FC2ブログ

ディティエールシカ割出し💦

ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)で
画像:ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

画像はヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)ですね、
真夏をのぞいて春から初冬の頃まで、花序を多数付け一つひとつは直径1~2mm程のピンク色の花を次から次へと長期間に渡り咲かせてくれます。画像はまだ2~3輪ですけど・・・♪
耐寒性があって繁殖力が非常に強く、茎の節の部分が地面に接するとそこから根を下して地べたを這うように広がります。
庭のアプローチなどに良いですね(^^♪

ディティエールシカクワガタ キャメロンハイランド
画像:ディティエールシカクワガタ キャメロンハイランド

さて、今日はディティエールシカの割出しをしてみました。
種親は今年5月中旬にサイズもそこそこで羽化した♂と同腹の♀2頭を使い7月後半からペアリングへ♪
♂♀同居中は、暇があれば様子を見ていたのですが、なかなか交尾の確認ができず・・・
仕方ないので、それぞれ1週間づつ同居させ、交尾していることを信じて産卵セットに♀を投入していました。

そして、♀を産卵セットから外しておよそ1ケ月幼虫が居ることを願って・・・・

ディティエールシカ 割出し
画像:ディティエールシカ 割出し

さっそく、材を手に取り割って見ると・・・

目を疑いました\(◎o◎)/!ちょっと“グロ”かったですね💦

うん~ゴミムシダマシにでもやられたか? ゴミムシダマシって肉食だっけ(笑)
かなり成長してから★になったようにも思えますけど・・・? 割出し後怪しい虫は居ませんでした😌と

ちょっとショックですね。

ディティエールシカ 割出し
画像:ディティエールシカ 割出し

気を取り戻して割出し続行!!!

しかし、採れたのは何と3頭のみ^_^;

ディティエールシカ 割出し ディティエールシカ 割出し ディティエールシカ 割出し
画像:ディティエールシカ 割出し



再度!気合を入れ直して2セット目へ・・・



ディティエールシカ 割出し ディティエールシカ 割出し
画像:ディティエールシカ 割出し

しかし・・・
意気込んで割り始めたものの・・・
材は手で二つに割れましたが、材の状態は最悪(ふにゃふにゃ) 
こんな材に卵を産み付けたくもないなと・・・(涙 
加水のし過ぎが原因か・・・と反省^_^; それとも未交尾?

ということで、2本目の材はゼロでした💦

結果、今日の割出しは2セット(♀2頭)で、幼虫3頭のGet♪ 


爆産の後はこんなもんですね^_^;


ディティ羽化(^^♪

ミヤコグサ(都草)
画像:ミヤコグサ(都草)

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

画像はミヤコグサ(都草)ですね。
道端、野原、海岸などで自生している野草ですが、京都によく見られることから「都草」と名付けられたそうです(^^♪
茎は地を這って広がり、春から秋までの長い期間、黄色い可愛い花を咲かせてくれます。
別名:エボシグサ(烏帽子草)

やんちゃなディディが目覚めました(^^♪

かっつさんのプレ企画も盛大の内に終了しました♪
私が協賛していましたオーベルチュールシカも白三さんが見事!当選され本日お送りしました。
喜んで頂けると嬉しいですね(^^♪

さて、期待していたディディエールシカが漸く羽化してくれました(^^♪
最終体重は14g、13gの2頭でしたが・・・
目標の70UPには届きませんでしたが、このやんちゃな元気を見ると許せますね♪


ディティエールシカクワガタ
画像:ディティエールシカクワガタ


威嚇はいっちょ前ですね(笑)


ディティエールシカクワガタ
画像:ディティエールシカクワガタ


ディティエールシカクワガタ


兄弟初対面!


ディティエールシカクワガタ
画像:ディティエールシカクワガタ


小さくてもシカだぞ!!・・・(笑)


<φ(..)メモ>
ディティエールシカクワガタ
マレー半島 キャメロンハイランド産
Rhaetulus didieri  
2019.5.5/5.15羽化 CBF1 共に65mm


ディディエールシカ マット交換

キバナセツブンソウ(黄花節分草)
画像:キバナセツブンソウ(黄花節分草)

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

画像はキバナセツブンソウ(黄花節分草)です。
春を告げる代表的な花に、スイセン、フクジュソウ、フキノトウ頭は有名ですが・・・
キバナセツブンソウもその一つでしょうか? 春の気配を感じたのか、小さな芽を出し綺麗な花を咲かせてくれました。
因みに、黄色く花びらに見えるのは萼が花びら状に発達したもので、「花びら」は退化して蜜線のみになっているようです♪

ひな祭り
画像:ひな祭り

今日は、生憎の雨にですね。都内では東京マラソンが開催され、都庁がスタート地点で38,000人が東京を駆け抜けています。選手の○○頑張れ~~\(´μ`。)/~~ガンバレ
一方、我が家はひな人形を飾り、娘の成長を喜び🍶で祝ったりと(笑)、いつまで飾るんだ💦

さて、昨日はディディエールシカのマット交換しました。マット組みは8頭で800ccボトルに投入しています。
割出しは、昨年8月、11月に菌糸組みと併せてマット交換をしていましたので、今回は2回目の交換です。
時期的にはそろそろ前蛹期に入りそうなので、交換には注意が・・・

1本ゞ、ボトル側面から中の様子を覗き込むように確かめ、慎重にスプーンでマットをかき出しながら幼虫を取り出します。
おっと!♀の1頭が前蛹初期💦 蛹室の上部を開けたまま保管です。
結果は、♂2頭♀6頭でしょうか?(同定は頭の大きさと体重💦)♀と思える幼虫で卵巣が確認できたのは1頭のみ(笑)

ディディエールシカマット交換
画像:ディディエールシカ  マット交換

ディディエールは小さいイメージがありましたが、♂の体重を見て\(◎o◎)/!


ディディエールシカ 体重測定 ディディエールシカ 体重測定
画像:ディディエールシカ 体重測定

60mm後半が出てもおかしくないサイズですね(^^♪ これは期待持てますね。

ディディエールシカ 体重測定 ディディエールシカ 体重測定
画像:ディディエールシカ 体重測定

さて、そろそろ温度を上げていこう思います(^^♪
設定温度18~20℃ → 22~24℃

ディディエール 菌糸との相性?

ネメシア・メロウ
画像:ネメシア・メロウ

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

画像はゴマノハグサ科のネメシア・メロウです。
花弁の形も個性的で可愛らしく、花の香りも良く玄関の寄せ植えや花壇には人気のある花ですね。
四季咲き多年草の花なので、真夏、真冬を除き花を楽しませてくれます(^^♪
同じコマノハグサ科の金魚草に似ているような。。。

飼育棚
画像:飼育棚

さて、飼育棚のプリンカップは、10月初めにカワラ菌糸へ投入したディディエールシカの幼虫です。
今シーズン、ディディールシカが思っていたより採れたので、マット飼育と比較できればと思い6頭ほど投入して見ました。
投入から2ケ月が経過しようとしていますが・・・
食痕の一部は出てきていいるものの、他はマットの劣化で茶褐色になっている状態(-_-;)。

菌床の劣化や幼虫が気になるので取り出して見ることに・・・
容器はプリンカップなので、底から押し出せばズルッと出るので楽なもんです(笑)
取り出した菌床は食痕のところへ親指を入れ広げるように開くと簡単に割れます。

割ってみると・・・

ディディは、オオクワガタのようにボトル側面の菌糸(不朽材)を食べ進むようではない感じです。
画像の通り、6頭の内4頭は居食い状態で、菌床中心部に止まって成長していました。
ディディは、自分が排泄した糞を反芻し、バクテリアなど共生菌を繁殖させながら餌にしているんでしょうね?
そう考えると、菌糸で飼育した場合、ヨーロッパ系ミヤマのようにある程度不朽が進んだ菌床を好むのか?
それは根食いですか?居食いとはまた違うんでしょうね(-_-;) 解らなくなってきたので、この問題はまた考えるとして・・・

取りあえず6頭は新しいカワラ菌糸ボトルへ投入 菌糸との相性は良さそうな感じです(^^♪

ディディエールシカクワガタ 幼虫 ディディエールシカクワガタ 幼虫
画像:ディディエールシカクワガタ 幼虫

幼虫体重 2018年9月初旬割出し 画像上段 左2g 右3g 画像下段5g

ディディエールシカクワガタ 幼虫
画像:ディディエールシカクワガタ 幼虫

ディディエールシカ 割出し

マルバルコウソウ(丸葉縷紅草)
画像:マルバルコウソウ(丸葉縷紅草)

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

画像はマルバルコウソウ(丸葉縷紅草)ですね。
花は五角形のラッパ型で朱赤色の花を次々と咲かせます。
マルバルコウソウは、ヒルガオ科で朝顔と同じ仲間になり、蔓が他の植物に絡んで伸びて行き、花が終わった後は朝顔と同じような種を作ります。
葉は花名の由来にもなっているように丸みを帯び大きくハート型になっているのが特徴ですね。

Beetle on
画像:Beetle on スタンプカード

先週の日曜日の話ですが、大田区にあるBeetle onさんへ行ってきました。
ユダイクスの幼虫をプリンカップからボトルに移し変えようとマット詰めを始めていたのですが、マットが不足しそうになりケチりながら詰めていたのですが、やはり足りず・・・普段はネットで注文しストックして置くのですが(-_-;)

そこでマットを買に行こうと思い・・・さて、どこへ行こうか?・・・近くにはペットエコさんがあるんですが、ちょっとお高めなので、以前から一度訪問したかったBeetle onさんに行ってみようと、早速🚘で出発 道路も空いていたので30分ほどで着きました。

お店に入ると3~4人のお客様が生体を興味深く見ていました。
店内は、生体や飼育用品が豊富に陳列され、奥には貸し棚スペースもあって居心地の良いお店に感じました、
私は、お目当てのマットの在庫があることを確認し、菌糸ブロックも少し欲しかったので物色しながらマットと併せて商品をレジへ持って行くと「お髭」のオーナーさんが対応してくれ、少し話をしながらスタンプカードをいただきお店後にしました。

帰宅後、ユダイクスの移し変えも早々終わり、飼育室の棚を確認していると保管中のディディエールシカの産卵ケースが目に入りました。このセットは6月初旬にペアリングさせ7月初めに♀を外して保管していたケースです。
途中8月初めに割ってみたところ、孵化したての幼虫10頭ほどを割出したのですが、まだ卵もあったので割出しを途中で止め保管していました。

さっそく割出してみると成長した幼虫が出てきました\(^o^)/
8月の割り出しと合わせて20頭と卵5をGet♪
ユダイクスのようにセットから1~2週間毎に卵で割り出すことに慣れていると、小型種の割出しに3ケ月前後のセット期間は長いな~と感じますね(笑)


ディディエールシカクワガタ マレーキャメロンハイランド産
画像:ディディエールシカクワガタ マレーキャメロンハイランド産

ディディエールシカクワガタ 割出し ディディエールシカクワガタ 割出し
画像:ディディエールシカクワガタ 割出し

Profile

もっち

Author:もっち
森の木陰のBlogへようこそ!
我が家の息子が子供の頃、喜ぶと思いオオクワを購入したのですが・・・
結果的に自分が“ハマ”った
管理人のもっちです。(笑)

生息地:神奈川県
年代:末娘は21歳(もう若くはない)

Topix

クワカブ愛好者の最新情報を掲載しています(^^) ✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫



✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫

更新日:2019.1.1

Access
ブログ村クワガタ部門
Search
Album
Recent posts
Recent comment
Category
Calendar
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


RSS

Link

このブログをリンクに追加する

mail

名前:
メール:
件名:
本文: