マンディ マット交換

梅開花
画像:梅開花

ご覧いただきありがとうございます(^^)

今日は立春ですね^^自宅横の公園では梅が花を付けていました。
耳を澄ますとメジロの鳴き声が聞こえて来そうです^^
春の兆しが少しみえ始めると言う感じですが今朝の気温は3℃とまだまだ寒いです(><)

さて、飼育室の幼虫ボトルを眺めていると、年末に割り出したマンディのボトルのマットが白っぽく乾燥ぎみに・・・
年末に割り出して間もなかったのでセラーの奥に入れいていました。
次回の交換は4月頃だと思いのんびり構えいましたが、このままでは持たないな~と思いながら
ボトルを取り出してみるとムラはあるものの乾燥でもなさそうですが白っぽく目立つ状態に💦

写真を撮り忘れました <(_ _)>.

幼虫は全部で18頭!昨年末新たに購入したマットでしたので、性質がつかめていませんでした💦
早めに気が付いて良かったです。
さっそく幼虫を取り出してみると・・・
マットの乾燥とは裏腹に想像以上に幼虫が加齢していました\(◎o◎)/! 交換したのは1ケ月前!!

マットが合っていたのか?これが普通なのか?迷うところですが・・・
そこで、久しぶりに体重を量ってみたところ結果は写真の通り最大6ℊ最小3gでした。
順調に成長しているので一安心です^^♪

さて、マットをそのまま使うのも心配でしたので、マットを加水しながらミヤマ系マットを少しブレンド。
マンディ用マットとして作成!ボトルへ戻し作業完了です。
いずれにしても経過は良好だったので良かったです^^

使い慣れていないマットには注意をしないといけませんね (ーー゛)

マンディブラリスフタマタ サパ産(赤)原名亜種 幼虫
画像:マンディブラリスフタマタ サパ産(赤)原名亜種 幼虫

マンディブラリスマット交換
画像:マンディブラリスマット交換

あらら 脱皮中でした(×_×;)

マンディブラリスマット交換
画像:マンディブラリスマット交換

マンディ 体重測定 マンディ 体重測定
画像:マンディ 体重測定

マンディ割り出し ♀の成熟度が・・・

ノコンギク(野紺菊)
画像:ノギク(野菊)

ご覧いただきありがとうございます(^^)

画像はノギク(野菊)ですね。
日当たりのよい道端に咲き残っていましたので、パシャりと・・・
薄い紫色の花弁が綺麗ですね。
花名で野菊というのはないようで総称して野菊と言うそうです。

さて、今年も残すところ2日となってしまいました。
今年は、昨年の冬から忙しくなりバタバタと過ごしため、飼育も中途半端になってしまい課題を多く残しました💦
飼育頭数を減らしたこともあり、羽化ずれや♂♀の片寄りで思うよにブリードが進みませんでした。
その影響がまだ2~3ケ月続きそうです(反省)
飼育数を減らしたことは逆に管理もしやすくなったのでプラス面も(笑)

そこで、昨日は今年最後に残っていたマンディブラリス ボルネオ サパ産の産卵セットの割り出しをしました。
10月初旬にセットしたまま放置状態だったのですがケースの底面には幼虫の姿もチラホラとあったので安心はしていました(^^♪
さっそくケースをひっくり返して割り出し開始です。

赤マンディ割り出し
画像:マンディ割り出し

マンディ割り出し マンディ割り出し
画像:マンディ割り出し

マンディ割り出し マンディ割り出し
画像:マンディ割り出し

ケースをひっくり返すなり幼虫の姿!さい先の良いスタートです。
マットの隙間から幼虫が転がるように出てきました(^^♪
これまで、何回と割り出して来ましたが、この状態は初めてです。
過去は1回に5~6頭採れれば良かった程で、ダラダラと2ケ月毎に半年掛けて15~6頭程を採っていました。

今回は1回で18頭!!嬉しいですね
やっぱり♀の成熟度合が結果を左右しますね(笑)


マンディ割り出し マンディ割り出し
画像:マンディ割り出し

さらに、おまけまで・・・(笑)

マンディ割り出し
画像:マンディ割り出し

今年も多くの皆さまにお世話になり感謝しています^^
               来シーズンもよろしくお願いいたします。



マンディの♂が羽化しました(^^)

雪柳(ユキヤナギ)
画像:雪柳(ユキヤナギ)

雪柳(ユキヤナギ)
画像:雪柳(ユキヤナギ)

ご覧頂きありがとうございます(^^)

画像は雪柳ですね♪
まだ肌寒さを感じるこの時期に長くしだれた枝に 沢山の雪が積もった様に白い花を咲かせていました。
春には欠かすことの出来ない花ですね。

マンディブラリスフタマタ ボルネオ サパ産(赤)
画像:マンディブラリスフタマタ ボルネオ サパ産 ♂

さて、昨年3月にアウトドアら~さん の20万HIT記念・新春感謝祭プレで当選させて頂いたマンディの♂が羽化しました。
♀は昨年秋~羽化していたのですが♂は今年に入ってから羽化しました。
画像は2月初旬に羽化した♂です。

飼育温度がちょっと低めだったこともあって時間が掛かりましたが綺麗に羽化しました。
サイズは82mmぐらいで落ち着きそうです。
マンディの特徴である下方行に大きく湾曲した顎は何度見ても良いものです(^^)

上翅の赤味も深みのある赤に落ち着いてきてます。
♀の数頭は後食が始まっているので、別血統の♂とペアにしようかと思っています。
アウトドアら~さんありがとうございました(^^)

マンディブラリスフタマタ ボルネオ サパ産(赤)
画像:マンディブラリスフタマタ ボルネオ サパ産 ♂

マンディブラリスフタマタ ボルネオ サパ産(赤)
画像:マンディブラリスフタマタ ボルネオ サパ産 ♀

マンディ!!この差は?

ゴールドバニー
画像:ゴールドバニー

ご覧頂きありがとうございます。
ミミさんから素敵なプレゼント・・・ありがとうございました。 ♪(^^) 素敵なプレゼント

今日は午前中から小雨が降りはじめ肌寒い日になりました。
垣根の刈り込みと花木の選定も一段落し、すっきしりした庭を眺めていると玄関横のバラが蕾を持っていました。
これは四季咲きのゴールドバニーだったと思います。花の大きさは中輪ですが、花持ちも良く長く楽しめるバラです。
今年はこの蕾が最後の花になります♪♪

さて、7月8月の中旬にそれぞれ初令で割出したサパ産マンディ 赤血統10頭程の幼虫ですが・・・
そろそろマット交換をしようと思ってましたので・・・棚から取り出しました。
取り出しながらボトルから見える幼虫は♂♀の判別をしましたが♂に偏っている感じがします。
♂は1800CC・♀はそのまま800CCのボトルに入れようしい新しいマットも詰めて準備完了です。

幼虫の取り出しをしながら・・・
7月に割り出した幼虫は全頭♂のようで、体重を量ると18~22gと伸びていました。 (⌒▽⌒) まずまずでしょうか。
しかし、その1ケ月後の8月に割出し幼虫の体重が伸びていません(><)
♂の平均が6g程度でしょうか。

種親も飼育環境も変わらないのに?この差は何なんでしょうね💦

幼虫にも伸び盛りがあるんでしょうか?不思議です(笑)

比較が出来るように写真に撮って見ましたが大きさは歴然としています。
1ケ月の違いでここまで・・・  ~(..)~ ンー  
まぁ~羽化まではまだまだ先ですから大型を期待して気長に行きましょう!?


マンディブラリス サパ産 赤血統
画像:マンディブラリス サパ産 赤血統 比較

マンディブラリス サパ産 赤血統
画像:マンディブラリス サパ産 赤血統

マンディブラリス サパ産 赤血統
画像:マンディブラリス サパ産 赤血統

マンディブラリス サパ産 赤血統
画像:マンディブラリス サパ産 赤血統

マンディもVN材だと生みやすいの・・・ 

水場掃除
画像:水場

水場作り 2006年
画像:作成途中の水場作り 2006年

完成した当時の水場 2006年
画像:完成した当時の水場 2006年
 
ご覧頂きありがとうございます。

  ★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜★

   国産オオクワ 飼育奮闘記  ブログ開設3周年

   クワ友の輪を広げよう!
  
        ひでのぱぱさんプレ企画 まもなく締切~11月9日まで

  ★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜★


私も協賛しています。こちらから
 
今日は、雨予報でしたが10時頃から日が差して来て気持ちの日になりました。午前中にクワ作業も一段落したので、自宅の西側にある水場の掃除をしました。この水場は、8年前に自宅を建てた当時に週末の休みを利用して1ケ月かけて作ったものです。クワ作業の後の大物の洗い物には重宝しています。
水場のレンガも年数の経過と共に“古煉瓦”的な風合いが出てくる感じです(^^)

午前中にマンディブラリスサパ産の割出しをしました。
このセットは9月中旬にセットし1ケ月程産卵をさせていたものです。まだ、少し早い気がしましたが飼育ケースに手が出てしまい(笑)・・・割り出すことに・・・

飼育ケースから取り出した産卵材を見るとVN材でした。!? そうだ!ウッディに使っていた材だと思い出しました。今年はウッディが不発に終わり、余った材をどうしようかと迷っていた時にちょうどマンディのセットを組んでいたので、“入れちゃえ”と思い投入したものでした。

案の定、幼虫も孵化したてで、半分が卵でした。フタマタ系は卵で割り出すと孵化率も悪く苦手感があります。
しかし、1ケ月程のセットで幼虫4頭+4卵の合計8頭は予想以上の結果でした。
マンディもVN材だと生みやすいんでしょうかね コストの高い幼虫です(笑)

マンディブラリスフタマタクワガタ サパ産(赤)
画像:マンディブラリスフタマタクワガタ サパ産(赤)

マンディブラリスフタマタクワガタ サパ産(赤)
画像:マンディブラリスフタマタクワガタ サパ産(赤)

マンディブラリス サパ産 割出し
画像:マンディブラリス サパ産 割出し

マンディブラリス サパ産 割出し
画像:マンディブラリス サパ産 割出し

マンディブラリス サパ産 割出し
画像:マンディブラリス サパ産 割出し
NEXT≫
Profile

もっち

Author:もっち
森の木陰のBlogへようこそ!
我が家の息子が子供の頃、喜ぶと思いオオクワを購入したのですが・・・
結果的に自分が“ハマ”った
管理人のもっちです。(笑)

生息地:神奈川
年代:子供の平均年齢19歳(若くはない)

Topix

クワカブ愛好者の最新情報を掲載しています(^^) ✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫



✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫

更新日:2015.10.18

Access
ブログ村クワガタ部門
Search
Album
Recent posts
Recent comment
Category
Calendar
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


updated
Link

このブログをリンクに追加する

mail

名前:
メール:
件名:
本文: