FC2ブログ

ボーリン割出し!鬼門種が・・・

イシミカワ(石実皮)
画像:イシミカワ(石実皮)

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

画像はイシミカワ(石実皮)の果実です。
花は緑色で少し開くだけで、遠目には気付きにくい花ですが・・・
開花後は、顎に包まれたブドウの房のような実を付け、薄緑色~ピンク~赤紫~藍色と色が変化しながら最後は鮮やかな紫色になります。
托葉が茎を囲むように丸くなり、果実を受けとめている様がユニークですね(^^♪


ボーリンフタマタクワガタ ダージリン
画像:ボーリンフタマタクワガタ ダージリン

今週は3連休の予定だったんですが、会社である業務の遅れが生じ、部署総出で休日出勤し2日間を費やしてしまいました(-_-;)
お陰で休日は今日の1日となり、予定していた野暮用とクワ作業を1日で・・・💦
その気になればできるもんだと(笑)

クワ作業は、キヨタミ2セットとボーリン1セットの割出しに絞り込み、その他の作業は割愛!
最初の割り出しはキヨタミ2セットを割出しましたが、結果は初2令14頭と少な目(-_-;)
でも前回の割出しで18頭採れていたので、合計32頭に。。。

続いて、気を取り戻しボーリンを割出しました。
私はボーリンとの相性が悪く、これまでも1回の割出しで二桁採れたことがなく気門種とも・・・
種親にした♀はにゃんぽんさんから譲っていただいた幼虫が夏に羽化していたのですが、♂が羽化せずペアリングに間に合わないため、他で調達!10月初旬からセットを組んでいたものです。

これまで鬼門種に使う産卵材も、VN、カワラ、コナラといろいろと試してきましたが、結果は先ほどの通り(涙)
そこで今回は、植菌カワラ材を使うことにしました。コバシャ(小)に植菌カワラ材とコナラの2本で・・・
10月に2週間組んだ後、♀を抜く際に材を確認するとそこそこ産卵痕が・・・少し期待もして保管。

そして今日割出して見ると、こぼれ落ちるように幼虫が出てきました\(^o^)/
植菌カワラ材とコナラの双方から幼虫が・・・
モヤモヤ感が取れた感じです(^^♪

ボーリンフタマタ 割出し
画像:ボーリンフタマタ 割出し

ボーリンフタマタ 割出し ボーリンフタマタ 割出し
画像:ボーリンフタマタ 割出し

最後におまけが・・・(笑)

割出しの最後はいつもマットを篩にかけて、古マットとして保管しているのですが・・・
篩に残った荒めのマットを確認しているとラッキーなことに幼虫を発見(^^♪
おぉ~1頭プラス
1頭でも「おまけ」として増えると嬉しいものです(笑)

結果は幼虫14頭と・・・(^^)/


ボーリンフタマタ 割出し ボーリンフタマタ 割出し
画像:ボーリンフタマタ 割出し

ディディエール 菌糸との相性?

ネメシア・メロウ
画像:ネメシア・メロウ

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

画像はゴマノハグサ科のネメシア・メロウです。
花弁の形も個性的で可愛らしく、花の香りも良く玄関の寄せ植えや花壇には人気のある花ですね。
四季咲き多年草の花なので、真夏、真冬を除き花を楽しませてくれます(^^♪
同じコマノハグサ科の金魚草に似ているような。。。

飼育棚
画像:飼育棚

さて、飼育棚のプリンカップは、10月初めにカワラ菌糸へ投入したディディエールシカの幼虫です。
今シーズン、ディディールシカが思っていたより採れたので、マット飼育と比較できればと思い6頭ほど投入して見ました。
投入から2ケ月が経過しようとしていますが・・・
食痕の一部は出てきていいるものの、他はマットの劣化で茶褐色になっている状態(-_-;)。

菌床の劣化や幼虫が気になるので取り出して見ることに・・・
容器はプリンカップなので、底から押し出せばズルッと出るので楽なもんです(笑)
取り出した菌床は食痕のところへ親指を入れ広げるように開くと簡単に割れます。

割ってみると・・・

ディディは、オオクワガタのようにボトル側面の菌糸(不朽材)を食べ進むようではない感じです。
画像の通り、6頭の内4頭は居食い状態で、菌床中心部に止まって成長していました。
ディディは、自分が排泄した糞を反芻し、バクテリアなど共生菌を繁殖させながら餌にしているんでしょうね?
そう考えると、菌糸で飼育した場合、ヨーロッパ系ミヤマのようにある程度不朽が進んだ菌床を好むのか?
それは根食いですか?居食いとはまた違うんでしょうね(-_-;) 解らなくなってきたので、この問題はまた考えるとして・・・

取りあえず6頭は新しいカワラ菌糸ボトルへ投入 菌糸との相性は良さそうな感じです(^^♪

ディディエールシカクワガタ 幼虫 ディディエールシカクワガタ 幼虫
画像:ディディエールシカクワガタ 幼虫

幼虫体重 2018年9月初旬割出し 画像上段 左2g 右3g 画像下段5g

ディディエールシカクワガタ 幼虫
画像:ディディエールシカクワガタ 幼虫

キヨタミ割出し(^^♪

アイノコセンダングサ(合いの子栴檀草)
画像:アイノコセンダングサ(合いの子栴檀草)

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

画像はアイノコセンダングサ(合の小栴檀草)です。
外側の筒状花が白化(変化)したこの花は、コシロノセンダングサとコセンダングサが交雑した変種のようです。
筒状花(真ん中の黄色部分)の5つが舌状花(花びら)のようになって咲いている状態です。
コセンダングサが咲いている周辺を注意深く見わたすと、意外に多く咲いていることに気が付きます。

フォルスターキヨタミ サガイン
画像:フォルスターキヨタミ サガイン

昨日はフォルスターキヨタミの割出しをしました♪
種親は、8月上旬に自力ハッチした♂♀を9月初旬にペアリングさせ・・・
♀を3週間程産卵セットに投入した後、♀は次のセットへ移し、産卵材を1ケ月放置!
その際、試し割りをして幼虫を確認していましたので、少し期待をしながらの割出しです(^^♪

産卵材は、コナラの柔らかめを1本と半分にした材の1.5本をコバシャ(小)に入れていました。
さっそく、材を割ると初令幼虫が数頭視野に入って来ましたので一安心(^^♪
丁重に割出しながら、結果は18頭をGet\(^o^)/

種親の♂は大形ではありませんが、顎太でボディーも横幅のあるしっかりした体形なので、期待をしながら飼育します。
キヨタミは12月まで割出し作業が続きます💦

IMGP1218.jpg キヨタミ割出し
画像:キヨタミ割出し

キヨタミ割出し キヨタミ割出し キヨタミ割出し
画像:キヨタミ割出し

キヨタミ割出し
画像:キヨタミ割出し

ヨーロッパミヤマ(ユーロミヤマ)800CCボトルへ

キクザキセンダングサ(菊咲栴檀草)
画像:キクザキセンダングサ(菊咲栴檀草)

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

画像はコスモスに似ていますが、センダングサの仲間で一般的にはウィンターコスモスと呼ばれているキクザキセンダングサ(菊咲栴檀草)です。
舌状花(花びら)を取るとコセンダングサ(筒状花)にそっくりで、間違えそうになるほど似ていますね。センダングサ属なので似ていて当然ですね(^^♪

今日は、午後から雨降りになってしまいましたね。気温は15℃と肌寒さを感じます。
飼育室で作業をしていると暖房を入れたり切ったりと温度調整が・・・(-_-;)
さて、先月お世話になっているM氏(同市在住)からヨーロッパミヤマクワガタ(ユーロミヤマ)の南フランス産(基亜種)を6頭譲ってもらう機会がありました。

ミヤマ好きの私として堪え難い亜種 cervusの一つです(^^♪

ヨーロッパミヤマクワガタ 南フランス産 基亜種
画像:ヨーロッパミヤマクワガタ 南フランス産 基亜種

さっそく、他のミヤマクワガタのマット交換も兼ねて、昨日からガス抜きをしていたミヤマ用マットを取り出し、もう一種類のマットとブレンド(笑)、クリアボトル800CCと1400CCへ詰め作業を・・・(汗)
30分ほどで詰め作業も終わり、プリンカップに入ている南フランス産をセラーから取り出し一頭ずつ様子を確認!

どの幼虫もツヤがあり元気そうです。
ヨーロッパミヤマは10年振りの再開になるので、テンションも上がってきます↗↗~(^^)v
しかし、基亜種はユダイクスやアクベシアヌスよりさらに幼虫期間が長いような気がしました💦

まぁ~気長にいきましょうかね(笑)

ミヤマ用マット ミヤマ用 ボトル詰め
画像:ミヤマ用マット&詰め作業

ヨーロッパミヤマクワガタ 南フランス産 幼虫 ヨーロッパミヤマクワガタ 南フランス産 幼虫 ヨーロッパミヤマクワガタ 南フランス産 幼虫

ヨーロッパミヤマクワガタ 南フランス産 幼虫 ヨーロッパミヤマクワガタ 南フランス産 幼虫 ヨーロッパミヤマクワガタ 南フランス産 幼虫
画像:ヨーロッパミヤマクワガタ 南フランス産 幼虫

作業〆は洗い物! これが無ければもっと楽しいんですけどね(笑)

洗い物
画像:洗い物

Profile

もっち

Author:もっち
森の木陰のBlogへようこそ!
我が家の息子が子供の頃、喜ぶと思いオオクワを購入したのですが・・・
結果的に自分が“ハマ”った
管理人のもっちです。(笑)

生息地:神奈川県
年代:末娘は21歳(もう若くはない)

Topix

クワカブ愛好者の最新情報を掲載しています(^^) ✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫



✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫

更新日:2015.10.18

Access
ブログ村クワガタ部門
Search
Album
Recent posts
Recent comment
Category
Calendar
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2018年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


updated
Link

このブログをリンクに追加する

mail

名前:
メール:
件名:
本文: