スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーベル!産んでくれ・・・

ムスカリ
画像:ムスカリ

ムスカリ
画像:ムスカリ

ご覧頂きありがとうございます(^^)

画像は、ムスカリですね。
ヒヤシンスの近縁で、青紫色の花は小さなブドウの房を逆さにしたようして咲いています。
なかなか可愛らしい花です。
花に近寄るとミントのようなさわやかな香りが漂います(^^)

関東地域は梅雨に入りました。
日中の雨も嫌ですが、寝苦しい夜が来るかと思うと気持ちも沈みますね(-_-;)
エアコンがフル回転します💦

さて、↓↓↓の画像は、オーベルチュールクロツヤシカの♂です。
5月中旬にリベンジでペアリングした種親です。
最初のセットは2月に組みましたが不発に終わり、リベンジで5月に産卵セットを組んでいました。

この♂は追掛用にと飼育していましたが、数日前から動く気配もなく餌も摂取していません・・・💦
怪しいなと思いながらも他のクワガタの餌やりでかまってやれず。。。
どう見ても動いている気配がなかったため・・・取り出して👀ると・・・なんと☆に・・・

うん~残念!

気になるのは産卵セットの方です。

オーベルチュールは小型なので、♀が産む卵も小さく卵で割出すのは避けたいところです。
リベンジのセットなので、何とか採りたいところですが、まだセットを組んで3週間足らずなので割り出す勇気もなく。。。
でも、産んでいるか気になり、思い切って材を取り出てみました。
取り出した材3本をよく見ると、産卵痕らしき齧りを数か所確認出来ました。
😌っと・・・
しかし卵を見るまでは。。。
オーベルを卵で採る勇気もなく・・・ここは、そのまま戻しました。

オーベルチュールクロツヤシカクワガタ ベトナム ハザン
画像:オーベルチュールクロツヤシカクワガタ ベトナム ハザン

5月中旬から組んでいる産卵セット↓↓↓

オーベルチュール産卵セット
画像:オーベルチュール産卵セット

材を取り出して見ると・・・

オーベルチュール産卵セット オーベルチュール産卵セット
画像:オーベルチュール産卵セット

期待を膨らませながらセット継続です(^^)

オーベルチュール産卵セット
画像:オーベルチュール産卵セット

スポンサーサイト

オーベルチュール (* ̄ノ ̄)/オネガイ

クロッカス
画像:クロッカス

クロッカス
画像:クロッカス

ご覧頂きありがとうございます(^^)

画像は、昨年の3月にホームセンターで買ったクロッカスが今年も鮮やかな黄色い花を付けくれました。
昨年花が終えてから水場の横に鉢ごと放置していたんですが・・・
ここまで綺麗に咲いてくれるんなら・・・秋に株分けをしておけば良かったと・・・
ちょっと反省も(笑)

窓枠 下塗り塗装
画像:窓枠 下塗り塗装

窓枠 ひび割れ補修窓枠 ひび割れ補修窓枠 ひび割れ補修
画像:窓枠 ひび割れ補修

さて、今週も飼育室の作業をほったらかし窓枠塗装の作業を・・・(^^)
今週は11日の祝日もあって作業は大幅に進みました(^^)しかし、下地処理に加えて窓枠のひび割れも目立っていたので、目に余るところだけもと思いパテで補修をしていますが、結構時間を取られてしまいます💦

作業は窓ごとに・・・
サンドペーパー掛け➡必要があればひび割れ補修➡下塗りを繰り返しながら8枚の窓を。。。💦

上向き作業が多いためサンドペーパーから出る粉じんに目が痛みますが・・・(泣)

下塗り塗装 下塗り塗装
画像:下塗り塗装


1日の作業を終えてシャワーを浴びた後の🍻が美味しいですね(^^♪

さあ~いよいよ塗装ですね(´▽`):*・゚☆.。.:*・゚


さて・・・
オーベルチュールクロツヤシカクワガタ
画像:オーベルチュールクロツヤシカクワガタ
オーベルチュールクロツヤシカクワガタ
画像:オーベルチュールクロツヤシカクワガタ

本題のクワネタですが(笑)
ベトナムハザン産のオーベルチュールです。上翅のエナメル的な光沢と言か黒漆色?には魅了されます(^^)
さて、オーベルチュール2頭目の♀を使って同居させました。(1頭目は1月に・・・)
この種を記事にするのは昨年の1月以来に・・・
飼育の難しさを痛感してます(´;ω;`)

昨年の夏に♀が羽化していたのですが♂に恵まれず💦っていたところ、昨年の8月末いろいろとお世話になっているにゃ〇〇〇さんから♂の援軍を・・・💦(感謝・感謝)
これで♂♀共に7月羽化となったので期待が膨らみました。
成熟を待つため低めの温度で休眠へ・・・11月後半になっても餌は接種せず休眠から覚める気配無し(~_~;)
12月後半になって漸く餌をなめる程度にゴソゴソと・・・
そして、年が明けた1月に1頭目の♀を10日程同居(交尾未確認)させた後、産卵セットに・・・

うん~産卵セットの♀の動きが見えません(~_~;) セットから2週間後、産卵材を取出して確認しましたが産卵痕無し💦
不安は的中のような ~ ~ (涙)
根気強く現在もセット中~

という訳で今回は2頭目の♀を同居させました。
この目で交尾を確認したいんですが・・・どうなるか?

オーベルチュールって成熟時期の判断が難しいです・・・? まだまだ手探りですね(泣)

  (* ̄ノ ̄)/オネガイ♪

菌糸に潜らないオーベルチュール

コニファー(ブルーヘブン)の生垣
画像:コニファー(ブルーヘブン)の生垣

コニファー(ブルーヘブン)生垣を伐採
画像:コニファー(ブルーヘブン)伐採

ブルーベリー移植
画像:ブルーベリー移植

ご覧頂きありがとうございます。

ひでのぱぱさんから素敵な夫婦箸をプレゼントして頂きました。
ありがとうございました。さっそく使わせて頂いてます(^^)  
遊膳のお箸

この週末は、風もなく暖かい日が続いて気持ちが良いですね(^^)
以前から気になっていた玄関横のコニファー(ブルーヘブン)を“生垣風”にしてるんですが、植栽して早10年・・・
樹木の成長って早いですね(><)・・・購入した時は30cm程でしたが・・・
何回か選定をしましたが、それでも背丈を超えてしまい冬の日差しも遮っていましたので・・・
思い切って伐採することに。(裏庭には4ⅿ越えのコニファーが・・・💦💦)

根も地面にしっかり張っていたので抜くのに苦労しましたが、午前中には綺麗に取れました。
そこで、他の木々の陰になっているブルーベリーを移植することにしました。
樹木は、2~3月になると春に備えて根が動き出しますので、その前に移したいと思ってましたので・・・
間隔は狭いですが、移植も出来て日差しもたっぷりと(^^)
この夏には大粒の実を付けてもらいたいものですね(^^)

コニファーの伐採をしながら、飼育室を行ったり来たり・・・・と
昨年9月に採卵したオーベルチュールの1頭がどうしてもカワラ菌糸に潜りません/(^o^)\
孵化後2回程投入を試みたのですが、どうしてもボトル上部に上がって来てしまい潜ろうしましせん。
仕方なくその都度マットへ戻して様子を見ていました。

プリンカップを覗くと食痕はあるので、マットには馴染んでいるようです/(^o^)\
羽化から3ケ月を過ぎていますので、何とか!菌糸の摂取で体重を取り戻してもらいたのですが・・・

そして、今日・・・3回目のチャレンジです。


いざ投入!!(画像が無くてすみません)


さて、さて、どうなるか?


マット飼育中のオーベルチュールクロツヤシカ 幼虫
画像:オーベルチュールクロツヤシカ 幼虫


現在22:30
先ほど覗いたところ菌糸へ潜っている感じです・・・♪(^ ^)

オーベルチュール割出し・・・

ユミアシオオゴミムシダマシ
画像:ユミアシオオゴミムシダマシ

ご覧頂きありがとうございます。

 ★かぶ☆さんプレ企画

★かぶ☆さん 第2回★かぶ☆のクワカブプレ開催します。
盛り上げましょう \(^o^)/

協賛 9月26日~10月2日  応募 10月4日~10月13日



ここ1ケ月程、痛みとの戦いをしています(泣)
左の一指し指、肩、腕、肘の痛みで、仕事やクワ作業に力が入りません (_ _|||)
最初は一指し👉が突き指をした感じで痛みが2週間程続いた後、肩、腕、肘の痛みが出始めて・・・
我慢をしていましたが・・・どうしても我慢出来ず病院へ・・・

診断の結果は、2年前に追突事故で受けたむち打ち(後遺症)から来ていると・・・
痛みは歯の痛みを我慢する程の強い痛み、何をするにも集中出来ずイライラ感が・・・病院を変え接骨院で治療を受け、強い痛みは治まりつつありますが、まだ、時々強い痛みが出ます。 (_ _|||)
やはり「歳」なんでしょうかね💦💦

今日もまだ痛み・鈍痛を感じながら、オーベルチュールの割り出しをしてみました。
この材は5月に1ケ月程セットした後、寝かせて置いた材です。食痕が結構あったので少し期待をしています。
材も柔らかく手で割ける程でしたので、さっそく割ってみました。
最初に出て来たのは、何と\(◎o◎)/ ユミアシオオゴミムシダマシの幼虫でしょうか。

いつ見ても気持ちの良いものではありません。
ど~も「長いもの」は苦手です。 (ノд・。) 
この幼虫、肉食ではないようなので害はないと思いますが・・・
只、セットした♀が幼虫の存在を察知して産まないことが心配です。

さっさと幼虫をピンセットで取り除き、割出し開始です。
割った材の表面から艶のある幼虫が目に入りました。これはさい先が良いと感じデジカメを向けて「カシャ」と撮影・・・
その後4頭の幼虫をgetするものの、期待以上の確保は出来ませんでした。
採れなかったのはユミアシオオゴミムシダマシのせいにして次回に期待です。

オーベルチュール産卵材
画像:オーベルチュール産卵材

オーベルチュールクロツヤシカクワガタ 初令幼虫
画像:オーベルチュールクロツヤシカクワガタ 初令幼虫

オーベルチュールクロツヤシカクワガタ
画像:オーベルチュールクロツヤシカクワガタ ♂

オーベルチュール 産卵セット

オーベルチュールクロツヤシカクワガタ ♀
画像:オーベルチュールクロツヤシカクワガタ ♀

ご覧頂きありがとうございます。

梅雨に入り各地で大雨になっていますね。関東地方も昨日から強い雨が降り続いてます。横浜の方では土砂崩れが発生し住宅街の道路をふさいでます。幸い巻き込まれた人はいなかったようで良かったです。
この時期の雨はゲリラ豪雨になりやすいので・・・気を付けたいですね。

さて画像はオーベルチュールクロツヤシカクワガタ ベトナム ハザン産のペアです。名前が長いですね(゚_゚i)タラー・・・
今週の初めにペアリングをさせるため同居させていました。
両固体とも小さいのですが、♂の交尾力が強く♀が逃げ回るのを追いかけては取り押さえ交尾を繰り返す有り様
♀もヘトヘトになってるんじゃないかと心配するくらいです。

しかし、♀は心配を他所にエサの食べっぷりはお見事です。驚くほどですね。(☆ o ☆)
小さい体からは想像できません。
交尾の様子を眺めながら上翅の輝きに見入っています。 漆色の光沢と言うか? 独特の美しさがあって、オーベルの魅力を感じますね。

オーベルは今シーズン初めてのセットです。何とか50mmUPを出すことを目標にしていますが・・・どうでしょうか?

オーベルチュールクロツヤシカクワガタ ♀
画像:オーベルチュールクロツヤシカクワガタ ♀

オーベルチュールクロツヤシカクワガタ 交尾
画像:オーベルチュールクロツヤシカクワガタ 交尾
NEXT≫
Profile

もっち

Author:もっち
森の木陰のBlogへようこそ!
我が家の息子が子供の頃、喜ぶと思いオオクワを購入したのですが・・・
結果的に自分が“ハマ”った
管理人のもっちです。(笑)

生息地:神奈川
年代:子供の平均年齢19歳(若くはない)

Topix

クワカブ愛好者の最新情報を掲載しています(^^) ✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫



✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫

更新日:2015.10.18

Access
Search
Album
Recent posts
Recent comment
Category
Calendar
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


updated
Link

このブログをリンクに追加する

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。