FC2ブログ

マンディ 80UP(^^♪

ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)
画像:ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)

ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)

ご覧頂きありがとうございます(^^)

画像はヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)の花です。
地味な花ですが果実を包むように咲く花も珍しような・・・秋にはブドウの房のように赤黒い実を付けます。
熟した実は柔らかく潰すと紅紫色の果汁がとれ染料やインクなどに使われていたそうです。
しかし、根や葉(実を含む)などには強い毒性があるので注意が必要です。

今日も暑いですね!外は40℃を越えています(-_-;)
今朝、庭の掃除をしていると庭木の根元にカブトムシの死骸を見つけました。
やっぱり、カブトムシは居るんだ(^^♪
そい言えば、今月初めバナナトラップを作りカブトムシの捕獲を試みたもののカナブン1匹と惨敗だったことを思い出しました(笑)
自宅周辺の環境が変わりつつあるとはいえ、カブトムシなどの昆虫がいると思うと嬉しい気持ちになりますね。
思い付きですが、庭に養殖場(廃マット置き場)でも作ろうかな♪ 日常的に廃マットも出るし、腐葉土を定期的に補充しておけば。。。妙案かな(笑)

カブトムシ 死骸
画像:カブトムシ

さて、今シーズン羽化を迎えたマンディですが、大小合わせて5ペアほどですが全頭無事に羽化しました(^^♪
大きさだけみればスマトラ産とは比較にはなりませんが赤味のあるサパ産が好きですね。
今回、羽化した♂のなかで最大は81mm(下記画像)と80を超えてくれました。(最小は70mm)
80mmを越えてくると迫力が出てきますね。
来シーズンに向けて少し♀を仕入れようかな(笑)

どなたか♀をお持ちでしたら交換しませんか ρ( ^o^)b_~♪♪


マンディブラリスフタマタ サパ産 原名亜種
画像:マンディブラリスフタマタ サパ産 原名亜種

マンディブラリスフタマタ サパ産 原名亜種 マンディブラリスフタマタ サパ産 原名亜種
画像:マンディブラリスフタマタ サパ産 原名亜種

マンディ羽化

オオムラサキツユクサ(大紫露草)
画像:オオムラサキツユクサ(大紫露草)

☆☆☆--------------------------------------☆☆☆
当選者発表中~です(^^♪
MINAMIさん みんなの合同プレ

MINAMIさん、みんなの合同プレ♪も大盛況のなか当選発表されています。
微力ながら私も協賛させていただいたオーベルチュールクロツヤシカクワガタの幼虫も多くのご応募をいただきました。
大変ありがとうございましたm(__)m 

抽選方法も本来は動画などでUPしたかったのですが私のにそのスキルがなく💦
当選者様のみの発表とさせていただきました。当選された方は前回記事に掲載してます。👀見て下さい。
また、私も「月読さん」の商品を当選させていただいいちゃいました(^^♪ 感謝!感謝!
ありがとうございました♪

最後に、みんなの合同プレ♪を企画運営されましたMINAMIさん、大変ご苦労さまでした。
新しい出会えがありましたこと感謝いたしますm(__)m

☆☆☆--------------------------------------☆☆☆

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

画像はオオムラサキツユクサ(大紫露草)でしょうか?道端などで野生化したものが良くみられます。
ムラサキツユクサは交配品種があり、交配品種のことをオオムラサキツユクサと呼ぶことが多いとか。なかなか判別が難しいようです(^^♪

今週末は豪雨による災害が発生し被害に遭われた皆さまにお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧をお祈りいたします。

さて、今シーズンの前半組のマンディブラリス パ産が羽化してきました\(^o^)/
色、ツヤともに良い状態です。ただ、サイスがもう一つ伸びませんでした💦
前半組は♂3♀6頭で♂の最大は78mm(最終体重25ℊ)で、77・74と続きました。

♀の最大45mm(最終体重14g)とういう結果で、その他の♀はまだ計測してません。
でも、80mmは出て欲しかったですね (-_-;)
まぁ~贅沢言ってはいけませんね💦 後半組みに期待をします(^^♪

マンディブラリスフタマタ サパ産(赤)原名亜種
画像:マンディブラリスフタマタ サパ産(赤)原名亜種

マンディブラリスフタマタ サパ産(赤)原名亜種 マンディブラリスフタマタ サパ産(赤)原名亜種
画像:マンディブラリスフタマタ サパ産(赤)原名亜種

マンディブラリスフタマタ サパ産(赤)原名亜種
画像:マンディブラリスフタマタ サパ産(赤)原名亜種

マンディ マット補充^^

ヒゴスミレ(肥後菫)
画像:ヒゴスミレ(肥後菫)

ご覧いただきありがとうございます(^^)

画像は、ヒゴスミレ(肥後菫) でしょうか?葉っぱの切り込みが深くカエデのような特徴があります。
草丈も10cm程なので雑草に交じって咲いていると見過ごしてしまいます。
花弁は白地に薄むらさきがグラデーションのようにかかりとても綺麗ですね^^

4月に入ると本格的にクワガタ作業も忙しくなりますね^^、
2月ごろがらボチボチ準備を始めるんですが、朝から産卵セットを組んだり、バクテリア材を仕込んだりと一挙に作業が増えバタバタと・・・ε~( ̄、 ̄;)ゞフー! 止めは洗い物で一日が終わる感じです💦
今日は、午前中の作業が一段落したところで、産卵セット内の様子を見たりと・・・(-。-)y-゜゜゜一服

飼育室内で、ひと休みしながら幼虫のボトルを覗き込んでいると、大きな幼虫がボトル上部の側面に居るのを発見しました。
ボトル越しなので大きく見えるのか?マンディです!!!
ラベルを確認すると前回のマット交換は2月4日!まだ2ケ月だと思いながらも蓋を取り覗き込むと・・・
そこには大形の幼虫が\(◎o◎)/!

早速、他のボトルも取り出し数頭が窮屈そうにしていたので、取り出しました。
勢いのある幼虫を見ると嬉しくなりますね(^^♪
前回18頭居た幼虫の内、6頭は里子へ出しましたので12頭で体重を^^
結果、♂の最大は25gと伸びてくれました(^^♪

また測定中に14gの幼虫が2頭出てきたので、♂の25gから見ると小っちゃと思ったのですが、よく見ると卵巣が\(◎o◎)/! 何と!♀でした。
♂は1400㏄のボトルへ移しながらマットを補充し引っ越し完了です。


ここまで伸びてくれるとモチベーションも上がり忙しさも楽しさに変わりますね^^


マンディブラリスフタマタクワガタ サパ産(赤)原名亜種 幼虫
画像:マンディブラリスフタマタクワガタ サパ産(赤)原名亜種 幼虫

前回(2月4日)からの体重推移
測定結果
画像:測定結果

マンディブラリスフタマタクワガタ サパ産(赤)原名亜種 幼虫 マンディブラリスフタマタクワガタ サパ産(赤)原名亜種 幼虫
画像:マンディブラリスフタマタクワガタ サパ産(赤)原名亜種 幼虫

マンディ マット交換

梅開花
画像:梅開花

ご覧いただきありがとうございます(^^)

今日は立春ですね^^自宅近くの公園では梅が花を付けていました。
耳を澄ますとメジロの鳴き声が聞こえて来そうです^^
春の兆しが少しみえ始めると言う感じですが今朝の気温は3℃とまだまだ寒いです(><)

さて、飼育室の幼虫ボトルを眺めていると、年末に割り出しをしたマンディのボトルのマットが白っぽく???・・・
割り出して間もなかったのでセラーの奥に入れいていました。
菌糸でしょうか?
次回の交換は4月頃だと思いのんびりと構えいましたが、このままでは持たないか~と?
様子を見ようと取り出してみるとムラはあるものの乾燥はしていなかったのでひとまず安心!!
マットは昨年から使い始めたので、今一性質がつかめていません💦

写真を撮り忘れました <(_ _)>.

幼虫は全部で18頭!取り出してみると・・・
マットの乾燥とは裏腹に想像以上に幼虫が加齢していました\(◎o◎)/! 
交換したのは1ケ月前!!

マットが合っていたのか?これが普通なのか?迷うところですが・・・
そこで、久しぶりに体重を量ってみたところ結果は写真の通り最大は6ℊでした。
順調に成長しているので一安心しました^^♪

さて、マットをそのまま使うのも心配でしたので、マットを加水しながらミヤマ系マットを少しブレンド。
マンディ用マットとして作成!ボトルへ戻し作業完了です。
いずれにしても経過は良好だったので良かったです^^

使い慣れていないマットには注意をしないといけませんね (ーー゛)

マンディブラリスフタマタ サパ産(赤)原名亜種 幼虫
画像:マンディブラリスフタマタ サパ産(赤)原名亜種 幼虫

マンディブラリスマット交換
画像:マンディブラリスマット交換

あらら 脱皮中でした(×_×;)

マンディブラリスマット交換
画像:マンディブラリスマット交換

マンディ 体重測定 マンディ 体重測定
画像:マンディ 体重測定

マンディ割り出し ♀の成熟度が・・・

ノコンギク(野紺菊)
画像:ノギク(野菊)

ご覧いただきありがとうございます(^^)

画像はノギク(野菊)ですね。
日当たりのよい道端に咲き残っていましたので、パシャりと・・・
薄い紫色の花弁が綺麗ですね。
花名で野菊というのはないようで総称して野菊と言うそうです。

さて、今年も残すところ2日となってしまいました。
今年は、昨年の冬から忙しくなりバタバタと過ごしため、飼育も中途半端になってしまい課題を多く残しました💦
飼育頭数を減らしたこともあり、羽化ずれや♂♀の片寄りで思うよにブリードが進みませんでした。
その影響がまだ2~3ケ月続きそうです(反省)
飼育数を減らしたことは逆に管理もしやすくなったのでプラス面も(笑)

そこで、昨日は今年最後に残っていたマンディブラリス ボルネオ サパ産の産卵セットの割り出しをしました。
10月初旬にセットしたまま放置状態だったのですがケースの底面には幼虫の姿もチラホラとあったので安心はしていました(^^♪
さっそくケースをひっくり返して割り出し開始です。

赤マンディ割り出し
画像:マンディ割り出し

マンディ割り出し マンディ割り出し
画像:マンディ割り出し

マンディ割り出し マンディ割り出し
画像:マンディ割り出し

ケースをひっくり返すなり幼虫の姿!さい先の良いスタートです。
マットの隙間から幼虫が転がるように出てきました(^^♪
これまで、何回と割り出して来ましたが、この状態は初めてです。
過去は1回に5~6頭採れれば良かった程で、ダラダラと2ケ月毎に半年掛けて15~6頭程を採っていました。

今回は1回で18頭!!嬉しいですね
やっぱり♀の成熟度合が結果を左右しますね(笑)


マンディ割り出し マンディ割り出し
画像:マンディ割り出し

さらに、おまけまで・・・(笑)

マンディ割り出し
画像:マンディ割り出し

今年も多くの皆さまにお世話になり感謝しています^^
               来シーズンもよろしくお願いいたします。



NEXT≫
Profile

もっち

Author:もっち
森の木陰のBlogへようこそ!
我が家の息子が子供の頃、喜ぶと思いオオクワを購入したのですが・・・
結果的に自分が“ハマ”った
管理人のもっちです。(笑)

生息地:神奈川県
年代:末娘は21歳(もう若くはない)

Topix

クワカブ愛好者の最新情報を掲載しています(^^) ✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫



✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫

更新日:2015.10.18

Access
ブログ村クワガタ部門
Search
Album
Recent posts
Recent comment
Category
Calendar
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


updated
Link

このブログをリンクに追加する

mail

名前:
メール:
件名:
本文: