました。
それは、アーリーさんに我儘を言って送ってもらったスペキオススシカクワガタです。

スペキオススシカ
画像:スペキオススシカ

さっそく、受け取った発泡スチロールの蓋を開けると、大小のプリンカップが目に入りました。
大きなプリンカップを覗き込むと上翅の褐色紋が綺麗な♂が・・・
思わず綺麗だなと見惚れるほど・・・(^^♪
ここ数年、上翅が赤か黒の単色しか見ていなかったので、とても新鮮に思えました(笑)

さっそく、飼育ケースに入れ替えようと準備をして、プリンカップを取り出したところ・・・
え!!
もう一段プリンカップがあるじゃないですか\(◎o◎)/!
お~2ペアだ

1ペアだと思い込んでいたので嬉しさ倍増です\(^o^)/
スペキオススは休眠が長いようなのでじっくり成熟を待つことにします。
ブリードが楽しみです(^^♪

2ペア目
↓↓↓

スペキオススシカ
画像:スペキオススシカ

兄弟!仲良さそうですね(^^♪

スペキオススシカ タイ・ウィアンパパウ 産
画像:スペキオススシカ タイ・ウィアンパパウ 産

スペキオススシカ タイ・ウィアンパパウ 産
画像:スペキオススシカ タイ・ウィアンパパウ 産

写真撮影をしていたところ・・・痛て💦
嬉しさの余り油断してました(笑)

スペキオススシカ タイ・ウィアンパパウ 産
画像:スペキオススシカ タイ・ウィアンパパウ 産

丁重な梱包、飼育ラベルの貼付までしていただきありがとうございました。

ヨーロッパミヤマ マット交換(^^♪

ムスカリ
画像:ムスカリ
画像はムスカリですね、近所の土手に沢山自生しています。
花は青紫、白、黄、黄などがありますが、特に青紫は鮮やかで白い縁取りが青を引き立たせているのが可愛らしです。
花姿がブドウの房のように見えるところから、別名をグレープヒヤシンスというそうです。
そう言えば、ムスカリはヒヤシンスの近縁種だとか(^^♪

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

ユダイクスミヤマクワガタ トルコ産 ユダイクスミヤマクワガタペア トルコ産 ユダイクスミヤマクワガタ♂ トルコ産 ユダイクスミヤマクワガタ♀ トルコ産
画像:ユダイクスミヤマクワガタ♀ トルコ産

この週末は桜が見ごろ迎えていますね。数日前、余りにも綺麗だったので、仕事帰りコンビニでワンカップを買って・・・(笑)、
昨日は、私と同じ市内に在住しているM氏とお会いしてきました。
先月の始め、今季ブリード用のユダイクスミヤマを譲ってもらうため連絡を入れていましたので、昨日受け取りに行ってきました。M氏のcervusに対する拘りには共感することが多く教わることばかりの師匠です(^^♪  

ヨーロッパミヤマクワガタ フランス産

そのM氏より昨年10月末に譲ってもらったヨーロッパミヤマ フランス産(基亜種)のマット交換をしました。
当初2令初期で譲ってっもらい1月初め1回目の交換をしていましたので、今回は2回目の交換となります。
ボトル越しに成長している様子は覗えていたので楽しみです。
各ボトルから、スプーンでマットをかき出しながら、幼虫を取り出し計測へ・・・先ずは全頭無事を確認(^^♪

続いて測定の結果は、15g→22g、17g→21g、18g→21g、14g→21g、12g→12g、13g→13g
1回目の交換で♀だと思っていた14gの幼虫が21gになっていたのは\(◎o◎)/!
卵巣も見にくく♂♀同定は難しいですね、まあ~頭の大きさだけ見ていたので・・・💦
先ず先ずの成長振りです。

ヨーロッパミヤマは、ユダイクスやアクベシアヌスと比べるとやや小型にはなりますが、頭部が大きく発達し顎の赤みが濃くなるのが特徴なので羽化が楽しみです。 とは言っても、羽化までは2~3年はかかりそうです💦💦
私の実力では80UPしてくれれば\(^o^)/です(笑)

ヨーロッパミヤマ マット交換

ヨーロッパミヤマ マット交換 ヨーロッパミヤマ マット交換
画像:ヨーロッパミヤマ マット交換

ヨーロッパミヤマ 体重測定 ヨーロッパミヤマ 体重測定
画像:ヨーロッパミヤマ 体重測定

Profile

もっち

Author:もっち
森の木陰のBlogへようこそ!
我が家の息子が子供の頃、喜ぶと思いオオクワを購入したのですが・・・
結果的に自分が“ハマ”った
管理人のもっちです。(笑)

生息地:神奈川県
年代:末娘は21歳(もう若くはない)

Topix

クワカブ愛好者の最新情報を掲載しています(^^) ✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫



✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫

更新日:2019.1.1

Access
ブログ村クワガタ部門
Search
Album
Recent posts
Recent comment
Category
Calendar
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2019年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


RSS

Link

このブログをリンクに追加する

mail

名前:
メール:
件名:
本文: