スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーリン 自力脱出!!!

ゼフィランサス・シトリナ
画像:ゼフィランサス・シトリナ

ご覧頂きありがとうございます(^^)

画像の花は、ヒガンバナ科の多年草でゼフィランサス・シトリナという花です。
今年も綺麗に咲いてくれました(^^)

9月もアッと言う間に通り過ぎ、明日からは10月!!早いものですね(><)
今月は台風と秋雨前線の影響で、日照不足!!野菜や果物に大きな影響が出ています。
スーパーへ買い物に行っても野菜が高いこと・・・(-_-;)
庭の芝も成長が止まったかのように所々枯れていたので少し張り替えました💦

芝の補修
画像:芝の補修

ボーリンが、8月中旬に2年1化で羽化していたのですが・・・
忙しさ言い訳に放っていたのですが、しばらく振りにボトルを覗くとマットから自力脱出!!
慌てて餌を与えたところ、早々後食を始めました。
サイズは測っていませんが75~7mmというところでしょうか。
左顎が少しズレてますが先ず先ずのサイズです(笑)

そう言えば・・・同時期に羽化した♀が居たなと思い出し。。。ボトルを物色
ペアリング出来るかなと思いながらも飼育に励んでおります。

ペアリング後でよろしければ♂を差し上げます。(但しコメントを頂けている方に限らせて頂きます)
10月10日までにメールフォームよりお知らせください。先着順でお一人に(^^)

なかなか忙しく皆さんへの訪問や更新も出来ず(。、)ません。

ボーリンフタマタ ダージリン
画像:ボーリンフタマタ ダージリン

ボーリンフタマタ ダージリン
画像:ボーリンフタマタ ダージリン
スポンサーサイト

ボーリン!気になるボトル

ドクダミ(毒溜)
画像:ドクダミ(毒溜)

ドクダミ(毒溜)
画像:ドクダミ

ご覧頂きありがとうございます(^^)

画像は、ドクダミ(毒溜)ですね。
空き地や草むらなどの日陰を好む花です。
花に近寄ると独特の強い臭気がして来ますので、好き嫌いがあるかも知れません。
ドクダミの葉を乾燥させたドクダミ茶はよく知られています。古くから漢方薬として使われていて、別名をジュウヤク(十薬)とも言うそうです。

さて、先週末はひでのぱぱさんが会社の研修で神奈川へ行くよと・・・連絡を頂いておりました。
出張の多いひでのぱぱさんですが、研修も関東まで来られるのは大変だなと思います(^^♪
研修終了日の夕方、川崎で待ち合わせることに。
事前にefdenさんも来られると聞いていましたので、お会い出来る嬉しさもあり楽しみにしていました。

さっそく待ち合わせの場所で皆さんと合流しオフ会の居酒屋へと・・・🍻です(^^)
ひでのぱぱさんとは一昨年の秋に会って以来でしたが、熱の入った飼育談義やefdenさんの飼育経験豊富な話で、宴も盛り上がり楽しいひと時を過ごさせて頂きました。
ひでのぱぱさんから、拘りの血統幼虫まで頂きました(礼)
ひでのぱぱさん、efdenさん、また飲みましょう♪

オフ会 能勢YG血統 幼虫 能勢YG血統 幼虫
画像:オフ会&お土産

さてさて、飼育室のボトルで一つ気になるボーリンの幼虫がいます。
このボーリンは2014年11月にdaichanさん から譲って頂いた幼虫です。
昨年は、飼育温度が低めだったことも原因だったのか、羽化はせず2年目に入っていました。
ボーリンは2年1化が多いんでしょうか?他にも数頭います💦

マット交換も昨年11月を最後に放置 (´;ω;`)
ボトル壁面から蛹室らしき気配もなく、中の様子が見えません。
気になり出すと掘りたくなるのは病○でしょうか(笑)
さっそく、蓋を開けスプーンで丁寧にマットを堀り出していくと・・・

蛹室を破り空洞が現れました。
蛹室です!
しかし、幼虫の姿は見えません💦
う ~ 奥でセミ化しているのか?(-_-;)


ボーリンフタマタ幼虫(ボトル)
画像:ボーリンフタマタ幼虫(ボトル)
↓↓↓
ボーリンフタマタ幼虫(ボトル)
↓↓↓
ボーリンフタマタ幼虫(ボトル)
↓↓↓
ボーリンフタマタ幼虫(ボトル)


と・・・そのとき、お尻を振りながらが蛹室の奥から姿を見せてくれました。

「びっくり」したのと「安堵」が・・・


良かったです(^^♪



ボーリンフタマタ 蛹 ボーリンフタマタ 蛹
↓↓↓
ボーリンフタマタ 蛹
画像:ボーリンフタマタ 蛹

蛹化して2~3週間でしょうか?
無事に羽化すれば70mmUPぐらいでしょうか(^^♪

ひとまず、残っている蛹室の中へ戻して。。。無事羽化を(願)

ボーリン!産卵セットへ

アブラゼミの抜け殻
画像:アブラゼミの抜け殻

ご覧頂きありがとうございます(^^)

今朝はアブラゼミの抜け殻を見つけました。
この時期は暑さを増幅させるようにセミの合唱が鳴り響いている時期ですが。。。
ここ数日の冷え込み?肌寒い程の天候で、セミも影を潜めているのでしょうね。
天候が回復すると合唱も再開です。

先週は記事をさぼってしまいました (-_-)/~~~
お盆明けに下の子供二人がアレルギー負荷テストのため入退院を繰り返していました。
子供と言っても高校・大学ですが(笑)
二人ともアレルギーが強いため、アレルゲンとなる食品の摂取制限をしていまして・・・
今回は(も)卵、牛乳、小麦などを試すため夏休みを利用しての入院でした。

私はそのアッシーという訳で・・・🚘
結果は、全敗でした(~_~;) 
残念!
そろそろ抵抗力?がついても良いんですが・・・
また、冬休み挑戦です。

ボーリンフタマタ ダージリン
画像:ボーリンフタマタ ダージリン

さて、画像はボーリンフタマタです。
昨年孵化した幼虫の先行組が5月下旬から羽化していましたので7月後半からペアリングをしていました。
ちょっと小さいですが・・・(笑)
仮セットから10日程した8月16日に試し割りをしたんですが・・・
卵!?ちっちゃ\(◎o◎)/!
最近まで、ユダイクスの産卵・孵化に慣れていたこともあって、卵の小ささの感覚が戻っていませんでした(笑)
あ!!・・・
気が付かないまま何個か捨ててしまったかも知れません(。、)

そんな反省をしながらも7個の卵をGet!

ボーリンフタマタ 試し割り
画像:ボーリンフタマタ 試し割り

ボーリンフタマタ 試し割り
画像:ボーリンフタマタ 試し割り

ボーリンフタマタ 採卵
画像:ボーリンフタマタ 採卵

無事!有精卵らしき卵を確認しましたので、産卵セットを組むことに。。。

8月30日追伸
ボーリン3頭孵化していました(^^)
ボーリン 孵化


ボーリンの産卵セットは材の転がしで・・・という方が多いですね。
私はどうも転がしが苦手で、良い思い出かありません・・・(~_~;)
毎年産卵材を3/4程マットに埋め込んでしまいます。
セットして1週間程したら、齧り具合を確認して材をひっくり返す方法で2週間でセットして取り出します。
後はそれを繰り返して・・・


材は中ケースにVN・カワラ・コナラを1本づつ入れてみました。

さて。。。産んでくれよ(笑)


ボーリンフタマタ 産卵セット
画像:ボーリンフタマタ 産卵セット

ボーリンフタマタ 産卵セット
画像:ボーリンフタマタ 産卵セット

ボーリン 成長を楽しみに・・・

ボーリンフタマタクワガタ
画像:ボーリンフタマタクワガタ (種親)

ご覧頂きありがとうございます(^^)

今日は低気圧の影響で関東はお昼から風が強くなりました(><)
東北・北海道は暴風や吹雪になっているようですね・・・ (・・;) 
   ビューッ. 彡(-_-;)彡ヒューヒュー
大きな被害が出ないことを祈ってます。
しかし、こう寒くては暖房の効いた部屋に居ると外へ出るのが辛くなりますね。

さて、昨年9~10月に孵化したボーリンのマット交換をしました。
マットに投入してから4ケ月目に入り食痕もちらほらと見えていたので・・・
掘り出して見ることに ~ ~

1頭目  うっ!! 小さいな・・・

2頭目  やっぱ小さい・・・(。、)

・・・最後のボトルまで掘り出しましたが期待とは裏腹な結果でした(。、)


体重は4~7gと小さめだったのでがっかりです。
どうも期待が先行していました(><)
うん~
まあ~まだ4ケ月目だと納得して新しいマットへ・・・
でも、全頭無事だっただけ良しとしなければいけませんね。

昨シーズンのボーリンは相性が悪かったのか?
産卵セットを組んだ結果は・・・幼虫が数頭しか採れず大反省の年でした(泣)
そんな落ち込んでいる時、大ちゃんさんとご縁がありボーリンを譲って頂けました。
自己ブリの幼虫とは別に加えることが出来き大ちゃんさんには本当!感謝ですm(__)m

次回のマット交換は5月にしようと思います。
その時には\(^o^)/になるよう成長を楽しみにしたいです・・・

ボーリンフタマタ 北インド ダージリン産
画像:ボーリンフタマタ 北インド ダージリン産

ボーリンフタマタ 北インド ダージリン産
画像:ボーリンフタマタ 北インド ダージリン産

ボーリンフタマタ 北インド ダージリン産
画像:ボーリンフタマタ マット交換

ボーリン羽化

ボーリン 北インド ダージリン産
画像:ボーリン 北インド ダージリン産


MINAMIのさんプレ開催中です。


MINAMIさんプレ


ご覧頂きありがとうございます。

梅雨に入ってから長雨だったので久し振りに日差しを浴びました。庭の雑草も栄養補給をし一気に伸びたような気がします。早く刈り込まないと大変なことに・・・💦💦

さて、クワネタですが5月の後半からクワの羽化ラッシュが続いています。種を問わず安定する2~3週間は掘り出さないようしているのですが、つい気になって掘ってしまいます。(泣) ビョウキでしょうか・・・
掘ったなかで、能勢YGですが・・・80mmUP確定が3頭いました。\(^o^)/ 
今月末にも大型2頭が羽化予定なので待ち遠しいです。\(^-^  詳細は次回紹介しますね。・・・

そんな中、6月初旬にボーリンの♂が羽化して来ました。
フタマタクワガタの最高峰と言っても過言ではない程・・・魅力は何と言っても大顎根元にある独特の突起と、ワインレッドのボディーでしょうか!
まだまだ、希少性も高く飼育難易度の高いボーリンです。

このボーリン!ですが・・・YGを掘り出している勢いに任せて掘ってしまいました。
サイズは小さめで72~3mm程でしたが無事羽化が優先です。
この♂!!2012年12月の孵化なので18ケ月かかったことになるんですが・・・一般的な期間なのでしょうか?この兄弟は今年2月に羽化していたので後続組みになります。まぁ~18ケ月は長いですね・・・でもミヤマよりは短いですかね(笑)

幸い♀が5月中旬に羽化しているのでペアが組めます。
8月ごろには後食が始まりますのでペアリングが楽しみになりました。

ボーリン 北インド ダージリン産
画像:ボーリン 北インド ダージリン産
NEXT≫
Profile

もっち

Author:もっち
森の木陰のBlogへようこそ!
我が家の息子が子供の頃、喜ぶと思いオオクワを購入したのですが・・・
結果的に自分が“ハマ”った
管理人のもっちです。(笑)

生息地:神奈川
年代:子供の平均年齢19歳(若くはない)

Topix

クワカブ愛好者の最新情報を掲載しています(^^) ✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫



✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫

更新日:2015.10.18

Access
Search
Album
Recent posts
Recent comment
Category
Calendar
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


updated
Link

このブログをリンクに追加する

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。