スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨツボシヒナカブト 産卵セット

ビヨウヤナギ(未央柳・美容柳)
画像:ビヨウヤナギ(未央柳・美容柳)

ビヨウヤナギ(未央柳・美容柳)
画像:ビヨウヤナギ

ご覧頂きありがとうございます(^^)

画像は、ビヨウヤナギ(未央柳・美容柳)でしょうか
黄色の花弁を大きく開いた上に多数の雄しべが立ち上がり「お見事」という他には言葉が出てきません。
綺麗な花です♪
黄色い花は心気落ちを明るくしてくれますね(^^)

最近は寝苦しい夜が続いています(-_-;)
そんな湿度が高い夕方!我が家に事件が・・・

娘の部屋から悲鳴が・・・

何だ!どうした?と・・・行って見ると娘の部屋の床にヤスデが一匹俳諧していました(笑)
何だ虫かと思いながら・・・そう 子供の頃は「ゲジゲジ」と言ってたような?

でも、娘にとってはゴキブリ、クモに次いで嫌いな虫のようです(笑)

侵入口は、窓?玄関?
いずれにしても娘から叩き○せとの指令なので、ティッシュでポイと掴んで・・・

外のゴミ箱へ・・・

しかし、そこで外壁上部に👀をやると・・・
なんと・・・ヤスデが異常発生していました!(-_-;) 
庇下 家の周りにぐるりと300~500匹ぐらいは(-_-;)
さすがに気持ちの良いものではありません。

2階の娘の部屋に侵入していても不思議では・・・(笑)

ヤスデ
画像:ヤスデ異常発生

2階庇下↓↓↓
ヤスデ異常発生
画像:ヤスデ異常発生


翌日、娘が自分の小遣いで買って来たのが・・・

これです↓↓↓


ヤスデ異常発生
画像:ヤスデ異常発生


うん?効くかな?と思いながら壁にそって散布💦散布💦でした。


さて、昨日は5月ににゃんぽんさんから譲ってもらったヨツボシヒナカブトのセットを組みました。
6月中旬から猛烈に餌を摂り始め、この体でここまで食べるか?と思うほどに(笑)

同居後はすぐに合体(笑) 気が付けば優しくメイトガード・・・

ヨツボシヒナカブト
画像:ヨツボシヒナカブト

ヨツボシヒナカブト
画像:ヨツボシヒナカブト

ヨツボシヒナカブト
画像:ヨツボシヒナカブト

産んでくれよ!

スポンサーサイト

ボーリン!気になるボトル

ドクダミ(毒溜)
画像:ドクダミ(毒溜)

ドクダミ(毒溜)
画像:ドクダミ

ご覧頂きありがとうございます(^^)

画像は、ドクダミ(毒溜)ですね。
空き地や草むらなどの日陰を好む花です。
花に近寄ると独特の強い臭気がして来ますので、好き嫌いがあるかも知れません。
ドクダミの葉を乾燥させたドクダミ茶はよく知られています。古くから漢方薬として使われていて、別名をジュウヤク(十薬)とも言うそうです。

さて、先週末はひでのぱぱさんが会社の研修で神奈川へ行くよと・・・連絡を頂いておりました。
出張の多いひでのぱぱさんですが、研修も関東まで来られるのは大変だなと思います(^^♪
研修終了日の夕方、川崎で待ち合わせることに。
事前にefdenさんも来られると聞いていましたので、お会い出来る嬉しさもあり楽しみにしていました。

さっそく待ち合わせの場所で皆さんと合流しオフ会の居酒屋へと・・・🍻です(^^)
ひでのぱぱさんとは一昨年の秋に会って以来でしたが、熱の入った飼育談義やefdenさんの飼育経験豊富な話で、宴も盛り上がり楽しいひと時を過ごさせて頂きました。
ひでのぱぱさんから、拘りの血統幼虫まで頂きました(礼)
ひでのぱぱさん、efdenさん、また飲みましょう♪

オフ会 能勢YG血統 幼虫 能勢YG血統 幼虫
画像:オフ会&お土産

さてさて、飼育室のボトルで一つ気になるボーリンの幼虫がいます。
このボーリンは2014年11月にdaichanさん から譲って頂いた幼虫です。
昨年は、飼育温度が低めだったことも原因だったのか、羽化はせず2年目に入っていました。
ボーリンは2年1化が多いんでしょうか?他にも数頭います💦

マット交換も昨年11月を最後に放置 (´;ω;`)
ボトル壁面から蛹室らしき気配もなく、中の様子が見えません。
気になり出すと掘りたくなるのは病○でしょうか(笑)
さっそく、蓋を開けスプーンで丁寧にマットを堀り出していくと・・・

蛹室を破り空洞が現れました。
蛹室です!
しかし、幼虫の姿は見えません💦
う ~ 奥でセミ化しているのか?(-_-;)


ボーリンフタマタ幼虫(ボトル)
画像:ボーリンフタマタ幼虫(ボトル)
↓↓↓
ボーリンフタマタ幼虫(ボトル)
↓↓↓
ボーリンフタマタ幼虫(ボトル)
↓↓↓
ボーリンフタマタ幼虫(ボトル)


と・・・そのとき、お尻を振りながらが蛹室の奥から姿を見せてくれました。

「びっくり」したのと「安堵」が・・・


良かったです(^^♪



ボーリンフタマタ 蛹 ボーリンフタマタ 蛹
↓↓↓
ボーリンフタマタ 蛹
画像:ボーリンフタマタ 蛹

蛹化して2~3週間でしょうか?
無事に羽化すれば70mmUPぐらいでしょうか(^^♪

ひとまず、残っている蛹室の中へ戻して。。。無事羽化を(願)

オーベル!産んでくれ・・・

ムスカリ
画像:ムスカリ

ムスカリ
画像:ムスカリ

ご覧頂きありがとうございます(^^)

画像は、ムスカリですね。
ヒヤシンスの近縁で、青紫色の花は小さなブドウの房を逆さにしたようして咲いています。
なかなか可愛らしい花です。
花に近寄るとミントのようなさわやかな香りが漂います(^^)

関東地域は梅雨に入りました。
日中の雨も嫌ですが、寝苦しい夜が来るかと思うと気持ちも沈みますね(-_-;)
エアコンがフル回転します💦

さて、↓↓↓の画像は、オーベルチュールクロツヤシカの♂です。
5月中旬にリベンジでペアリングした種親です。
最初のセットは2月に組みましたが不発に終わり、リベンジで5月に産卵セットを組んでいました。

この♂は追掛用にと飼育していましたが、数日前から動く気配もなく餌も摂取していません・・・💦
怪しいなと思いながらも他のクワガタの餌やりでかまってやれず。。。
どう見ても動いている気配がなかったため・・・取り出して👀ると・・・なんと☆に・・・

うん~残念!

気になるのは産卵セットの方です。

オーベルチュールは小型なので、♀が産む卵も小さく卵で割出すのは避けたいところです。
リベンジのセットなので、何とか採りたいところですが、まだセットを組んで3週間足らずなので割り出す勇気もなく。。。
でも、産んでいるか気になり、思い切って材を取り出てみました。
取り出した材3本をよく見ると、産卵痕らしき齧りを数か所確認出来ました。
😌っと・・・
しかし卵を見るまでは。。。
オーベルを卵で採る勇気もなく・・・ここは、そのまま戻しました。

オーベルチュールクロツヤシカクワガタ ベトナム ハザン
画像:オーベルチュールクロツヤシカクワガタ ベトナム ハザン

5月中旬から組んでいる産卵セット↓↓↓

オーベルチュール産卵セット
画像:オーベルチュール産卵セット

材を取り出して見ると・・・

オーベルチュール産卵セット オーベルチュール産卵セット
画像:オーベルチュール産卵セット

期待を膨らませながらセット継続です(^^)

オーベルチュール産卵セット
画像:オーベルチュール産卵セット

Profile

もっち

Author:もっち
森の木陰のBlogへようこそ!
我が家の息子が子供の頃、喜ぶと思いオオクワを購入したのですが・・・
結果的に自分が“ハマ”った
管理人のもっちです。(笑)

生息地:神奈川
年代:子供の平均年齢19歳(若くはない)

Topix

クワカブ愛好者の最新情報を掲載しています(^^) ✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫



✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫

更新日:2015.10.18

Access
Search
Album
Recent posts
Recent comment
Category
Calendar
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2016年06月 | 07月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


updated
Link

このブログをリンクに追加する

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。