スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウッディー産卵セットの準備を・・・

ウッディーに使用するベトナム材「VN材」
画像:ウッディーに使用するベトナム材「VN材」

昨夜は、ウエストウッディーのペアリングを決行しました。\(^o^)/

と・・・言ってもですね・・・同居させただけですけど(ー'`ー;)う~ん・・・・

寝る前に飼育室を覗いてみたら、♂が♀の上に覆い被さるようにしていたので“交尾”行動に入っていると思

い・・・( T_T)\(^-^ )ヨシヨシ そのまま放置・・・

本当は、直接交尾を確認したいところですが。。。どうしても、ハンドが苦手でして・・・(><)
                    
自然に任せましょう!!

○*※▲×:◎■※×: ○*※▲×:◎■※×:

さて、一夜明けてさっそく産卵セットの準備を・・・

先月、購入しておいたベトナム材「VN材」を取り出して、どれにしようかと?迷いながら1本を選びました。

ベトナム材と別にコナラの柔らか材(4~5年もの)1本を加水し、カビ防止処理?を施してセットへ・・・

今回は、ベトナム材とコナラの柔らか材の他に2種類の材を準備していましたので合計4本のセットです。

さて、さて、どうなるでしょうか? ~~\(´μ`。)/~~ふれ~ふれ~

加水したベトナム材「VN材」とコナラの柔らか材
画像:加水したベトナム材「VN材」とコナラの柔らか材
スポンサーサイト

ウッディー!食欲旺盛

食欲旺盛なウエストウッディ- ♀ 原名亜種
画像:食欲旺盛なウエストウッディ- ♀ 原名亜種

ウエストウッディ-の♀が食欲旺盛!凄いです。\(◎o◎)/

昨日は、フォルスターキヨタミイの食べっぷりを紹介させてもらいましたが、ウッディ-も負けていません。

2週間程前から急に餌の量が増えましたね。1日2個はぺロリと・・・“ 完食 ”


“♀メタボ”を心配して・・・2個以上は与えていませんが・・・(笑)


しかし、餌の食べた方がまるで「犬食い」状態です。・・・ね

※ウィキペディアで「犬食い」・・・を調べると、「極端な前屈姿勢で顔(口)を突っ込まんばかりに近づけ

てガツガツと食べること」と、ありました。まさにその通りですね。

後食から1ケ月を経過していますので、今夜!ペアリングをしようと思います。

さぁ~いよいよ本番ですよ。♪(^ ^)

食欲旺盛!「犬食い」状態のウエストウッディ- ♀ 原名亜種
画像:食欲旺盛!「犬食い」状態のウエストウッディ- ♀ 原名亜種

キヨタミ この性格!DNAは・・・

ぐるぐる巻きのフォルスターキヨタミ
画像:ぐるぐる巻きのフォルスターキヨタミ

暴れまくるキヨタミの話題を!!

数日前からキヨタミのペアリングを予定していました。

餌も毎日カップを2個平らげてしまうほどで、まぁ~良く言えば元気なキヨタミですが・・・

しかし、可愛げがありませんよ。荒っぽさはマンディ以上ですね。(*≧∀≦*)

写真を撮ろうとするとカメラに威嚇の連続です。\(◎o◎)/ ピントも合わせられません。

!!!

キヨタミは、大人しい印象を持っていましたがここまで暴れるキヨタミは初めてですね。/(*-_-*)\

予定しているペアリングも心配になり園芸用の針金で顎を思いっきり巻いてやりました。(笑

!!!

でも、セット直度に♂の役目を果たすべく交尾に入ってくれたので安心しました(^^)

しかし、累代の“子”が心配ですね・・・/(*-_-*)\・・・暴れませんか?

この性格!DNAは引き継がれて・・・しまうのですかね。(泣

暴れるキヨタミ①
画像:暴れるフォルスターキヨタミ①

暴れるキヨタミ②
画像:暴れるフォルスターキヨタミ②

今年もリベンジです

アクベシアヌス トルコ産 ペアリング
画像:アクベシアヌス トルコ産 ペアリング

アクベシアのペアをセットしました。

正直!アクベシアとは相性が悪く、4月29日の記事にも書きましたが・・・

産卵をさせることはいいのですが・・・問題は幼虫です。昨年羽化した幼虫も体重が乗りません。

(?>△<?)

何度も失敗をしてまして・・・\(_ _*)反省 

今年はマットを探しましたよ。・・・マットせいにしてますが(笑

そう言いながら、今年もリベンジです。( _ _ )....o

ウッディ-♀ 羽化

ウエストウッディ- 原名亜種 ♀ いよいよ羽化 ①
画像:ウエストウッディ- 原名亜種 ♀ いよいよ羽化 ①

ウエストウッディ- 原名亜種 ♀ いよいよ羽化 ②
画像:ウエストウッディ- 原名亜種 ♀ いよいよ羽化

昨日は、エラフスミヤマの仮セットを崩して採卵をしていました。作業も一段落して飼育種の様子を見ている

と・・・ウッディ-の♀が羽化体勢に入っているでは・・・ありませんか。

長い期間を経て・・・いよいよお目覚めに・・・・

この場面を写真に収めることができません(*≧∀≦*) 残念です。

今さら露天掘りも出来ず、静かに見守るだけとなって・・・しまいました~(..)~ ンー

しかし、様子を見ていると・・・下翅が少し右へ偏っているようにも見えて・・・心配です。

やはり・・・気になり、寝る前にもう一度様子を見に行きましたが、まだ、右へ偏っているようにも見

えます・・・徹夜する勇気もなく酒を飲んで“とっと”寝てしまいました。(*~¬~*)/オヤスミ

                   ☆(*_ _)。o○  ☆(*_ _)。o○  ☆(*_ _)。o○
 
そして                      オキロォー!! ヾ(* ̄O ̄)ツ

朝一番(5:00) 飼育室へε=ε=ε=ε=直行・・・     \(^▽^)/

下翅が綺麗に上翅の下に収まっていました。「案ずるより産むが易し」ですね。

昨夜からの心配もすっ飛び 安堵 ∩ & (*^_^*)です。

大きさも気になり、ボトルの側面から定規を当てて見ました。顎から出っ張ったお尻の先まで55mmぐらいなの

で、51~2mmぐらいで落ち着きそうです。

実に前蛹状態から60日目の羽化です。さぁ~次は♂ですね。

ウエストウッディ- 原名亜種 ♀ 無事羽化
画像:ウエストウッディ- 原名亜種 ♀ 無事羽化

ウエストウッディ- 原名亜種 ♂
画像:ウエストウッディ- 原名亜種 ♂

フォルムは“女性的”な美しさ

エラフスミヤマ ペアリング開始(6月10日)
画像:エラフスミヤマ ペアリング開始(6月10日)

関東地方は、昨日までの雨も一段落して今日は久しぶりに日差しが差し込んでいます。

                     晴れててもむし暑いですね(><

今日は、エラフスミヤマです。

このミヤマは、結構赤みが強く気に入っている固体です。中型種ですが、魅力は何と言っても大きく張り出してい

る顎!素晴らしいですよね♪(^ ^)

発達した顎と全体のフォルムは“女性的”な美しさがありますよね。そ~う思っているのは、私だけでしょうね。

(?>△<?)

このエラフスを、6月10日から1週間同居させて先週“仮セット”を組んでいましたので、割り出すことにしまし

た。

産卵確認のための割り出しなので仕方ありませんが、出来たらこの種は幼虫で採りたいところですね。

とにかく卵が小さく“白っぽい木屑”と間違えてもおかしくないくらいですよね(×_×;)

ましてや産み立てですから。。。まぁ~仕方ありませんね。

結果、卵は15個採れました。赤みの強い♂を使っているので羽化が楽しみですρ( ^o^)b_~♪♪

仮セットからの採卵
画像:仮セットからの採卵

能勢YG866血統 孵化したの?

能勢YG866 試し採卵
画像:[6月9日に記事にした画像」試し割りから採れた卵

6月9日の記事で「不安は的中」で紹介させてもらいましたが、4月に能勢YG血統の産卵セットを組みま

したが、“未交尾”?で卵は腐ってしまい!・・・やり直しの話をしました。

そこで、新たに種親となった“能勢YG866血統の直仔”でペアリングをさせて。。。

6月5~9日までの4日間、産卵セットを組んでいた材を試し割りをしたところ卵が採れました。その卵の様子を見て

いましたが、今夜飼育ケースを覗くと卵がありません。 (?>△<?)


え!!無い?


よ~く覗き込むと孵化後の殻が残っています。孵化したの?

やってくれましたね。\(^o^)/

幼虫はマットへ潜ってしまったのでしょう。
                        
有精卵だとは思っていましたが・・・孵化するまでは安心できませんでした。リベンジでしたので(笑

しかし、これまでの不安が今日で払拭しました。

今シーズンのYG血統は大丈夫。。。。\(^o^)/ だ。

能勢YG866血統 孵化!
画像:能勢YG866 孵化?

能勢YG866血統 種親
画像:能勢YG866血統 種親

この材は爆産でした

家庭菜園 その後
画像:家庭菜園 その後

本格的な梅雨に入りましたね。

先日、記事(5月19日)にしました野菜も大きくなり実を付けるようになってきました。毎日していた水やりもこ

の雨で休憩ができて助かっています♪(^ ^)

                    .。.:*・・*:.。..。.:*・・*:.。..。.:*・・*:.。..。.:*・・*:.。

さて、今日はオリジナルの“血統” /(*-_-*)\阿古谷M-Line の材割りをしました。

取り出した産卵材を見ると食痕に片寄りがあります。・・・ちょっと心配ですね

食痕のなさそうな材から割り出すことに・・・(`∧`)

1本目・2本目は、材が硬くヘラも通りません。 (?>△<?) 材を割るだけで時間が掛かってしまいました(汗

結果は幼虫3頭です。

ホダ木を加水する時や産卵セットを組む時に材を選んでいるつもりなんですが・・・ね(反省

                       見た目には分からないもんですね。
                        
                        修行が足りません。(?>△<?)

気を取り戻して、食痕が沢山ある3本目に・・・期待を・・・

材の硬さも程よく柔らかくなっていて、手でも割れる感じです。

材を割るなり・・・

             出て来るわ\(◎o◎)/ 出て来るわ\(◎o◎)/この材は爆産でした。

                  材割り後の再確認で“おまけ”もGETして・・・

オオクワガタ最初の材割りは、先ず先ずといったところでしょか\(^o^)/

でも、幼虫の大きさを見ると材割り時期が少し早かったですね。

種親:4月6日の記事をご覧下さい。

阿古谷M-Line血統(Org)A-Set 材割り
画像:阿古谷M-Line血統(Org)A-Set 材割り

阿古谷M-Line血統(Org) 初令幼虫
画像:阿古谷M-Line血統(Org) 初令幼虫

阿古谷M-Line血統 材割り後のおまけ幼虫
画像:阿古谷M-Line血統 材割り後のおまけ幼虫

阿古谷M-Line血統 材割り後の結果
画像:阿古谷M-Line血統 材割り後の結果

便利なサーモ

農電 電子サーモ ND-610
画像:農電 電子サーモ ND-610

昨日、農電電子サーモが届いていたので、さっそくセットをしてみました。

これからの時期、採卵や孵化が続いていて来るので、昨年以上に温度管理が必要になるな!?と・・・(悩

昨年までは、ワインセラーのファンの吹き出し口を調整しながら温度管理をしていましたが、それでも少し冷えす

ぎるのが難点でした。

今年は、飼育数も増やしているので、吹き出し口の調整ぐらいでは・・・ダメだと悩んでいました。

                         悩) /(*-_-*)\ (解
 

早速、電子サーモをセットした後、温度状態を見ていると、\(◎o◎)/ 望んでいた設定温度の±1℃ぐらいでい

けてます。\(◎o◎)/

温度計のセンサーを、庫内の上下にセットして確認していますが・・・いい感じです。

なかなか便利なサーモです。これだと冬場もこのサーモで大丈夫ですね。♪(^ ^)

農電 電子サーモのセット
画像:農電 電子サーモのセット

農電サーモ 温度確認
画像:農電サーモをセット後の温度確認

モチベーションが下がる中

マンディブラリス 初令幼虫
画像:マンディブラリス 初令幼虫

マンディブラリス デンポ産のB-Setですが、5月19日に引き続き2回目の材割りをしました。

結果は、幼虫と卵を含めて6個でした。 (?>△<?)

う~ん? 前回は、幼虫と卵で14個でしたので、大きく期待を裏切られました。(泣

セットの様子を覗ていましたが、余り期待は出来ないな?と・・・

なんせ!材を齧っていません。

空砲は無かったですけどね。。。

原因ですか? う~ん?

●産卵材(コナラ)との相性が悪かったのか?材の状態は前回と同様!
●♀が産卵モードにまだ入っていないのか?
●これが、普通なのか?
●飼育温度は24~28℃

モチベーションが下がる中、条件は変えず3回目のセットを組んでいました。( ̄▽ ̄;)

爆産する♀ってなかなか巡り合いませんよね。 (?>△<?)


マンディブラリス 種親
画像:マンディブラリス 種親

マンディブラリス 採卵
画像:マンディブラリス 採卵

最初の材割りが楽しみです。

仮り置き用菌糸カップ作成
画像:借り置き用菌糸カップ作成

阿古谷のM‐Line血統(A-Set Org)も産卵セットを組んでから今月末で2ケ月を迎えます。数日前の記事でも書

きましたが、ペアリングの際に“ハンド”が苦手で自然勾配で何時も済ませています。(泣

まぁ~未交尾の不安もありますが・・・YG血統では・・・組み直しました。・・・ヾ(。>﹏<。)ノ

でも・・・M‐Lineのセットを見ている限り、産卵は大丈夫そうです。(幼虫をゲットするまで・・・

心配・・・ですがね。

とは言っても・・・!割り出す準備もしなければなならず・・・

材割り後、直接!!菌糸ボトルへ投入するのも不安ですよね?
                     
そこで、毎年ですが・・・仮り置き用のプリンカップを作っています。

何とか2時間かけて70個ほどを作成(ゴクロウ

最初の材割りが楽しみです。♪(^ ^) ガハハ~(^o^)

菌糸手詰め作業
画像:菌糸手詰め作業

最後の♀が・・・

ユダイクスミヤマ シリア産 採卵
画像:ユダイクスミヤマ シリア産 採卵

ユダイクスミヤマ シリア産 採卵②
画像:ユダイクスミヤマ シリア産 採卵②"

ユダイクスミヤマ トルコ産 産卵セット
画像:ユダイクスミヤマ トルコ産 産卵セット

5月3日の記事でテスト採卵したシリア産の♀が☆になっていました。( T_T)\(^-^ )ザンネン

もう少し頑張ってもらいたかったのですが・・・

4月の末に♀の1頭を失っていたのでシリア産は最後の♀でした。

 。..。.:*・・*:.。.お悔やみ.。.:*・・*:.。..。
   
がっかりしながら、産卵セットを崩してみたところ卵9個をゲット!

結果、シリア産からは22個の卵が採れましたが、腐敗が2個あったので差し引き20個でした。

 (*゜ー゜)ゞ⌒ 最初の1頭目が悔やまれますね。

少し寂しいですね 50は採りたかったのですが・・・

ユダイは孵化までが長いので・・・

しかし、次はトルコ産が控えています。さっそく2セットを組みました。ユダイもこれからが本番!!

                                頑張ろう!!

不安は的中!

能勢YG血統 産卵セット
画像:能勢YG血統 産卵セット

不安は的中しました。ヾ(。>﹏<。)ノ ヾ(。>﹏<。)ノ ヾ(。>﹏<。)ノ

5月11日にも記事にしましたが、産卵セットの♀が材を齧るばっかりで・・・不安と・・・書きましたが。

でも、卵は産み付けていたので安心してましたが・・・

未交尾の卵?・・・腐敗しました。

それから、2週間程様子を見てましたが・・・

他のクワが忙しくて見てる暇が無かったのが本音で・・・(笑

日に日に不安が・・・

そこで

今日は、思い切って材を掘り出してみました。\(◎o◎)/

材を見て! これ! 産んでないよ!・・・独り言連発
                    
ヾ(。>﹏<。)ノ ヾ(。>﹏<。)ノ

気を取り戻して掘り出した材は、まとめて長期保管です。(夏までかなか~忘れてしまうかも)

そこで、YG血統の別♂の出番です。これは866血統の直仔です。(最後の切り札・・・)



                  ・*:.。..。.:*・・*:.。..。.:*・・*:.。..。.:*・・*:.。..。.:*・・*:.。



実は、10日前に能勢YG866血統をペアリングして、1週間程セットしてました。

そこで、今日 試し掘りを・・・・・ (一番下の画像です)

有精卵だと良いんですけどね・・・?? セットの組み直しです。。。 ヾ(。>﹏<。)ノ 

掘り出した産卵木
画像:掘り出した産卵木

掘り出した産卵木②
画像:掘り出した産卵木②

能勢YG866血統 直仔
画像:能勢YG866血統 直仔

能勢YG866血統 試し掘り
画像:能勢YG866血統 試し掘り

共存する森

クワガタリウム
画像:クワガタリウム

年に一度、テラリウムならぬクワガタリウムのマット交換をしています。

飼育しているゲージで唯一コガネムシ科が共存する森です。

       ちょっと“緑”が少ないですが・・・

属も・・・種も・・・♂も・・・♀も・・・ありません。皆一緒です。

なるべく広いゲージで自然に近い環境を・・・と・・・思い・・・作ってます。

見ていると・・・時に互いの顎が重なり合う場面もあります。

        楽しいですよね(笑

・*:.。..。.:*・・*:.。..。.:*・・*:.。..。.:*・・*:.。..。.:*・・*:.。


そして、最後にクヌギ(緑)を植えて完了です。

ペアリングの時期!?

アンタエウス タイガーヒル産 ♂ 2103.01羽化
画像:アンタエウス タイガーヒル産 ♂ 2013.01羽化

アンタエウス タイガーヒル産の♂です。ようや後食に入りました。

そう、♀も後食始めてます。

でも?一気食べたと思えば、4~7日は食べないことが。。。


 ・゚・⌒Y⌒不(`∧`)ノ安⌒Y⌒・゚・


ばだまだ ペアリングまでが長いんですよね。半年?~1年?・・・ですよ。

今、6月ですから???最短で年末の12月がペアの時期ですかね・・・

気長に待ちましょう。 (?>△<?)

ハンドペアが苦手なんです。

ユダイクスミヤマ トルコ産 交尾シーン
画像:ユダイクスミヤマ トルコ産 交尾シーン

今日は、これから本格breに入るユダイクスミヤマトルコ産の交尾シーンをアップしました。

在り来りですみません。( ̄_ ̄|||)

画像状態も悪く余りUPしたくはなかったのですが・・・皆さんにはなるべく綺麗な画像をお見せしたいのです

が・・・ペアのことを考えるとこれ以上接近することが出来ませんでした。m(__)m

飼育ケース越しです。

実は・・・そうなんです。。。私はハンドペアが苦手なんです。(×_×;)

自然勾配派 

カブト系を飼育している頃は意外に簡単でしたが、クワは時間がかかるので・・・どうも苦手でダメなんですね!

過去に何度もチャレンジしましたが!!

性格が短気で・・・じ~と見ていられないんですね。


・*:.。..。.:*・・*:.。..。.:*・・*:.。..。.:*・・*:.。..。.:*・・*:.。


と・・・いうことで、今年は先行して“ シリア産 ”を先にセットしていたので、トルコ産は6月になってしまいま

した。( T_T)\(^-^ )イイワケ

さぁ~多くの♀が控えているので。これからが・・・忙しい!!ですよ。。

阿古谷 M‐Line 80UPか・・・!?

オオクワガタ 阿古谷産M-Line血統(Org)羽化間近の♀
画像:オオクワガタ 阿古谷産M-Line血統(Org)羽化間近の♀

オリジナル(Org)M-Line血統の阿古谷産オオクワガタが・・・羽化ラッシュを迎えています。

ボトルを一本々見てますが・・・羽バカなどの固体も無さそうです。♪(^ ^)アンシン

クワカブを飼育していて・・・大きい固体を作出することが大きな目標(夢)ですけど“ 蛹化 ”や“ 羽化 ”の

瞬間も飼育種に限らず感動しますね。。♪(^ ^)ソウダ



そうそう!大きい固体と言えば、先週仕事帰りに“むし社”へ情報収集に立ち寄って来ました。閉店間際でしたけ

どお客さんも何人かいて賑わっていました。

店内をふらふらしていると“ BE-KUWA45号 ”(昨年11月発行)に目が止り立ち読みしながら・・・つい買ってし

まいました。クワガタ愛好家の驚くほどの大型固体が紹介されてます。。。 いつか・・・私も・・・何てね(笑

                            ρ( ^o^)b_~♪♪

話はもどって、それぞれ羽化の様子を覗いていると。。。ボトルの外から中が見えない(×_×;)真っ黒なボトル

が一本。。。うん~見えないな~

迷うことなく・・・穿・・・穿・・・穿・・・お! 穿・・・ この固体!大きいかも??

出た!!80mmオーバーか!?・・・\(^o^)/\(^o^)/・・・

                          期待を膨らませて、いざ計測

              と。。。ちょっと贔屓目に測っていたので80.39mmではなく79mmでした。

                ○*※▲×◎■※×:うん残念!! 次はギネス狙うぞ!!(笑

むし社のレシート
画像:むし社のレシート

オオクワガタ 阿古谷産M-Line血統(Org)羽化直後の♂
画像:オオクワガタ 阿古谷産M-Line血統(Org)羽化直後の♂

オオクワガタ 阿古谷産M-Line血統(Org)羽化直後の♂
画像:オオクワガタ 阿古谷産M-Line血統(Org)羽化直後の♂

オオクワガタ 阿古谷産M-Line血統(Org)羽化直後の♀
画像:オオクワガタ 阿古谷産M-Line血統(Org)羽化直後の♀

オオクワガタ 阿古谷産M-Line血統(Org) 2013.5. 羽化
画像:オオクワガタ 阿古谷産 M-Line血統(Org) 2013.5 羽化

遂に禁断の壁を・・・

ウエストウッディ- 原名亜種 蛹化???
画像:ウエストウッディ- 原名亜種 蛹化?

ウッディーの♂ですが・・・

蛹化しているような?・・・していないような?・・・

中の様子が見えません。

幼虫の姿が見えなくなって7日が経ってます。

ボトルを触りまくるのもどうか?と思いながら・・・気になって仕方がありません(-.-)

                    ・*:.。..。.:*・・*:.。..。.:*・・*:.。..。.:*・・*:.。..。.:*・・*:.。

思い切って “禁断の壁 ”を開けることに!!・゚・⌒Y⌒不(`∧`)ノ安⌒Y⌒・゚・

恐る恐るスプーンでマットを露天掘で削りながら・・・蛹室の手前まで来ました。(汗

深呼吸・深呼吸・・・して・・・蛹室を開けました。・・・見えました。 
 


                   顎・・・顎・・・が見えました。無事でした。 (\(^o^)/)



間違いなくその姿は “ウッディー” です。

しかしこれからが長~~~いんですよね。。無事羽化を願う限りです。 ( ̄人 ̄)オ・ネ・ガ・イ

♀の蛹化は5月13日に記事にしています。

ウエストウッディ- 原名亜種 蛹化
画像:ウエストウッディ- 原名亜種 蛹化
Profile

もっち

Author:もっち
森の木陰のBlogへようこそ!
我が家の息子が子供の頃、喜ぶと思いオオクワを購入したのですが・・・
結果的に自分が“ハマ”った
管理人のもっちです。(笑)

生息地:神奈川
年代:子供の平均年齢19歳(若くはない)

Topix

クワカブ愛好者の最新情報を掲載しています(^^) ✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫



✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫

更新日:2015.10.18

Access
Search
Album
Recent posts
Recent comment
Category
Calendar
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2013年06月 | 07月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


updated
Link

このブログをリンクに追加する

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。