FC2ブログ

アマミマルバネ 4年目突入?

カラスウリ(烏瓜)
画像:カラスウリ(烏瓜)"

ご覧頂きありがとうございます(^^)

画像はカラスウリ(烏瓜)の花ですね。
繊細な糸のような花弁が絡み合って妖しくも美しい花を咲かせます。花は夕方から咲き始め、翌朝には萎んでしまう一夜花で、夜行性の蛾などを引き寄せ受粉するようです。
暗闇に咲く姿を見るとぞくっとしますね(笑)

お盆休暇も最終日となりました(^^♪ 明日から土日でまた連休(笑)
連休は何処へ行く訳でもなく飼育室を出たり入ったりと・・・普段できない片づけをして過ごしています。
クワガタたちの産卵ピークも終わったので、コバシャ小・中を棚の上に積み上げたりと・・・
大分!片付けが進みました(^^♪
これからは、割出した幼虫たちが成長していくので、セラーのスペースが足りなくなりそうな(笑)

片付けも一段落したので、飼育室内をちょっとだけご紹介(笑)飼育室
画像:飼育室

ワインセラー&自作冷温庫内の様子
ワインセラー クワガタ 飼育室
画像:ワインセラー&自作冷温庫

飼育室の必需品(^^♪
クワガタ 飼育室 クワガタ 飼育室 クワガタ 飼育室 クワガタ 飼育室
画像:左から水洗いシンク、ボトルストック箱、人間用冷蔵庫、ファンヒーター


飼育棚を整理している時、自作冷温庫の上段に1400CCボトルが・・・👀に入っていました。・・・
様子を見なければと思いつつ↓↓↓
忘れていた訳ではないんですが、世話要らずで殆ど放置です(笑)

ラベルを改めて見ると2015年12月羽化と・・・💦
そう!アマミマルバネです (^_^アママルダ)

アマミマルバネ 飼育ラベル
画像:飼育ラベル

アマミマルバネは私のいい加減な記憶だと、多くは2年1化と認識しているのですが、割出しは2015年12月!
昨年は羽化せず、来年は羽化するだろうと放置していました。
アマミマルバネは産卵期が秋のホンの一時なのでタイミングを逃すと累代が難しい種です。

10本あるボトル あれ1本足りないか? まぁ~いいやと思いながら、1本づつボトルを確認!
見ているとどうも様子が可笑しい(笑)蛹になっている筈のボトルから幼虫の顔が覗き込めます。
2本、3本目と確認していくも皆幼虫の顔が・・・繭玉を作っている痕跡がありません💦

アマミマルバネ 幼虫ボトル
画像:飼育ボトルから見た幼虫

ボトル9本を見た限りでは1本だけ繭玉を作っているだろうボトルが確認できましたが、残りは幼虫の姿が・・・
マットも減ってきているので、恐る恐るマットをスプーンでかき出しながら、幼虫を確認!繭玉を作ろうという気配は一切無し💦
1頭を覗き皆幼虫でした(-_-;)

ここは、開き直ってマットを補充し、来春スイッチが入るのを気長に待つことに。。。。


アマミマルバネ 幼虫 アマミマルバネ 幼虫
画像:アマミマルバネ 幼虫

アマミマルバネ 幼虫 アマミマルバネ 幼虫
画像:アマミマルバネ 幼虫

で・・・1本だけ大きな繭玉を取り出せました\(^o^)/
羽化ズレどころかい1頭では話になりませんね💦

アマミマルバネ 繭玉
画像:アマミマルバネ 繭玉

無事!羽化することを期待してもう少し保管して見ます。

   ♂かな?♀かな? (-_-;)



アマミマルバネ マット補充
画像:アマミマルバネ マット補充

羽化は来年?!
ユダイクスミヤマでも4年はないぞ!簡便してほしい (@_@)


アマミマルバネ マット補充💦

桃の花
画像:桃の花

ひな祭り
画像:ひな祭り

ご覧いただきありがとうございます(^^)

画像は桃の花ですね^^家内がひな飾り用に買ってきた花です。
今週末は桃の節句「ひな祭り」ですね^^
初節句から20年!娘は学生生活を謳歌していますが、何時まで飾れば良いのか? と、
サイトで情報を見ると結婚するまで飾れるようなので・・・
我が家も嫁にいけるまでは飾ることにします(笑)

さて、今日は殆ど放置状態になっているアマミマルバネ幼虫のマット補充をしました。
10頭ほどいるアママルですが2~3ケ月毎にマットを補充するようにしていましたが、今シーズンは秋に手を抜いてしまいマットの状態が悪く、体重が乗っていません。

掘り出して様子を見たかったのですが、ストレスを与えてしまうので補充に留めました。
順調にいけば春先には繭玉を作り始めるのですが・・・・

この状態ではちょっと心配です・・・(゚_゚i)💦💦・・・ 


アマミマルバネ(徳之島天城岳山くびり線産)
画像:アマミマルバネ(徳之島天城岳山くびり線産)

アマミマルバネ羽化!

カラスウリ(烏瓜)
画像:カラスウリ(烏瓜)"

カラスウリ(烏瓜) カラスウリ(烏瓜)
画像:カラスウリ(烏瓜)

ご覧頂きありがとうございます(^^)

画像はカラスウリ(烏瓜)の花?だと思います。
実を付けているところを見たことがありませんので、もし間違っていたらお教えください。
まぁ~カラスウリの仲間ですが・・・
花は、繊細な糸のような花弁が絡み合って咲き、夜行性の虫を引き寄せます。
写真は夜21時頃撮影したもので、朝方には萎んでしまう一夜花ですが、暗闇に咲く姿は神秘的ですね。

関東地方の天気は前線の影響で雨や曇りの日が続いています。
お陰で気温が低くて助かりますが(笑)西日本は、梅雨が開け暑そうです💦
最近は、仕事が忙しく記事の更新ができないでいましたがようやく時間が取れました・・・

さて、繭玉の状態で放置していました住用町産のアマミマルバネが、繭玉を割り出しその容姿を見せてくれました。
1頭目は♀でした(^^)
春先に繭玉を割りたい欲求に駆られていましたが、忙しさを理由に放置しておいて良かったです。
成虫は寿命が短く、ここ1ケ月目当たりが勝負なんですが。。。
他の繭玉から♂が出てくることを待ちたいと思います(^^)

アマミマルバネ羽化 アマミマルバネ羽化
画像:アマミマルバネ羽化

アマミマルバネ羽化
画像:アマミマルバネ羽化

アマミマルバネ!割出し

アカツメクサ
画像:アカツメクサ

ご覧頂きありがとうございます(^^)

花はアカツメクサ(赤詰草)ですね♪・・・ムラサキツメグサとも?うん逆なか(笑)
散歩中の草むらの中にひっそりと咲いていました。開花は5月~10月頃が見ごろのようですが、真冬でも咲いている時があります。
名前の由来は、ヨーロッパなどでガラス製品を箱に入れる時に乾燥させたアカツメクサを詰め物として使っていたとから「詰草」と呼ばれるようになったとか。


さて、昨日は・・・
アマミマルバネの割出しを・・・


アマミマルバネ徳之島天城岳山くびり線産
画像:アマミマルバネ徳之島天城岳山くびり線産(2015.9撮影)

9月初旬にハンドペアリングで交尾を確認して産卵セットを組んでいたアマミマルバネです。
産卵セットは1♀で2週間を1回として2回組んでいました。
セットを解除して2ケ月後の11月!産卵セットが気になり試し割りをしました。
結果、試し割りでは2頭の幼虫を確認しましたので、そのまま放置・・・。
そして昨日、放置から3ケ月!アマミマルバネを割出してみました

1セット目割出し

アマミマルバネ割出し アマミマルバネ 産卵セット
画像:アマミマルバネ産卵セット

前回、試し割りをした左上のマットから解してみました。
マット中から幼虫3頭を発見(^^)
さい先の良いスタートです。
しかし、崩していないマットの底面を見て下さい。

幼虫や食痕が見られませんね (~_~;) ↓↓↓

居ないのか?(~_~;) 焦りますね💦


アマミマルバネ割出しアマミマルバネ割出し アマミマルバネ割出し
画像:アマミマルバネ割出し

焦る気持ちを抑えて・・・
マットを2つに割ってみたところ・・・幼虫を発見 \(^o^)/
マットを解しながら割出しを続行・・・

アマミマルバネ割出し
画像:

結果1セット目は1頭潰してしまいましたが17頭をget(^^)

そして2セット目割出しへ

アマミマルバネ割出し アマミマルバネ 産卵セット
画像:アマミマルバネ幼虫

アマミマルバネ割出し アマミマルバネ割出し アマミマルバネ割出し
画像:アマミマルバネ割出し

結果2セット目は8頭をgetして・・・合計25頭をget(^^)


アマミマルバネ割出し
画像:アマミマルバネ幼虫

専用マット投入!

マルバネ用のマットを取出し2種類をブレンド
500CCのクリアボトルに産卵セットで使ったマットを1cm程入れた後ブレンドしておいたマットを投入!
堅詰めはせずプリンカップの底面を使って軽くたたく程度に。

途中容器が不足したため430CCのプリンカップを足して25個に・・・💦

マルバネ用マット アマミマルバネ ボトル投入 アマミマルバネ ボトル投入
画像:マットのブレンドとマット詰め作業

初めての割出しとしては手ごたえがありました。
マルバネの幼虫飼育は余り手間が掛らないと言われてますが・・・
3令になるまで気が抜けませんね(^^)


アマミマルバネ割出し
画像:アマミマルバネ割出し

アマミマルバネ!ちょっと割って見た!

イシミカワ(石実皮)
画像:イシミカワ(石実皮)

イシミカワ(石実皮)
画像:イシミカワ 茎の刺


☆☆☆--------------------------------------☆☆☆

ひでのぱぱさん 国産オオクワ 飼育奮闘記

ひでのぱぱさん

2015年 ブログ開設4周年&70,000HIT記念プレ企画

     抽選結果!発表中です

☆☆☆--------------------------------------☆☆☆

ご覧頂きありがとうございます(^^)

画像は、イシミカワ(石実皮)の果実です。
つる性の植物で蕾の先がわずかに開いて開花するようですが、咲いているところは見ることが出来ず・・・
シャッターチャンスを逃してしまっています(><)
開花後は、そのままブドウの房のようになり、色が変化しながら最後は紫色に色付きます。
厄介なのは下向きの返しのような刺がある茎で痛い思いを経験した方も少なくないと思います。

さて、ひでのぱぱさんの記念プレ企画は大盛況の中、抽選も終わり結果発表されていますのでご確認下さい。
私が協賛しましたメルキオリティスもご応募を頂けましたので感謝しております。
ひでのぱぱさんには、もう一踏ん張りしてもらいましょう(^^) 

昨日は、9月に産卵セットを組んでいましたアマミマルバネですが・・・
セットを解除して2ケ月程放置をしています(笑)
セット中に2個の卵?は確認していましたが、その後卵は消え!?幼虫の姿も見えなくなり・・・

不安になるばかりでした(><)

この2ケ月間は気になって何度となく「割出そう」と飼育ケースを取り出しては「いや!まだ早い」と・・・
自分に言い聞かせて保管庫へ「戻す」を繰り返していました。
ケース側面を何度見ていても幼虫の姿は確認出来ず・・・
セット中に♀がケースの底で徘徊していただろう空洞?が見えるだけです。

マルバネを飼育されている方のブログを見ても、割出しのタイミングは「2令まで待て!」という記事を多く見ます。
卵や初令での割出しは★る危険性が高いと言うことですね(。、)
しかし、2ケ月を経過しても幼虫の姿が見えないと不安になるばかりです。
そこで、意を決してマットの一部を割出すことに・・・


アマミマルバネ 産卵セット
画像:アマミマルバネ 産卵セット


↓↓↓ ケース底面の様子です。


・・・♀が徘徊した痕跡か?・・・

・・・幼虫が動き回った痕跡か?・・・




 ( _ _ )..........o 




アマミマルバネ 産卵セット
画像:アマミマルバネ 産卵セット

不安を感じながらもマット一部を取出して見ました。
すると 👀
何か白く光ったような物体が崩したマットから転がり落ちる姿が見えたような 👀
崩したマットの上を見ると・・・

幼虫を発見!\(^o^)/

やりましたね(^^) はじめてのチャレンジで採れたこともあって嬉しさ倍増です\(^o^)/
安心出来ました。
しっかり2令になるまで放置します(^^)

アマミマルバネ 初令幼虫 アマミマルバネ 初令幼虫
画像:アマミマルバネ 初令幼虫

NEXT≫
Profile

もっち

Author:もっち
森の木陰のBlogへようこそ!
我が家の息子が子供の頃、喜ぶと思いオオクワを購入したのですが・・・
結果的に自分が“ハマ”った
管理人のもっちです。(笑)

生息地:神奈川県
年代:末娘は20歳(もう若くはない)

Topix

クワカブ愛好者の最新情報を掲載しています(^^) ✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫



✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫

更新日:2015.10.18

Access
ブログ村クワガタ部門
Search
Album
Recent posts
Recent comment
Category
Calendar
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2018年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


updated
Link

このブログをリンクに追加する

mail

名前:
メール:
件名:
本文: