FC2ブログ

能勢YG 菌糸ボトル交換~

ゼフィランサス・シトリナ
画像:ゼフィランサス・シトリナ

☆☆☆--------------------------------------☆☆☆

★かぶ☆さんプレ。。。始まりますよ!
確認は↓↓↓
★かぶ☆ cab pre

☆☆☆--------------------------------------☆☆☆

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

画僧はゼフィランサス・シトリナですね、花弁の白が鮮やかに目に入ってきます。夏~秋にかけて次々と咲き続き長期間楽しめる花で、球根で株が増えていくので、花壇や玄関アプローチなどの縁取りに植えるとても綺麗です。
乾燥が続いた後に雨が降ると球根がうるおい一斉に開花する性質があるので、雨が降ると咲く花というイメージがあります。

鶏の久兵衛
画像:鶏の久兵衛

昨日は品川で誠也さんえたくわさんの3人でオフ会を・・・🍻
飲もうと言い出しっぺの私が1時間も遅刻💦 
品川駅に到着後急ぎお店を探し店内に入ると月末の金曜日ということもあって賑わっているなかお二人の居る席に・・・
話題は言うまでもなくクワネタ中心にクワカブセミナーの報告やblog記事の内容を肴に談笑!
お二人とも趣味の幅が広くクワネタ以外にも話は広がり、楽しい時間はあっという間に・・・
次回は遅れないよういたいます(笑)

飼育用品調達 飼育用品調達 飼育用品調達 ボーリンフタマタクワガタ ダージリン
画像:飼育用品調達&ボーリンフタマタクワガタ

今日は、飼育用品や成虫がまとめて届きました(笑)
飼育しているボーリンの♀が8月に羽化していて、♂がまだまだ幼虫の状態(-_-;)
羽化ズレが決定していたため、♂を調達💦、併せて用品の補充と来シーズン用にL.cervus ?の♂もPick up(笑)
荷物を開けながら整理整頓 こう言う作業は楽しいですねρ( ^o^)b_~♪♪  

続いての作業は能勢YGの菌糸交換をしました。
そろそろ交換をしないとダメだと思っていたので、食い上がりの良いボトルを選り分けていたところ、ボトル底に蛹室のあるボトルを発見!
♀の蛹が1頭でてきました。おいおい!もう羽化するのか\(◎o◎)/!
余り、早期羽化は狙っていないため、少々がっかり・・・

その後も選り分けていると、また蛹室のあるボトルを発見! 今度は黒い物体が目に・・・\(◎o◎)/
★になった幼虫かと思いきや、早期羽化の♀がでてきました。ボトル越しに覗き込みましたがサイズは期待できそうにありません。まぁ~でも無事に羽化してくれたので良しとしましょう♪
毎年、数頭は羽化しますので、ビックリはしませんが、もう少し幼虫でいてくれればな~と思いながら、セラーの奥へ・・・
来春まで休眠してもらいましょう。

そんな早期個体を見ながら選り分けた10本のボトル交換をしました。
分けたのは全て♂で、体重測定もしながらの作業です。
飼育している以上大形を狙うのは大きな飼育目標なんですが、体重を量ると期待以上の幼虫は出てこないものですね(-_-;)
まぁ~これも実力のうちなのでしょうね (_ _|||) 

これからの伸びに期待しよう!(笑)

能勢YGマット交換 能勢YG早期羽化!? 能勢YG早期羽化
画像:能勢YGマット交換&早期羽化

能勢YGマット交換 能勢YGマット交換
画像:能勢YGマット交換

アクベシアヌス 幼虫も・・・

キバナコスモス(黄花コスモス)
画像:キバナコスモス(黄花コスモス)

☆☆☆--------------------------------------☆☆☆

★かぶ☆さんプレ。。。始まりますよ!
確認は↓↓↓
★かぶ☆ cab pre

☆☆☆--------------------------------------☆☆☆

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

画像はオレンジ色の花がとても綺麗なキバナコスモス(黄花コスモス)ですね。
花は、初夏から10月頃まで長く咲いている花で、この花が満開になる頃になると秋を感じます。
元々は園芸品種のひとつとして栽培されていたようですが、一部は逸出して野生化しているようです。
野原や公園でなどでよく見かけるようになりました。

今日は3連休の中日ですね、お天気も良く秋を感じさせる風が心地よく感じます(^^♪
さて、ミヤマ好きの私ですが、今シーズンアクベシアヌスの採卵を予定していましたが、ユダイクスに時間を多く掛けすぎ、成虫の確保もできなかったので、来シーズンに向けて成虫探しを始めています。
成虫は2ペアぐらいを考えているので、知人に頼もうかと思いながらも暇があるとヤフオクも見て物色しているあり様(笑)
いろいろと見ているうちに幼虫も良いな思いはじめ・・・

ぽちっと手が滑ってしまいました(笑)

そして、その「手が滑った」幼虫が今日届きました(^^♪
早々、幼虫の元気な姿を確認しながら用意しておいた800CCボトルへ投入、ラベルも貼って完了 (^^)/
落札した幼虫の1~2割程度は1年1化で羽化して来る(見込み)ので、次シーズンに使えるな~と考えながら期待を膨らませながらセラーに入れて・・・・
成長が楽しみになりますねρ( ^o^)b_~♪♪


アクベシアヌス ミヤマ幼虫
画像:アクベシアヌス ミヤマ幼虫

アクベシアヌス ミヤマ幼虫 アクベシアヌス ミヤマ幼虫
画像:アクベシアヌス ミヤマ幼虫

羽化するとこんなカッコイイクワガタが・・・(^^♪
↓↓↓

アクベシアヌス ミヤマクワガタ トルコ産
画像:アクベシアヌス ミヤマクワガタ トルコ産 ≪参考 過去画像≫

因みに↓↓↓の画像はユダイクスミヤマクワガタ トルコ産です(^^♪
違い!分かりますよね・・・(゚_゚i)💦💦・・・ 

ユダイクス ミヤマクワガタ トルコ産
画像:ユダイクス ミヤマクワガタ トルコ産


オーベルチュール カワラ菌糸投入?

桔梗(キキョウ)
画像:桔梗(キキョウ)

☆☆☆--------------------------------------☆☆☆

★かぶ☆さんプレ。。。始まりますよ!
確認は↓↓↓
★かぶ☆ cab pre

☆☆☆--------------------------------------☆☆☆

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

画像は桔梗(キキョウ)の蕾ですね、開花前の花弁同士がくっ付き風船のように膨らんでいます。
開花する時は花弁が1片ずつ裂けるように広がり星型の綺麗な花を咲かせます(^^♪
もう一つ、桔梗といえば秋の七草のひとつですね、春の七草は、1年の無病息災を願い食しますが、秋の七草は、観て楽しむ草花のようです。
≪ご参考までに秋の七草≫ 
萩(はぎ)・尾花(おばな(すすきのことです)・葛(くず)・撫子(なでしこ)・女郎花(おみなえし)・藤袴(ふじばかま)・桔梗(ききょう)


オーベルチュールクロツヤシカクワガタ ハザン産 幼虫 オーベルチュールクロツヤシカクワガタ ハザン産 幼虫
画像:オーベルチュールクロツヤシカクワガタ ハザン産 幼虫

さて、画像の幼虫はオーベルチュールクロツヤシカクワガタのハザン産幼虫です。
今季は思いがけないほど採れて嬉しい限りです(^^♪
そこで、一昨日7月に割出した幼虫10頭をカワラ菌糸へ投入することにしました。
普段はオーベルチュールシカをマットメインで飼育しているのですが、幼虫に余裕がある時は菌糸へ投入して試してますが、選り好みをするのか?潜らないことが多々あります(-_-;)

今回も微粒子のカワラを使いプリンカップの430CCを使い、500ボトルを使い切ってしまって💦
♂を選んで投入してみました。


カワラ菌糸カップ
画像:カワラ菌糸カップ

そして翌日! 
カワラ菌糸に投入したプリンカップの様子を見ると・・・

幼虫が潜って食痕が現れたのは1頭のみ
2頭は菌糸の上部へ上がって来ていしまいました('◇')ゞ
何時ものことなのですが・・・
やっぱりダメかと思い500CCのマットボトルへ逆戻り・・・

ネットでいろいろと検索していても、飼育はマット&菌糸のいずれももOKなどの記事が見られますが・・・
菌糸へ投入したら★になったという記事もあります。

カワラが合わないのか?オオヒラタケを使っている記事もありましたが死亡率が高いとか・・・
オーベルチュールだけなのか?やっぱりマットが適しているんでしょうかね? 悩むところです_(._.)_


オーベルチュールクロツヤシカクワガタ ハザン産幼虫 オーベルチュールクロツヤシカクワガタ ハザン産幼虫
画像:オーベルチュールクロツヤシカ カワラ菌糸へ

ドンキエル ボトル交換

ラッカセイ(落花生)
画像:ラッカセイ(落花生)

ラッカセイ(落花生) ラッカセイ(落花生) ラッカセイ(落花生)
画像:ラッカセイ(落花生)

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

画像はラッカセイ(落花生)の花ですね。
花弁もマメ科の花を感じさせる可愛らしい花です。
花が咲き終わると細い子房柄(しぼうへい)を下に伸ばしてゆき地面に潜り込み実を付けます。
落花生の旬は、9月~10月なので、機会があれば茹でたての落花生はやみつきになる美味しさです。
是非、ご賞味を・・・(笑)

今週は台風の上陸に続いて北海道の地震と大きな災害が続いていて、まだ復旧の目途もたっていない地域が多くあり、被害に遭われた方やご家族様にお見舞い申し上げます。

さて、今朝はドンキエルのボトル交換をしました。
前回、割り出したのが6月後半でしたので、2ケ月とちょっと・・・
もう少し早く交換したかったのですが、カワラ菌糸の調達が遅くなり今日になってしまいました💦

6月の割り出しで7頭をGetしたものの、その後のセットからの割り出しは撃沈(-_-;)
振り返れば、最初の産卵セット期間をもう少し長くしておけばと後悔・・・
でも、採れた7頭は元気な様子です。

これから1頭でも落ちてしまうと羽化ズレの激しいドンキなので、次世代へ繋げられない不安が・・・。
そんなことを考えながら、体重測定をし新しいボトルへ。
体重は6~11gとまずまず、♂3頭♀4頭かな?と・・・良い感じです。自信無し(笑)

ボトルを交換して8時間が経過した幼虫達の姿が↓↓↓の画像です(^^♪
元気に育って貰いたいところです\(^o^)/


ドンキエル・ドンキエル (原名亜種) ミャンマー・カチン産
画像:ドンキエル・ドンキエル (原名亜種) ミャンマー・カチン産(種親)

ボトル交換から8時間後・・・
ドンキエル・ドンキエルボトル交換 ドンキエル ボトル交換
画像:ドンキエル ボトル交換

ディディエールシカ 割出し

マルバルコウソウ(丸葉縷紅草)
画像:マルバルコウソウ(丸葉縷紅草)

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

画像はマルバルコウソウ(丸葉縷紅草)ですね。
花は五角形のラッパ型で朱赤色の花を次々と咲かせます。
マルバルコウソウは、ヒルガオ科で朝顔と同じ仲間になり、蔓が他の植物に絡んで伸びて行き、花が終わった後は朝顔と同じような種を作ります。
葉は花名の由来にもなっているように丸みを帯び大きくハート型になっているのが特徴ですね。

Beetle on
画像:Beetle on スタンプカード

先週の日曜日の話ですが、大田区にあるBeetle onさんへ行ってきました。
ユダイクスの幼虫をプリンカップからボトルに移し変えようとマット詰めを始めていたのですが、マットが不足しそうになりケチりながら詰めていたのですが、やはり足りず・・・普段はネットで注文しストックして置くのですが(-_-;)

そこでマットを買に行こうと思い・・・さて、どこへ行こうか?・・・近くにはペットエコさんがあるんですが、ちょっとお高めなので、以前から一度訪問したかったBeetle onさんに行ってみようと、早速🚘で出発 道路も空いていたので30分ほどで着きました。

お店に入ると3~4人のお客様が生体を興味深く見ていました。
店内は、生体や飼育用品が豊富に陳列され、奥には貸し棚スペースもあって居心地の良いお店に感じました、
私は、お目当てのマットの在庫があることを確認し、菌糸ブロックも少し欲しかったので物色しながらマットと併せて商品をレジへ持って行くと「お髭」のオーナーさんが対応してくれ、少し話をしながらスタンプカードをいただきお店後にしました。

帰宅後、ユダイクスの移し変えも早々終わり、飼育室の棚を確認していると保管中のディディエールシカの産卵ケースが目に入りました。このセットは6月初旬にペアリングさせ7月初めに♀を外して保管していたケースです。
途中8月初めに割ってみたところ、孵化したての幼虫10頭ほどを割出したのですが、まだ卵もあったので割出しを途中で止め保管していました。

さっそく割出してみると成長した幼虫が出てきました\(^o^)/
8月の割り出しと合わせて20頭と卵5をGet♪
ユダイクスのようにセットから1~2週間毎に卵で割り出すことに慣れていると、小型種の割出しに3ケ月前後のセット期間は長いな~と感じますね(笑)


ディディエールシカクワガタ マレーキャメロンハイランド産
画像:ディディエールシカクワガタ マレーキャメロンハイランド産

ディディエールシカクワガタ 割出し ディディエールシカクワガタ 割出し
画像:ディディエールシカクワガタ 割出し

Profile

もっち

Author:もっち
森の木陰のBlogへようこそ!
我が家の息子が子供の頃、喜ぶと思いオオクワを購入したのですが・・・
結果的に自分が“ハマ”った
管理人のもっちです。(笑)

生息地:神奈川県
年代:末娘は21歳(もう若くはない)

Topix

クワカブ愛好者の最新情報を掲載しています(^^) ✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫



✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫

更新日:2015.10.18

Access
ブログ村クワガタ部門
Search
Album
Recent posts
Recent comment
Category
Calendar
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2018年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


updated
Link

このブログをリンクに追加する

mail

名前:
メール:
件名:
本文: