FC2ブログ

ボーリン割出し!!

ハコベ(繁縷)
画像:ハコベ(繁縷)

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

画像の花は、ハコベ(繁縷)ですね。公園や道端などでよく見かけますが、ハコベは「ミドリハコベ」と「コハコベ」はよく似ていて、この2種をあわせてハコベと呼ぶそうです。
花は4~6mmと小さく10枚に見える花びらは、実際5枚で深く2裂するのが特徴です。
両種を見分ける方法は、雄しべの数で5~10本あるのがミドリハコベで、茎が赤紫で雄しべが1~7本あるのがコハコベと言うことですが、皆さんの近くに生えているのはどちらでしょうかね・・・(^^♪  

さて、今年も残すところ2日となりました。年末の仕事は先週27日の仕事納で片付け早々帰宅すると、家内から「洗濯機」から水が漏れていると・・・
翌朝、洗濯機の排水口を確認しても詰まっている様子はない? そこで洗濯機を横にして下から覗こうと斜めにしたところ、大量の水が床にこぼれてきました\(◎o◎)/!原因は庫内の目詰まりか?
修理依頼も考えましたが、購入してから13~4年は経っているので・・・そのまま量販店へ・・・🚘

水浸しなったパントリールーム(いやいや廊下です💦)は、午後から年末の大掃除を兼ねて、と脱衣場を含めてフローリングの掃除をすることに💦💦
翌日に洗濯機が届く前に掃除をとやったのは良んですが・・・お陰で、膝や腰が筋肉痛に。。。(-_-;)

PS! この掃除をきっかけに床全部のワックス掛けをやる羽目に・・・(笑)

ボーリンフタマタクワガタ 初2幼虫
画像:ボーリンフタマタクワガタ 2幼虫

さて、画像の幼虫はボーリンフタマタの幼虫です^_^;
今夏にフタマタとシカ系の7種の産卵セットを組み、6種はそこそこ採れていました。
7種目のボーリンも他の種同様にペアリングを確認した後、コバシャ(小)で5セットを組んでいました。

当然♀は5頭(笑)

そして、10月がら順次割り出しを始めたのですが・・・

1セット目・・・ボーズ /(-_-)\ ウ~ン…

2セット目・・・ボーズ /(-_-)\ ウ~ン…

3セット目・・・ボーズ /(-_-)\ ウ~ン…

4セット目・・・ボーズ /(-_-)\ ウ~ン…


齧っている痕はあるんですが・・・空砲なのか?種が無いのか?

ボーリン割出し ボーリン割出し
画像:ボーリン割出し

材を割っても幼虫の姿は見えず・・・(-_-;)

ボーリン割出し
画像:ボーリン割出し


しかし、参りました💦一番採りたかったボーリンなのに・・・💦


11月17日、最後の5セット目
ここまでボーズが続くと、自棄のやん八!ボーズ覚悟で割ってみることに。
すると・・・1頭出てきました \(^o^)/
孵化間もない極小の幼虫でした・・・余りにも小さく、どこまで育つのか?
不安が先に立ちましたが取りあえず保管することに。

5セット組んで幼虫1頭とは。。。とほほ💦
※写真を撮るのも忘れて・・・(笑)

 (ー'`ー;)サテサテ・・・・

割出しから40日余り経過・・・
そして、今日プリンカップに入れていた幼虫を確認して見ると!

お!~ 無事に育ってくれています(^^♪

来年秋には♀5頭分のサイズになって羽化してくれればOKとしましょう(笑)

ボーリンフタマタクワガタ 2幼虫 ボーリンフタマタクワガタ 2幼虫
画像:ボーリンフタマタクワガタ 2幼虫

2019年 当blogにご訪問、多くの皆さまからコメントをいただきありがとうございました。
是非、良い年をお迎えください(^^♪

亜種バミノルム マット交換

アメリカイヌホオズキ (亜米利加犬酸漿)
画像:アメリカイヌホオズキ (亜米利加犬酸漿)

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

画像の花は、アメリカ原産の帰化植物で、アメリカイヌホオズキ (亜米利加犬酸漿)ですね。
道端や草地に生えているのをよく見かけます。
在来種のイヌホオズキと見た目は同じように見えるのですが、花の付き方に違いがあり、イヌホオズキは花茎からずれて咲きますが、アメリカホオズキは花茎から房のように咲く特長あります。他にも花の切り込み方や、花後の黒くなる果実の光沢などで見分けることができます(^^♪

12月も残すところ10日となりましたが、昨日もお天気に恵まれ暖かかったですね。
来週はもうクリスマスですが、この時期になるとクリスマス寒波のニュースを聞くことが多いのですが、今年は聞きませんね。
週間予報を見ても、天候は良さそうなので、暖かい年末になるんでしょうかね?

亜種バミノル スバンシリ産 ラベル
画像:亜種バミノル スバンシリ産 ラベル

さて、今日はボーリン亜種バミノルムのマット交換をしました。
このバミノルムは、お世話になっているにゃんぽんさんから6月に初2令を4頭を譲ってもらい飼育しているものです。

バミノルムの飼育は初めてなので、成虫の画像は残念ながらありません💦
成虫画像は他のサイトで見ていても、なかなか魅力的な亜種だと思います。
原名に比べ直線的な大顎と大顎基部と内歯にある突起が特徴なので、早く原名と比較して見たいものです♪

前回マット交換をして3ケ月目に入っているので、そろそろ交換しなければと思いながらも、ちょっと躊躇もり・・・
理由は♀が早ければ蛹室を作り始めていてもおかしくない時期なので、交換は要注意です。
さっそく、セラーからボトルを取り出し、ボトル越しに蛹室の有無を確認するも見えず💦

マットの掘出しに注意しながら、スプーンを突っ込み・・・(笑)

ちょっとやばそうなボトルもありましたが、4頭とも掘り出して交換を済ませました^_^;
交換時に体重を計測したところ、♂の最大は19gあったので、これは期待できそうですね♪
♀は7gで1頭?かなと・・・ちょっと小っちゃいな・・・(笑)


無事!羽化を願うばかりです。。。(^_^;) 


亜種バミノル スバンシリ産 亜種バミノル スバンシリ産
画像:亜種バミノル スバンシリ産

ボーリン 羽化!

キランソウ(紫藍草、地獄の釜の蓋)
画像:キランソウ(紫藍草、地獄の釜の蓋)

キランソウ(紫藍草、地獄の釜の蓋)

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

かっつさんが、春のプレ企画を告知ρ( ^o^)b_~♪♪ 

画像はキランソウ(紫藍草・地獄の釜の蓋)ですね。
紫藍草は、葉が地べたを這い円を描くように広がりながら小さな紫の花を咲かせていきます。(上から見ると蓋に見える?)
別名を地獄の釜の蓋(ジゴクノカマノフタ)、オドゲソウ、チチグサ、イシャコロシなどと言われているようです。
「イシャコロシ」とあるように、紫藍草は万病の薬草として用いられ、病人を助けて地獄へ行くのを防いでくれるとか?諸説あるようですが・・・ ^_^;
それが転じて?地獄の釜の蓋とも言われ、春の彼岸の地獄の釜の蓋が開く頃に咲くと言われ、病人が地獄へ行かないよう地面に蓋をするように咲いているから・・・とか♪


ボーリンフタマタ 羽化
画像:ボーリンフタマタ 羽化

今日は生憎の雨になってしまい肌寒さを感じますね。
テレビでは天皇陛下退位のニュースが・・・明日から元号が「令和」にρ( ^o^)b_~

さて、先週末(27日)の話ですが、長いこと幼虫をしていましたボーリンの♂がようやく羽化してくれました\(^o^)/
前日の夜に蛹室の上部の穴から覗いていたところ、羽化の兆候が見えていました。(顎の色が濃くなっただけですけど・・・💦
少し気になるのが、蛹室の大きさなんです、あぁ~写真撮り忘れましたね、すみません💦

どう見ても小さく狭い、大丈夫だろうか?蛹くんにとっては大きなお世話かも知れません
結局、心配の余り人口蛹室へ移しました。
めったに人口蛹室は使わないんですけどね・・・今回は安全を願って(笑)

気になり夜中に何度か様子を見るものの動きはないまま・・・・・・(゚_゚i)💦💦・・・ 

早朝、飼育室へ直行しボーリンを見ると。。。昨夜のまま変化無し・・・(゚_゚i)??・・・
う!このまま羽化不全なんてことも💦 何となく動きも悪いし・・・(-_-;)

・・・

結果、心配をよそに夕方!無事に羽化してくれました\(^o^)/

・・・写真 撮るの忘れた(笑)


ボーリンフタマタ 羽化
画像:ボーリンフタマタ 羽化 羽化3日目

φ(..)メモ・・・
ボーリンフタマタクワガタ
Hexarthrius bouwringi
北インド ウエストベンガル州 ダージリン 
2018.3.2割出し

他のボーリンも蛹化しているので羽化ズレの心配はなさそうです(^^♪

ボーリンフタマタ 蛹化 ボーリンフタマタ 蛹化
画像:ボーリンフタマタ 蛹化

早く!羽化してくれ~(^^♪

ボーリン 800CCボトルへ

ハナウメ(花梅)
画像:ハナウメ(花梅)

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

画像はハナウメ(花梅)です、梅が咲き始めました。
暦のうえでは大寒期間も今日まで、梅は寒さの厳しいこの時期に休眠から目覚め、日中の暖かい日差しを浴びながら開花すると言われています(^^♪
自宅近くの公園では、小さな蕾が膨らみ始めています。

花壇作り(^^♪

先週は、新潟へ出張でした。上越新幹線で湯沢を越えると行き成り深い雪が出迎えてくれました。長いトンネルを幾つも抜け市内へ入ってくると雪はまばらになり、予定通り目的地へ。出張先での会議も終わるころ外は大雨!ただでさえ寒いなか追い打ちをかけるかのように冷たい雨・・・やっぱり新潟も寒かったです(笑)

エチゴビール

昨日は、天気も良かったので庭いじりを兼ねて花壇を作ってみました。
庭には、この季節に咲く花も少なく、常緑系の木が無造作に家の周囲を囲むように植えてあるだけ!!唯一玄関廻りに寄せ植えと数個の鉢が・・・殺風景な庭です。

そこで、芝を植えている玄関横のスペースを花壇に変えようと思い立ったんです(笑)
時間があればレンガを2~3段積んでもと思いましたが、面倒なので土を花壇用に入れ替える程度で済ませようと・・・
土留めは、レンガの代わりに実家にある丸石や火山岩を拝借すれば済むなと思い、早々ホームセンターへ

ホームセンターで、花壇に入れ替える土を購入、帰りに実家へ立ち寄り石をチョイス!
自宅へ戻り、作業は昼食を挟んで5時間程かかりましたが無事完成(^^♪
先ず先ずの出来栄えに自己満足(笑)・・・さあ~何を植えようかな(^^)/

土 丸石 火山岩 肥料
画像:材料 腐葉土・赤玉、丸石、火山岩、肥料

花壇作り 花壇作り 花壇作り 花壇作り
画像:芝剥がし→土出し→花壇用土→土留め

花壇作りも一段落したところで飼育室に入り、昨年12月に割り出したボーリンを800ボトルへ入れ替えました。
このボーリンは産卵セットから2ケ月で割り出したため、孵化後間もなかったこともあり、無添加微粒子マットで仮置きしていたものです。
冬に孵化した幼虫は成長がゆっくりで、期待するほど体重が乗ってきません💦
800CCボトルへ移す際、いつもなら体重計(スケール)を横に置き一頭づつ量るのですが、小さ過ぎて量る気になりせん(笑)
まあ~時間かけてゆっくり育ってもらえれば・・・(^^♪

ボーリンフタマタクワガタ
画像:ボーリンフタマタクワガタ

ボーリンフタマタクワガタ 幼虫 ボーリンフタマタクワガタ 幼虫
画像:ボーリンフタマタクワガタ 幼虫

まだまだ続く出張(-_-;) 明日は仙台へ

ボーリン割出し!鬼門種が・・・

イシミカワ(石実皮)
画像:イシミカワ(石実皮)

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

画像はイシミカワ(石実皮)の果実です。
花は緑色で少し開くだけで、遠目には気付きにくい花ですが・・・
開花後は、顎に包まれたブドウの房のような実を付け、薄緑色~ピンク~赤紫~藍色と色が変化しながら最後は鮮やかな紫色になります。
托葉が茎を囲むように丸くなり、果実を受けとめている様がユニークですね(^^♪


ボーリンフタマタクワガタ ダージリン
画像:ボーリンフタマタクワガタ ダージリン

今週は3連休の予定だったんですが、会社である業務の遅れが生じ、部署総出で休日出勤し2日間を費やしてしまいました(-_-;)
お陰で休日は今日の1日となり、予定していた野暮用とクワ作業を1日で・・・💦
その気になればできるもんだと(笑)

クワ作業は、キヨタミ2セットとボーリン1セットの割出しに絞り込み、その他の作業は割愛!
最初の割り出しはキヨタミ2セットを割出しましたが、結果は初2令14頭と少な目(-_-;)
でも前回の割出しで18頭採れていたので、合計32頭に。。。

続いて、気を取り戻しボーリンを割出しました。
私はボーリンとの相性が悪く、これまでも1回の割出しで二桁採れたことがなく気門種とも・・・
種親にした♀はにゃんぽんさんから譲っていただいた幼虫が夏に羽化していたのですが、♂が羽化せずペアリングに間に合わないため、他で調達!10月初旬からセットを組んでいたものです。

これまで鬼門種に使う産卵材も、VN、カワラ、コナラといろいろと試してきましたが、結果は先ほどの通り(涙)
そこで今回は、植菌カワラ材を使うことにしました。コバシャ(小)に植菌カワラ材とコナラの2本で・・・
10月に2週間組んだ後、♀を抜く際に材を確認するとそこそこ産卵痕が・・・少し期待もして保管。

そして今日割出して見ると、こぼれ落ちるように幼虫が出てきました\(^o^)/
植菌カワラ材とコナラの双方から幼虫が・・・
モヤモヤ感が取れた感じです(^^♪

ボーリンフタマタ 割出し
画像:ボーリンフタマタ 割出し

ボーリンフタマタ 割出し ボーリンフタマタ 割出し
画像:ボーリンフタマタ 割出し

最後におまけが・・・(笑)

割出しの最後はいつもマットを篩にかけて、古マットとして保管しているのですが・・・
篩に残った荒めのマットを確認しているとラッキーなことに幼虫を発見(^^♪
おぉ~1頭プラス
1頭でも「おまけ」として増えると嬉しいものです(笑)

結果は幼虫14頭と・・・(^^)/


ボーリンフタマタ 割出し ボーリンフタマタ 割出し
画像:ボーリンフタマタ 割出し

NEXT≫
Profile

もっち

Author:もっち
森の木陰のBlogへようこそ!
我が家の息子が子供の頃、喜ぶと思いオオクワを購入したのですが・・・
結果的に自分が“ハマ”った
管理人のもっちです。(笑)

生息地:神奈川県
年代:末娘は21歳(もう若くはない)

Topix

クワカブ愛好者の最新情報を掲載しています(^^) ✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫



✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫

更新日:2019.1.1

Access
ブログ村クワガタ部門
Search
Album
Recent posts
Recent comment
Category
Calendar
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


RSS

Link

このブログをリンクに追加する

mail

名前:
メール:
件名:
本文: