FC2ブログ

マンディ割り出し

タマスダレ(玉簾)
画像:タマスダレ(玉簾)

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

画像の花はタマスダレ(玉簾)ですね、一般的にはゼフィランサスの名前で流通していることが多いです・・・♪
夏~秋にかけて白く鮮やかな花弁を上向きに咲かせるのが特徴で、特に乾燥が続いた後に雨が降ると球根が潤い一斉に開花する性質を持っています。 雨が降ると咲く花というイメージですね♪
花は球根で株が増えてゆくので、花壇や玄関アプローチなどの縁取りに似合い毎年咲かせてくれるのが嬉しいですね(^^♪

〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬


★かぶ☆さんがプレ予告を・・・:*:・’゜\(^o^)/'゚。.:*:・'゚ おめでと!
盛り上げていきましょう♪


☆☆☆--------------------------------------☆☆☆

第8回★かぶ☆のくわかぶプレ!
第8回★かぶ☆のくわかぶプレ

☆☆☆--------------------------------------☆☆☆

さぁ~連休も最終日になりましたね、休みの間は割り出しやマット交換に追われ、今季羽化したLucanusの掘り出しもままならず来週に持ち越しです💦 そんな中、マンディの割り出しをしました (-_-;)

マンディブラリス サバ産 (原名)
画像:マンディブラリス サバ産 (原名)

画像はマンディの種親です。サバ産 (原名)赤味の強い個体です、カッコいいですよね♪

マンディ割り出し マンディ割り出し
画像:マンディ割り出し

5月末から組んでいたマンディ産卵セットを暴いて見ました。
材には産卵痕もいくつか見えるので大丈夫だろうと思い、こぼれたマットから幼虫はいないかと掻き分けて見ましたが発見できず💦
まぁ~マンディは余りこぼれることはないので・・・

マンディ 初2令幼虫
画像:マンディ 初2令幼虫

さっそく、材を手にしたところ、そのまま割れそうだったので二つに割って見ると・・・
お~居ましたね\(^o^)/ デカイ2令幼虫が視界に入りました。 先ず1頭getです♪
・・・が、それ以後幼虫が出てきません💦 材を割っても、裂いてもダメです(-_-;)


え-! 1頭だけ💦💦 彡(-_-;)彡ヒュー 寒!


マンディ割り出し マンディ割り出し
画像:マンディ割り出し

1頭では累代も出来ないので・・・
そこで思い付いたのは7月に組んでいた2セット目を割出すことに! (これで大丈夫だと思ったのは私だけ💦)



しかし、結果はボウズ・・・(゚_゚i)💦💦・・・
出るのはため息~ ハア~



マンディ割り出し
画像:マンディ割り出し

最後に片付けをしながら、割出した材カスを凝視していると・・・お! 卵だ!!
しかし、出てきたのは1セット目の材カスからで、とても孵化しそうにありません💦 
情けない結果です(笑)

マンディ産卵セット
画像:マンディ産卵セット

種親♂と2頭の♀は元気なので速攻追い掛けをして・・・再セット(^^♪
マンディはダラダラと長期間に渡って産む傾向が強いので期待をして臨みます。
あ!♀が潜ってしまった・・・(^^;

再セットに期待します(^^♪

ミヤマクワガタ!割出し

マメアサガオ(豆朝顔)
画像:マメアサガオ(豆朝顔)

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

画像の花はマメアサガオ(豆朝顔)ですね。道端の草地や荒地などで他の植物に蔓を絡ませながら伸ばしてゆきます。
花冠は漏斗(じょうご)のような形をしていて、上から見ると5角形の星形に見えますが、15mmほどと小さく草地では他の雑草に交じって見つけ難いかも知れません。
花は朝顔と同様に早朝に咲き昼前には萎んでしまいます。
名前の由来は小さいアサガオというとこから付いたそうです♪

〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬


9月も中旬に入り大分涼しくなってきました。
明日の天気予報では最高気温が30℃を超えないようで、7月15日以来2ヶ月振りに真夏日から解消されそうです^_^;


ミヤマクワガタ(北海道栗山町産)
画像:ミヤマクワガタ(北海道栗山町産)(WD)

さて、今日は7月末にper-kさんから贈ってもらった道産ミヤマの割出しをして見ました♪
産卵セットは8月16日に組んだもので、ちょうど1ケ月が経過したところです。

ちょっと早いですけど・・・やっぱり気になって(笑)

ミヤマクワガタ 産卵セット ミヤマクワガタ 割出し
画像:ミヤマクワガタ 割出し

さっそく、産卵ケ^スを取り出して見ました。
足場にしていた小枝を取り除こうとしたところマットがふわふわになっていました、♀はケース内を動き回っていたんでしょうね。
暴いたマットからこぼれてきた卵や幼虫は見えません。

お!卵発見(^^♪

ミヤマクワガタ 割出し
画像:ミヤマクワガタ 割出し

続いて幼虫も・・・嬉しさでピントズレ(^^;

ミヤマクワガタ 割出し
画像:ミヤマクワガタ 割出し

暴いたマットを手で掻き分けてゆくと・・・お~出てきましたね♪
マットの中から卵や幼虫が顔を見せてくれました\(^o^)/
いや~小っちゃ ^_^;

ミヤマクワガタ 割出し
画像:ミヤマクワガタ 割出し

♀も産卵と動き過ぎてお疲れモードです、ご苦労さん(笑)

ミヤマクワガタ 初令幼虫 ミヤマクワガタ 初令幼虫
画像:ミヤマクワガタ 初令幼虫

採れた幼虫も数日前に孵化した感じです。
割出しが早いと思いつつも欲求には勝てず・・・
でも、採れて良かったです(^^♪

ミヤマクワガタ 割出し
画像:ミヤマクワガタ 割出し

割出しの結果、孵化間もない幼虫6頭、卵12個の合計18頭\(^o^)/
しばらく微粒子マットで保管したいと思います(^^♪

<φ(..)メモ>
ミヤマクワガタ(北海道栗山町産)
L.m.maculifemoratus
♀40mm(WD)

フォルフォル割出し♪

ニラ(韮)
画像:ニラ(韮)

ご覧いただきありがとうございます(^^)

画像の花はニラ(韮)ですね。
庭の片隅でニラが花茎を伸ばし白い花を咲かせてくれました。
ニラの葉は中華料理には欠かせない食材ですが、この花芽も花ニラとして食用されます。
写真を撮っている間もニラの匂いが漂ってきます、匂いの成分はニンニクなどに含まれているのと同じアリシンですね。
開花後は、子房が膨らみ熟すと割れて黒い小さな種ができ、風に揺られながら落ちて翌年同じ場所に生えてきます(^^♪

〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬


暑い夏もようやく終止符か? 今日は生憎の雨模様でしたが気温は25℃に・・・
今!自宅前を焼いも屋さんの移動販売車(軽トラ)で通って行きました^_^; 「美味しい~石焼きいも~」 秋ですね♪

フォルスターフタマタクワガタ(原名)種親
画像:ォルスターフタマタクワガタ(原名)種親

さて、今日は先週に引き続き割り出しをしました(^^♪ 暴いたのはフォルスターフタマタ(原名)です。
保管している飼育ケースの底からも幼虫の姿が・・・\(^o^)/ 

フォルスターフタマタク 産卵セット フォルスターフタマタク 割出し
画像:フォルスターフタマタク 産卵セット

ケース底面に居た幼虫がこぼれ落ちて来ました♪
さい先の良い割出しになりそうですね。

フォルスターフタマタク 割出し フォルスターフタマタク 割出し
画像:フォルスターフタマタク 割出し

産卵材も良い感じでボロボロになっていて適度に水分を保持しています。
さっそく割って見ると・・・\(^o^)/ \(^o^)/

フォルスターフタマタク 割出し

フォルスターフタマタク 割出し フォルスターフタマタク 割出し フォルスターフタマタク 割出し
画像:フォルスターフタマタク 割出し

結果は、幼虫15頭をGet!先ず先ずの成果でした。
今回は産卵セットから3ケ月経過しての割出しでしたので、採れた幼虫もしっかりしており安心して割出せた感じです。
何時もなら、プリンカップへ仮置きするところですがそうそう800ボトルへ投入しました。
種親に使った♂はサイズも大きく大形ならではの特長もよく出ていましたので、採れた幼虫が上手く受け継いでくれると嬉しいですね(^^♪

フォルスターフタマタク 割出し
画像:フォルスターフタマタク 割出し

ボーリンフタマタ(原名)割出し💦

オニタラビコ(鬼田平子)
画像:オニタラビコ(鬼田平子)

ご覧いただきありがとうございます(^^)

画像の花はオニタラビコ(鬼田平子)ですね。道端や公園などで咲いているのをよく見かけます。
オニタビコはキク科の越年草で、花は6~10mmくらいと小さなタンポポのような黄色い頭花をたくさん付けます。
名前の由来は、コオニタビラコやタラビコに似ているところから付いたとか?因みに 「田平子」は、葉が放射状に伸びて田に平らに張り付くというところから来ているようです♪

〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬


この週末は台風10号が接近しています、既に南大東島を通過し奄美へ接近中です(-_-;)
台風の影響でしょうか、自宅上空には黒っぽい雷雲が広がり始めています💦

ボーリンフタマタクワガタ(原名)種親
画像:ボーリンフタマタクワガタ(原名)種親

さて、今日は5月中旬から産卵セットを組んでいたボーリンフタマタ(原名)の割り出しをしてみました♪
保管している飼育ケースの底を見ても幼虫の姿はなく不安を感じながらケースを暴いてみました。

ボーリンフタマタ 割出し
画像:ボーリンフタマタ 割出し

産卵材は程よく齧っている様子が見えますので期待しちゃいますね(^^♪

ボーリンフタマタ 割出し ボーリンフタマタ 割出し
画像:ボーリンフタマタ 割出し

さっそく、太い方の材から割ってみましたところ・・・

視界に入ったのは・・・ 👀 👀

     槙のように綺麗に割れました! ( ̄▽ ̄;)ガビ~ン

ボーリンフタマタ 割出し

     え~ボウズか・・・💦💦💦

 
気を取り戻してもう一本の細材を割ってゆくと・・・

ボーリンフタマタ 割出し
画像:ボーリンフタマタ 割出し

ようやくご対面できました(^^♪

ボーリンフタマタ 初2令幼虫 ボーリンフタマタ 割出し
画像:ボーリンフタマタ 初2令幼虫

ボーリンフタマタ 初2令幼虫 ボーリンフタマタ 初2令幼虫
画像:ボーリンフタマタ 初2令幼虫

何とかボウズは逃れましたε~( ̄、 ̄;)ゞフー 
ボーリンは産卵材の選り好みが激しいですね💦
今日の割出しは4頭と情けない結果に!・・・2セット目に期待したいと思います(^^♪


能勢YG血統!ボトルへ

キバナコスモス(黄花コスモス)
画像:キバナコスモス(黄花コスモス)

ご覧いただきありがとうございます(^^)

画像の花は、オレンジ色がとても鮮やかなキバナコスモス(黄花コスモス)ですね。
同種はメキシコ原産の花で日本のコスモスと同種ですが、最近では野生化して空き地や公園の草地などに群生しているのを見かけることが増えました。
花は初夏から10月頃までと長い期間楽しませてくれます♪ 
コスモスは秋の花ですよね、そろそろ秋の気配を・・・💦

〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬〜٩꒰。•◡•。꒱۶♬


8月も明日で終わりだというのに連日の猛暑!いつまで続くのかと思うと憂鬱にもなりますね💦
"何もしたくない・・・"そんな気分にもなります (^^;
とは言っても、クワガタの世話は待ってくれず・・・💦

能勢YG血統 種親
画像:能勢YG血統 種親

昨日は、7月に割り出していた能勢産YG血統のボトル投入を少しだけしました。
今シーズンは2頭の♀を使って組んでいたんですが・・・1頭の♀は卵を産まず💦ボウズ~
当然2頭目の♀に期待がかかる訳ですが、結果は14頭止まり (-_-;) ひでのぱぱさんからの援軍には助かりました(^^♪

14頭の内、菌糸の食べっぷりの良い6頭を取り出してみました。
ボトルへ投入するタイミングとしてはちょうど良い感じです(^^♪

オオクワガタ 能勢YG血統
画像:能勢YG血統

菌糸は先々週!神長さんから送ってもらっていましたので、先週詰め作業をしておきました。

詰め作業風景↓↓↓
菌糸詰め 菌糸詰め 菌糸詰め 菌糸詰め
画像:菌糸詰め

袋のまま揉み解してから振るい掛け・・・
詰め作業は相変わらずの「すりこぎ棒」で詰め!詰め! もう18年も使っている棒💦💦

オオクワガタ 能勢YG血統 オオクワガタ 能勢YG血統
画像:能勢YG血統

取りだした幼虫は丸々と太った元気な幼虫でした。画像の幼虫は2頭とも♂ですね。
来週は残りの幼虫を投入します(^^♪

オオクワガタ 能勢YG血統
画像:能勢YG血統

NEXT≫
Profile

もっち

Author:もっち
森の木陰のBlogへようこそ!
我が家の息子が子供の頃、喜ぶと思いオオクワを購入したのですが・・・
結果的に自分が“ハマ”った
管理人のもっちです。(笑)

生息地:神奈川県
年代:末娘は21歳(もう若くはない)

Topix

クワカブ愛好者の最新情報を掲載しています(^^) ✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫



✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫

更新日:2019.1.1

Access
ブログ村クワガタ部門
Search
Album
Recent posts
Recent comment
Category
Calendar
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2020年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


RSS

Link

このブログをリンクに追加する

mail

名前:
メール:
件名:
本文: