FC2ブログ

カブト虫が羽化してきた!

リュウノヒゲ(竜の鬚)
画像:リュウノヒゲ(竜の鬚)

リュウノヒゲ(竜の鬚)
画像:リュウノヒゲ(竜の鬚)

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

画像の花は、リュウノヒゲ(竜の鬚)ですね、又はジャノヒゲ(蛇の髭)とも♪
耐寒性が強く日向よりも半日陰を好み一年中濃緑の細い葉をロゼット状に茂らせます。
花は、地面近くで下向きに咲くのでなかなか見つけるのが大変ですが、葉を掻き分けるように根本付近を探すと見つかります。花色は白と薄い紫色があり、開花後は5mm程の丸い実を付け冬には美しい瑠璃色(濃い青)へと色を変えます。
名前の由来は、見ての通り細い葉を竜の髭に見立てたことから付いたとか・・・♪

〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬

新型コロナ 東京では連日の100人超え!夜の繁華街が話題になっていますが・・・「密」なんですね💦
まだまだ呑みに行けそうにありません(^^;

カブト虫が羽化してきました\(^o^)/ 
先週の日曜日、雨上がりの朝、養殖場(マット廃棄場)へ行って見ると金網に赤黒い物体が視界に入りました。
目を凝らして見るとカブト虫です\(◎o◎)/!2~3週間前から気にはなっていたので、小まめ覗いていたところ、ようやく羽化してくれました。
このカブト虫は、4月にdaichanさんから幼虫で送ってもらったものです。・・・その数が・・(笑)

カブト虫が羽化!
画像:カブト虫が羽化!

カブト虫が羽化!

金網の蓋を取り、羽化したカブト虫を数えてみると4頭羽化していました。
枯れ葉は事前に入れてたのですが、餌場が必要だと思い以前、クワリウムに使っていた丸太を倉庫が出してきて置いてみたところ良い感じに収まりましたので、ゼリーを流し入れてみました。

もう1~2週間もすると溢れるくらい出て来そうで・・・(笑)
餌台や足場も足りそうにありませんので、少し探して入れておこうと思います。

カブト虫が羽化!
画像:カブト虫が羽化!

カブト虫が羽化!
画像:カブト虫が羽化!

赤味の強いカブト虫は羽化仕立てなのでしょうか?
4頭とも綺麗に羽化してくれてます、結構大きいですよね(^^♪

カブト虫が羽化! カブト虫が羽化!
画像:カブト虫が羽化!

羽化間もないカブト虫ですがいっちょ前に威嚇して来るんですね(笑)


カブト虫が羽化!
画像:カブト虫が羽化!

daichanさん、ありがとうございました(^^♪

ミヤマ産卵マット作り

ヒメフランスギク(姫フランス菊)
画像:ヒメフランスギク(姫フランス菊)

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

画像の花は、ヒメフランスギク(姫フランス菊)ですね。
一般にはノースポールやクリサンセマム パルドーサムの名前で流通しています。
もともとは北アフリカに自生しているレウカンセマム・パルドーサムをもとに改良された花のようですが、最近では野生化し自宅周辺で(自宅にも・・・)見かけることが多くなりました。
花茎は10cmほどと低く密集して咲き、小さな花を次々と咲かせ続けるのが特徴の花です(^^♪

GWも今日で終了ですね。
最終日の今日は昼前から雨が降り肌寒い一日になりましたね・・・ まぁ~「巣ごもり」をする上ではちょうど良かったのかも知れません(^^;
今日は飼育室でのんびりと作業を行い、合間で雑誌を読み耽っていました(笑) いつものことですけど・・・ね

ミヤマ系ブリード予定種↓↓↓
エラフスミヤマ ミズーリ州産 ヨーロッパミヤマ 原名亜種
画像:エラフスミヤマ ミズーリ州産&ヨーロッパミヤマ 原名亜種

ユダイクスミヤマ トルコ産 アクベシアヌスミヤマ トルコ産
画像:ユダイクスミヤマ トルコ産&アクベシアヌスミヤマ トルコ産

さて、今日はミヤマ系のブリードを控えているため、産卵床に使う埋め込みマットの準備をしていました。
用意したもはカブトマット30Lと黒土20Lの合計50L、黒土の20Lはずっしりと重く感じます💦
カブトマットは長く愛用しているマットで根食い系のクワガタにも相性が良いものです。

それと黒土はホームセンターで調達してきました。
黒土には焼成されているものもありますが、一般的に良質と言われる黒土は焼成殺菌をせずに養分や微生物そのままにしているものを言いますので、今回も「生」黒土を使います。

黒土を混ぜる理由は、♀が産卵時にマットを固め易くするためだと思っています。
ユダイクスの卵を採卵した時にも分かりますが、卵は円形の空洞の中に入っていますよね。 コロコロと・・・
その空洞を作るために微粒子で保水力の土が必要なんだと思います。 脚で器用に作るもんですね(^^♪

家では幼虫での割出しは行わず卵で採るようにしていますので、黒土の品質は余り考える必要はないと考えています。
で・・・今日の作業は用意したマットと黒土をそれぞれふるいに掛け、微粒子状に仕上げることです。
後は、産卵セットを組む数日前に加水しながら混ぜ合わせて飼育ケースへ入ればOKです。

黒土ふるい掛け
画像:黒土ふるい掛け

黒土ふるい掛け 黒土ふるい掛け
画像:黒土ふるい掛け

カブトマットふるい掛け カブトマットふるい掛け
画像:カブトマットふるい掛け

今日の作業は終了です(^^♪

低温種ブリード計画!

オオアラセイトウ(大紫羅欄花)
画像:オオアラセイトウ(大紫羅欄花)

画像は、オオアラセイトウ(大紫羅欄花)ですね。
オオアラセイトウは、春になると紫色の花を群生させて咲きますが、咲き始めは草丈も10~20cm程と低いのですが、気温が上がってくると花茎が伸びてきます。
最近は、道端や空地になど目にする機会も多くなり馴染み深い花になってきました。
オオアラセイトウは別名の多い花で、ムラサキハナナ(紫花菜〕やシキンサイ(紫金菜)、ショカツサイ(諸葛菜)、ハナダイコン(花大根)などとも呼ばれています(^^♪

先週の勤務はテレワーク中心で会社へ出向いたのは1日の午後からの半日だけで・・・
在宅勤務は片道1時間の通勤が無くなり、感染リスクも抑えられるのは大歓迎なのですが、自室にこもり集中して仕事はできるものの、「無言」は辛いですね。会社では1日馬鹿言ってコミュニケーションを取ってれば良いんですが、自宅で一人で喋る訳にもいかず・・・📳が鳴ると飛び付く有り様💦💦
明日は、会社へ行ってみよう (^^;

シーズン到来(^^♪
画像:シーズン到来

さあ~4月に入りましたね、ブリードシーズン到来です(^^♪
我が家の低温種も3月からセラーの温度を徐々に上げながら準備をしていました。
ようやく4月に入りましたので、最終温度まで持っていくためにセラーの設定温度を変えながら、種親となる成虫と他の幼虫も入れ替えました^_^;


思っていた以上に作業量多く一苦労💦


シーズン到来(^^♪ シーズン到来(^^♪
画像:シーズン到来

最終温度は23~24℃に持っていく予定ですが今年はちょっと遅くなりブリード開始は5月になりそう ^_^;


シーズン到来(^^♪
画像:シーズン到来

低温種ブリード計画
・ユダイクスミヤマ トルコ ♀5頭 
・     〃      シリア ♀2頭
・アクベシアヌスミヤマ トルコ ♀3頭
・ヨーロッパミヤマ 南フランス ♀2頭
・エラフスミヤマ ミズーリ州  ♀1頭
・ドンキエル・ドンキエル (原名亜種) カチン ♀2頭

・・・・他に何か居たかな(^^♪

バクテリア材仕込み

ホトケノザ(仏の座)
画像:ホトケノザ(仏の座)

☆☆☆--------------------------------------☆☆☆
かっつさん
第10回春のプレ企画開催!
春のプレ企画
まんじさん復活記念&Greenstyleラストプレ!
協賛募集:3月6日(金)~3月10日(火)
応募受付:3月11日(水)~3月15日(日) 
当選発表:3月18日(水)
☆☆☆--------------------------------------☆☆☆

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

画像の花はホトケノザ(仏の座)ですね。
暖かい陽ざしを浴びてホトケノザ(仏の座)が咲き始めました。
春の七草とは別物ですが・・・
花を横向きに見ると口を開け舌を出し笑っているよな、またウサギの耳のようにも見えるユーモラスな花ですね。
しかし、園芸関係者には嫌われる雑草なんですよ(-_-;) キュウリの葉などに付く「うどんこ病」の第一次伝染源とか?

早いもので今日は3月1日、温暖化の影響もあり2月の寒さも余り感じることもなく3月に入ってしまいました。
今日も暖かい日になりそうですね(^^♪
都内では東京マラソンが招待選手含めて170名で9時にスタートしました。テレビ中継を見ていても沿道の応援者がまばらで、少し寂しい気持ちもありますが選手には走りやすい環境かも知れませんね ^_^; 好タイム期待です。

バクテリア材仕込み
画像:バクテリア材仕込み

この週末!飼育室では、特に幼虫の割出しやマット交換の作業もなく、やらないだけ、ちょっと一服 (-。-)y-゜゜゜というところなんですが・・・(笑)
4月~のブリードのことを考えると、のんびり構えてもいられず・・・
思い立ったようにバクテリア材の仕込みを始めました。

さっそく在庫のあったコナラ、ナラ材を取りだしバケツに材を入れ加水・・・
幼虫の糞を混ぜた古マット(バクテリアマット)を取り出し天日干しに・・・
最後に陰干しした材をバクテリアマットに入れるだけと簡単な作業ですが、いざ使う時に無いと困るのものです(笑)

バクテリア材仕込み バクテリア材仕込み
画像:バクテリア材仕込み

バクテリアマットも使わずに放って置くと結構痛むので、材を入れていない時期は適当に天日干しをしながら「パウダー状」にしておくとバクテリアのまわりが良くなる感じです(笑)
因みに下の画像は、マットへ投入して3週間ほどした材です。
刷毛でマットを取り除くとバクテリア材の完成です。なかなか良い感じに仕上がっていますよね(^^♪

バクテリア材仕込み
画像:バクテリア材仕込み (過去画像)

さて、来週はカワラ菌糸を詰めよう~と(^^♪

二重梱包の技!

ネメシア
画像:ネメシア

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

画像はゴマノハグサ科のネメシアです。
今の季節は花が少なく、庭を見渡しても常緑樹の深い緑があるくらいで、他はチャイ色の殺風景な景色ですが・・・
それでも、花好きな私としてはデジカメを持って近所をウロウロと・・・
歩いていると畑の片隅に色鮮やかな花が目に入りました。
良く見るとネメシアです、柔らかくピンクに色づき優しい花色が和ませてくれます(^^♪、

二重梱包
画像:二重梱包

さて、1月も早いもので今週は成人の日から始まり、週末はセンター試験まっ最中です、受験生には頑張ってもらいたいですね♪
正月気分も抜け普段の日常生活に戻り、飼育部屋では昨シーズンに孵化した幼虫達の世話がメインになっています。
しかし、成長と共に飼育スペースが気になってきています(-_-;)
数台あるセラーと自作冷温庫で温度調整をしながら、幼虫を入れ替えたりしてますが・・・少々キャパオーバーに💦💦

そこで、幼虫を少し○○オクへ出品していました(^^♪ 
この時期、落札することはあっても、余り出品はしない方なんですが。
出品した幼虫は、早々落札していただき発送の準備開始です。
しかし、季節は真冬!幼虫にはかなりの負担がかかる筈。
成虫なら、さほど心配はしないのですが、発泡スチロール箱にカイロを入れても不安になります。



何か良い考えはないかと・・・・ (_ _)....o


そうだ!二重梱包にすればいいんだ\(^o^)/
箱と箱の間に空気層ができれば断熱効果は上がる筈!


そこで・・・


2つの箱を並べて・・・  (-_-;ウーン.  考え中~  (-_-;ウーン. 考え中~ 


それでも思いつがず・・・ちょっと一服   (-。-)y-゜゜゜


そうだ゜・・・


二重梱包
箱は重なるものの、蓋は〆られません💦

           ↓↓↓

二重梱包
中箱を小さくすれば良いんだと輪切りに5cmカットしました(単純)

           ↓↓↓

二重梱包
見事に入りました(^^♪


発泡スチロール箱の二重梱包完成です\(^o^)/
これで、外箱との隙間にカイロ、中箱にもカイロを入れれば大丈夫!


これで安心して送れますね ρ( ^o^)b_~♪♪ 


NEXT≫
Profile

もっち

Author:もっち
森の木陰のBlogへようこそ!
我が家の息子が子供の頃、喜ぶと思いオオクワを購入したのですが・・・
結果的に自分が“ハマ”った
管理人のもっちです。(笑)

生息地:神奈川県
年代:末娘は21歳(もう若くはない)

Topix

クワカブ愛好者の最新情報を掲載しています(^^) ✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫



✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫

更新日:2019.1.1

Access
ブログ村クワガタ部門
Search
Album
Recent posts
Recent comment
Category
Calendar
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2020年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


RSS

Link

このブログをリンクに追加する

mail

名前:
メール:
件名:
本文: