FC2ブログ

ユダイクスミヤマ 掘り出し確認

オオアラセイトウ(紫羅欄花)
画像:オオアラセイトウ(紫羅欄花)

ご覧いただきありがとうございます(^^)

画像は、オオアラセイトウ(紫羅欄花)ですね。紫色の美しい花を咲かせています、近年道端や空地になど目にする機会も多くなり馴染み深い花になってきました。
一般にはムラサキハナナと呼ばれているようですが、オオアラセイトウなど別名の多い花です。

ゴールデンウィーク2日目も良いお天気になりました^^
我が家の「お子達」は、思い思いに過ごしているようで、相手をしなくても良さそうなので・・・・
私は、何時ものように飼育室へ ε=ε=ε=(ノ^∇^)ノ

今シーズンのトルコ産は、先日も記事で紹介した通り、計画の3セットを先週組みました。
セットを組んで1週間!!
毎日産卵状況が気になり、今週は帰宅するたびにセラーからケースを取り出し側面や底を観察!
3セットとも♀はマットへ潜り込み産卵モードには入ってる感じです。
覗いてはいるものの、卵が確認できない日々が続いています(><)
そこで、掘り出して見ることに・・・試し堀り

1ケース目をひっくり返した画像がこれです↓↓↓

ユダイクスミヤマクワガタ 採卵

嫌な予感!です(。、)

マット崩しながら漁るよう探しますが幼虫の姿が ((´;ω;`) 予感は的中💦 
まぁ~こんなこともあると自分をいい聞かせながら・・・

2セット目へ・・・またまたボーズ!いや~凹みますね (_ _|||)

やけくそで3セット目へ・・・
ケースをひっくり返そうとした時!ケース側面の角に白いものが・・・👀 
「卵」発見です\(◎o◎)/!思わず╭( ・ㅂ・)و̑ ガッツ 見落としていましたね^^
結果!卵6個をget!テンションもUP⤴ 

卵はまだ細長い感じですが有精卵でしょう\(^o^)/

しかし、ボーズだった2頭の対策が急務! さぁ~追掛けだε=ε=ε=ε=ε=

ユダイクスミヤマクワガタ ユダイクスミヤマクワガタ 採卵
画像:ユダイクスミヤマクワガタ 採卵

ユダイクスミヤマクワガタ 採卵 ユダイクスミヤマクワガタ 採卵
画像:ユダイクスミヤマクワガタ 採卵

ヒラタ 産卵セットへ

ハナカンザシ(花簪)
画像:ハナカンザシ(花簪)

ご覧いただきありがとうございます(^^)

画像は、ハナカンザシ(花簪)ですね。
春に次々と花を咲かせ繊細な八重咲きの小花です♪
花を撫でるように触るとカサカサと音がして紙で出来た造花(ドライフラワー)のようです。
英名は、Paper daisyといい「紙の菊」だそうです。一度触れてみてください(^^♪

さて、画像は、宮崎産ヒラタクワガタです。
今週交尾も確認できたので産卵セットに♀を投入しました^^
このヒラタは、先月ドルクス ヒロさん から無理を言って譲って頂いたペアです。
♂♀共に昨年夏前に羽化し、秋には後食を開始していた越冬個体です。
3月中旬から徐々に温度を上げ餌の摂取を見ながら、この1週間同居させていました。

餌の交換時!!♂は目が覚めてきたのか目を見張るほど動きが機敏になってきました。
餌を入れ替えようと、手をケースに入れようとすると目で追うように頭を動かすのには\(◎o◎)/!
マンディほど威嚇はしてきませんが、挟まれたらかなり痛そうです(ノд・。)
遊び相手には良いかもしれません(笑)


ヒラタクワガタ 宮崎産
画像:ヒラタクワガタ 宮崎産

♀はゼリーも補給せず産卵場へ(^^♪ ↓↓↓


ヒラタクワガタ 産卵セット
画像:ヒラタクワガタ 産卵セット

ヒラタクワガタ 産卵セット
画像:ヒラタクワガタ 産卵セット

ヒラタクワガタ 産卵セット
画像:ヒラタクワガタ 産卵セット

フキヌキシカ ようやく交尾(^^♪

ハナニラ(花韮)
画像:ハナニラ(花韮)

ご覧いただきありがとうございます(^^)

名前はハナニラ(花韮)ですね。白い花弁に紫色のラインが入り綺麗なコントラストです。
茎を少し傷付けるとニラの匂いがします。スーパーなどで売っている、葉ニラ、花ニラはネギ属で食用に用いますが、ハナニラはハナニラ属になり毒性があります。
先日もイヌサフランやスイセンなどを誤食しないよう注意を促す新聞記事が掲載されていましたね。
花は綺麗ですが注意しましょう💦

さて画像はフキヌキシカ(アッサムシカ)です。
顎を園芸用の針金で縛られた♂が頭を重そうに下に向け、♀に覆いかぶさるようにメイトガードに入っています。
昨日ようやく交尾が確認できました、
♀の羽化から11ケ月(∋---・---_ナガ~イ__---・---∈)
2月に記事にした時には、♀が少し動きだし餌をなめるような状態になったので同居させてみましたが・・・
やっぱり交尾行動には至りませんでした(。、)

それから2ケ月ようやく♀が食欲旺盛に!!!持たせられたましたね💦
♂は2月初旬がら後食を始めていたので・・・・
只、性格は凶暴で動きも機敏です。貴重な♀なので最悪の事態は避けたく顎の固定を結構!
グルーガンにしようか?たこ糸にしようかと考えながら最終的に園芸用の針金で縛り・・・
顎を縛るにも動きが激しく顎を振るので、輪にした針金が何度もすり抜けたりと悪戦苦闘の始末(><)

一晩落ち着かせて昨日同居させました。

さ~ 産卵セットの準備を(^^♪


フキヌキシカクワガタ ミャンマー・サガイン
画像:フキヌキシカクワガタ ミャンマー・サガイン

フキヌキシカクワガタ ミャンマー・サガイン
画像:フキヌキシカクワガタ ミャンマー・サガイン

マンディ マット補充^^

ヒゴスミレ(肥後菫)
画像:ヒゴスミレ(肥後菫)

ご覧いただきありがとうございます(^^)

画像は、ヒゴスミレ(肥後菫) でしょうか?葉っぱの切り込みが深くカエデのような特徴があります。
草丈も10cm程なので雑草に交じって咲いていると見過ごしてしまいます。
花弁は白地に薄むらさきがグラデーションのようにかかりとても綺麗ですね^^

4月に入ると本格的にクワガタ作業も忙しくなりますね^^、
2月ごろがらボチボチ準備を始めるんですが、朝から産卵セットを組んだり、バクテリア材を仕込んだりと一挙に作業が増えバタバタと・・・ε~( ̄、 ̄;)ゞフー! 止めは洗い物で一日が終わる感じです💦
今日は、午前中の作業が一段落したところで、産卵セット内の様子を見たりと・・・(-。-)y-゜゜゜一服

飼育室内で、ひと休みしながら幼虫のボトルを覗き込んでいると、大きな幼虫がボトル上部の側面に居るのを発見しました。
ボトル越しなので大きく見えるのか?マンディです!!!
ラベルを確認すると前回のマット交換は2月4日!まだ2ケ月だと思いながらも蓋を取り覗き込むと・・・
そこには大形の幼虫が\(◎o◎)/!

早速、他のボトルも取り出し数頭が窮屈そうにしていたので、取り出しました。
勢いのある幼虫を見ると嬉しくなりますね(^^♪
前回18頭居た幼虫の内、6頭は里子へ出しましたので12頭で体重を^^
結果、♂の最大は25gと伸びてくれました(^^♪

また測定中に14gの幼虫が2頭出てきたので、♂の25gから見ると小っちゃと思ったのですが、よく見ると卵巣が\(◎o◎)/! 何と!♀でした。
♂は1400㏄のボトルへ移しながらマットを補充し引っ越し完了です。


ここまで伸びてくれるとモチベーションも上がり忙しさも楽しさに変わりますね^^


マンディブラリスフタマタクワガタ サパ産(赤)原名亜種 幼虫
画像:マンディブラリスフタマタクワガタ サパ産(赤)原名亜種 幼虫

前回(2月4日)からの体重推移
測定結果
画像:測定結果

マンディブラリスフタマタクワガタ サパ産(赤)原名亜種 幼虫 マンディブラリスフタマタクワガタ サパ産(赤)原名亜種 幼虫
画像:マンディブラリスフタマタクワガタ サパ産(赤)原名亜種 幼虫

ユダイクスミヤマ 今シーズンの精鋭

ヒメリュウキンカ(姫立金花)
画像:ヒメリュウキンカ(姫立金花)

ご覧いただきありがとうございます(^^)

画像は、ヒメリュウキンカ(姫立金花)という花です。
毎週末、花ネタを探しに近所を散策、ウロウロしていると・・・大木の片隅に咲いている花を見つけました。
いつものように撮影!!しかし、名前が分かりません(。、)
その場で、観察しながら「キク科」の仲間かなと思いながら、帰宅後ネットで調べたところキンポウゲ科の帰化植物で、湿り気のある場所を好み野生化しているようです。小さな花ですが綺麗ですね^^


ユダイクスミヤマクワガタ トルコ産
画像:ユダイクスミヤマクワガタ トルコ産

さて、クワガタですが今年ブリード予定のユダイクスの精鋭を少しご紹介します(^^♪

ユダイクスは、いう間でもなくユーロミヤマのなかで100ミリを超える大型種!、ミヤマのなかでは最大だと思います。
全身のフォルムから長く滑らかに湾曲した大顎に魅かれてます(^^♪
そのユダイクスに魅了され、かれこれ10年が経ってしまいました(笑)

ブリードシーズンも近づいた3月、低温管理していた庫内(セラー)温度を18~20℃に上げていました。
ここ数日!様子を見ていたところ、成虫の動きがでてきたのでもう一段高い22~24℃へ・・・
今シーズのトルコ産は、♂4頭♀3頭で臨みますρ( ^o^)b_~♪♪まぁ~私のは小さいですが(笑)

おっと!♂が多いな ヤフオクにでも・・・(笑)

さて、目標ですが、採れる幼虫(卵)は諸先輩方の話を聞いていると1♀で50~70個は産むというのですが・・・
私は20~30個がやっとです💦 何が違うのか悩むところですね(笑)
♀3頭で100個かな💦

飼育庫内 飼育庫内温度
画像:飼育庫内&管理温度

庫内の様子は・・・
♂を飼育ケース越しに撮影してみました。

ユダイクスミヤマクワガタ トルコ産 ユダイクスミヤマクワガタ トルコ産
ユダイクスミヤマクワガタ トルコ産 ユダイクスミヤマクワガタ トルコ産
画像:ユダイクスミヤマクワガタ トルコ産

Profile

もっち

Author:もっち
森の木陰のBlogへようこそ!
我が家の息子が子供の頃、喜ぶと思いオオクワを購入したのですが・・・
結果的に自分が“ハマ”った
管理人のもっちです。(笑)

生息地:神奈川県
年代:末娘は21歳(もう若くはない)

Topix

クワカブ愛好者の最新情報を掲載しています(^^) ✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫



✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫

更新日:2015.10.18

Access
ブログ村クワガタ部門
Search
Album
Recent posts
Recent comment
Category
Calendar
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2018年04月 | 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


updated
Link

このブログをリンクに追加する

mail

名前:
メール:
件名:
本文: