FC2ブログ

アマミマルバネ 4年目突入?

カラスウリ(烏瓜)
画像:カラスウリ(烏瓜)"

ご覧頂きありがとうございます(^^)

画像はカラスウリ(烏瓜)の花ですね。
繊細な糸のような花弁が絡み合って妖しくも美しい花を咲かせます。花は夕方から咲き始め、翌朝には萎んでしまう一夜花で、夜行性の蛾などを引き寄せ受粉するようです。
暗闇に咲く姿を見るとぞくっとしますね(笑)

お盆休暇も最終日となりました(^^♪ 明日から土日でまた連休(笑)
連休は何処へ行く訳でもなく飼育室を出たり入ったりと・・・普段できない片づけをして過ごしています。
クワガタたちの産卵ピークも終わったので、コバシャ小・中を棚の上に積み上げたりと・・・
大分!片付けが進みました(^^♪
これからは、割出した幼虫たちが成長していくので、セラーのスペースが足りなくなりそうな(笑)

片付けも一段落したので、飼育室内をちょっとだけご紹介(笑)飼育室
画像:飼育室

ワインセラー&自作冷温庫内の様子
ワインセラー クワガタ 飼育室
画像:ワインセラー&自作冷温庫

飼育室の必需品(^^♪
クワガタ 飼育室 クワガタ 飼育室 クワガタ 飼育室 クワガタ 飼育室
画像:左から水洗いシンク、ボトルストック箱、人間用冷蔵庫、ファンヒーター


飼育棚を整理している時、自作冷温庫の上段に1400CCボトルが・・・👀に入っていました。・・・
様子を見なければと思いつつ↓↓↓
忘れていた訳ではないんですが、世話要らずで殆ど放置です(笑)

ラベルを改めて見ると2015年12月羽化と・・・💦
そう!アマミマルバネです (^_^アママルダ)

アマミマルバネ 飼育ラベル
画像:飼育ラベル

アマミマルバネは私のいい加減な記憶だと、多くは2年1化と認識しているのですが、割出しは2015年12月!
昨年は羽化せず、来年は羽化するだろうと放置していました。
アマミマルバネは産卵期が秋のホンの一時なのでタイミングを逃すと累代が難しい種です。

10本あるボトル あれ1本足りないか? まぁ~いいやと思いながら、1本づつボトルを確認!
見ているとどうも様子が可笑しい(笑)蛹になっている筈のボトルから幼虫の顔が覗き込めます。
2本、3本目と確認していくも皆幼虫の顔が・・・繭玉を作っている痕跡がありません💦

アマミマルバネ 幼虫ボトル
画像:飼育ボトルから見た幼虫

ボトル9本を見た限りでは1本だけ繭玉を作っているだろうボトルが確認できましたが、残りは幼虫の姿が・・・
マットも減ってきているので、恐る恐るマットをスプーンでかき出しながら、幼虫を確認!繭玉を作ろうという気配は一切無し💦
1頭を覗き皆幼虫でした(-_-;)

ここは、開き直ってマットを補充し、来春スイッチが入るのを気長に待つことに。。。。


アマミマルバネ 幼虫 アマミマルバネ 幼虫
画像:アマミマルバネ 幼虫

アマミマルバネ 幼虫 アマミマルバネ 幼虫
画像:アマミマルバネ 幼虫

で・・・1本だけ大きな繭玉を取り出せました\(^o^)/
羽化ズレどころかい1頭では話になりませんね💦

アマミマルバネ 繭玉
画像:アマミマルバネ 繭玉

無事!羽化することを期待してもう少し保管して見ます。

   ♂かな?♀かな? (-_-;)



アマミマルバネ マット補充
画像:アマミマルバネ マット補充

羽化は来年?!
ユダイクスミヤマでも4年はないぞ!簡便してほしい (@_@)


エラフスミヤマ 800CCボトルへ

アメリカフウロ(亜米利加風露)
画像:アメリカフウロ(亜米利加風露)

ご覧頂きありがとうございます(^^♪

画像は道ばたなどでよく見かける雑草のアメリカフウロです。
花は直径1cm程の綺麗な淡いピンク色の花を咲かせています、ちょっと気にして見ていないと気が付かない程です。
特長的なのは、花が咲いた後の種にあって、さやのようなものがくるりと巻き上がり種を飛ばす面白い花です。
是非次回は撮影してみたいです(^^♪

お盆休みも終盤に入り、帰省渋滞の話題がニュースになっていますが、私は帰省もなく近くにある寺にお墓参りに行っぐらいで、のんびりと過ごしています(笑)
さて、先週仕掛けたバナナトラップの成果ですが・・・💦
期待を膨らませながら仕掛けた翌日から数か所のトラップを見て回っていたのですが、期待する姿を見ることはなく((-_-;)
カナブン1匹だけが甘い焼酎入り果汁を摂取していました(-_-;) カナブンは摘み取って除けた後に!あ~写真撮る忘れたと悔やみながら・・・その後トラップも乾燥し始め飛来してくる虫もなく・・・・撤収 (-_-;) 成果はカナブン1匹でした(笑)

さて、気を取り戻して飼育室では、先日誠也さんにお会いした際、譲っていただいたミズーリ州産のエラフスミヤマを800CCボトルへ移しました。
プリンカップは大小3個づつ、取り出して見ると元気な幼虫が顔を覗かせていました。
いっとう一頭幼虫を確認して800CCボトルへ
プリンカップの大小は♂♀と幼虫を分けてくれていたものでした。
細やかなお気遣いありがとうございます(^^♪


エラフスミヤマ 幼虫 エラフスミヤマ 幼虫 エラフスミヤマ 幼虫

エラフスミヤマ 幼虫 エラフスミヤマ 幼虫 エラフスミヤマ 幼虫
画像:エラフスミヤマ 幼虫

羽化したらこの成虫が出てくると思うとわくわくしますね\(^o^)/


エラフスミヤマクワガタ
画像:エラフスミヤマクワガタ ミズーリ州産 過去画像(参考)


エラフスミヤマ 幼虫800CCボトルへ
画像:エラフスミヤマ 800CCボトルへ

バナナトリップ作成

ヘクソカズラ(屁糞葛)
画像:ヘクソカズラ(屁糞葛)

ご覧頂きありがとうございます(^^♪

画像はヘクソカズラ(屁糞葛)ですね、つる性の多年草で至る所に雑草として自生しています。
名前を聞くと少し引いてしまいそうになりますが。。。その通り、葉や茎を手で揉み匂いを嗅ぐとそれなりの匂いを放ちますよ(-_-;) 今、満開ですので一度試してみては(笑)
花は1cmほどの小さな筒状で、内側の紅紫色が特徴的な鮮やかさを秘めています。
花が終えた後にできる果実を生のまま潰した果汁は、しもやけやあかぎれなどに効能があるそうです(^^♪

いや~毎日暑いですね (-_-;) 普段、仕事を終え会社を出てから駅に向かう街中は日中より湿度が高く感じ、路面のアスファルトからの熱も加わり蒸し風呂?サウナ状態ですよね。屋外で仕事をしている方の苦労を痛感します。
そんな熱帯夜に暑気払いと行きたいところ・・・・先週末に誠也さんえたくわさんの3人で都内の居酒屋へ🍻
店内で自己紹介も簡単に、冷えたビールで乾杯・・・美味しいですね(^^♪
えたくわさんとはblogやプレ企画で交流させてもらっていて、職場も近いので近いうちに🍻でもと言ってましたので、早々と機会ができたので良かったです。

話題は言うまでもなくクワネタで談笑!えたくわさんのコクワや産地の拘りにハマった話などで盛り上がっていました☺
美味しい刺身をいただきながら、仕上げは誠也さんの爬虫、両生類談義で締められ・・・(笑)
熱帯夜のなか居酒屋で楽しいひと時を過ごさせていただきました。

居酒屋
画像:居酒屋

さて、今朝は自宅でカブト虫を捕獲しようとバナナトリップ作成しています。
数年前までは庭のトネリコの木に飛来して来ていたのですが最近は姿を見なくなりました。
もともとトネリコの木に飛来して来るとは思ってもいませんでしたが・・・余程餌場がなかったのか?

2014.7.27の記事写真↓↓↓
カブト虫飛来 カブト虫飛来
画像:カブト虫飛来

そこで、材料となる、焼酎、砂糖、ドライイースト、バナナと庭で採れたブルーベリー(おまけ)を用意
ナイロンの袋に、ぶつ切りにしたバナナ(皮もぶつ切り)、潰したブルーベリー、砂糖を加えた焼酎、ドライイーストを入れ準備完了!

バナナトラップ作成 バナナトラップ作成 バナナトラップ作成 バナナトラップ作成
画像:バナナトラップの材料

庭の木陰に置いて発酵を促させます。
バナナトラップ作成
画像:バナナトラップ材料投入

作成から1時間後・・・↓↓↓
バナナトラップ作成
画像:バナナトラップ 発酵中

作成から2時間↓↓↓
ナイロンの袋が膨れて発酵が進んでいる感じです(^^♪
バナナトラップ作成
画像:バナナトラップ 発酵中

あと、2時間もすればバナナが黒ずんできて完成しますので、夕方庭のトネリコの木と周辺の木々に塗り込んでみます(^^♪
カブト虫採れるかな?

そういえば果汁を入れるネットも買ってたんだ(笑)

バナナトラップ作成
画像:バナナトラップ作成 用品

材料費は500円(焼酎は別)笑

うん~ホームセンターでペアを購入した方が安かった!
何てならないように(笑)


ユダイクスミヤマ 結果は!

ネジバナ(捩花)
画像:ネジバナ(捩花)

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

画像はネジバナ(捩花)ですね、日当たりのよい公園の芝生、草地などに自生する多年草です。
初夏に花茎を長く伸ばして、小さな花が螺旋状にねじれながら咲いてゆく姿が特徴です。
この螺旋形には右巻きと左巻きがあるようなので一度観察してみてはいかがでしょうか。
ネジバナは、ラン科の植物で別名はモジズリと言うそうです。

ユダイクスミヤマクワガタ トルコ産 ♀
画像:ユダイクスミヤマクワガタ トルコ産 ♀

さて、4月末から採卵を始めたトルコ産ユダイクスミヤマクワガタです。
今シーズンは3♀を組んだ産卵セットを週一ペースで卵を取り出してきましたが、今日最後1♀になったケースから取り出しを行いましたが、結果はゼロでした。因みにこの♀は59個産んでくれました\(^o^)/

最後まで頑張ってくれた♀も符節が3ケ所取れてしまいましたがまだ元気に動いています(笑)
今日からはゆっくりと「クワリューム」ならぬ鑑賞ケース内で休んでもらうことに♪

採卵した卵は孵化を確認しながら記録を付けプリンカップで保管し、2令初期ぐらいから順次800㏄ボトルへ移しています。
今日は、6月中旬以降の16頭を800㏄ ボトルへ移しました。
落ちている幼虫もなく無事に成長してくれています。

今シーズンは3♀で100頭を目標に産卵セットを組みましたが、結果は卵125Get、腐敗33個、孵化80、残り12個が孵化待ちと言う結果でした(^^♪


飼育室 ボトル保管箱 クリアボトル800㏄
画像:飼育室 ボトル保管箱

プリンカップには採卵日、孵化日記したラベルを貼付↓↓↓

ユダイクスミヤマ用マット ユダイクスミヤマクワガタ 初2令幼虫
画像:ユダイクスミヤマクワガタ 初2令幼虫

プリンカップから取り出した幼虫↓↓↓

ユダイクスミヤマクワガタ 初2令幼虫 ユダイクスミヤマクワガタ 初2令幼虫
ユダイクスミヤマクワガタ 初2令幼虫 ユダイクスミヤマクワガタ 初2令幼虫
画像:ユダイクスミヤマクワガタ 初2令幼虫


さぁ~90、100mmUPを目指して気長に飼育していきます\(^o^)/



当選品着弾(MINAMIさんプレ企画)

キキョウソウ(桔梗草)
画像:キキョウソウ(桔梗草)

ご覧いただきありがとうございます(^^♪

画像はキキョウソウ(桔梗草)ですね。
公園内や街路樹の下などでよく見かけます。別名はダンダンギキョウと言いそうで、茎に沿って花や葉が段々に付くことに由来しているそうです。
色も形も桔梗に似ていますが花は小さく1cmぐらいでしょうか。

毎日暑いですね (-_-;)
西日本豪雨により被害に遭われた皆さまにお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧をお祈りいたします。

さて、今日は嬉しい着弾がありました。
先日開催されたMINAMIさん主催のみんなの合同プレ♪で応募していた当選品が届きました(^^♪
届いたものは?、大先輩の月読さんが協賛されていたユダイクスミヤマの幼虫です。

さっそく開けて見るとプリンカップが8個? 確か商品案内では幼虫7頭の筈だったんですが・・・
月読さん、数え間違えたんでしょうね(笑) 
送料までご負担していただき誠にありがとうございました\(^o^)/

さっそく、プリンカップを開けて幼虫と対面!
幼虫を見て\(◎o◎)/!
我が家の同時期に採れた幼虫より一回り大きいぞ!!!

月読さん!流石ですね(^^♪
我が家のはこんなもんです(笑)↓↓↓
ユダイクスミヤマ トルコ産
一頭一頭幼虫に見惚れながら、用意していた800㏄ボトルへ投入!
成長が楽しみになりました♫
月読さん、ありがとうございました(^^♪

最後に、みんなの合同プレ♪を企画運営されましたMINAMIさん、大変ご苦労さまでした。
新しい出会えがありましたこと感謝いたしますm(__)m

当選品着弾(MINAMIさんプレ企画)
画像:当選品着弾(MINAMIさんプレ企画)"

ユダイクスミヤマ トルコ産 ユダイクスミヤマ トルコ産 ユダイクスミヤマ トルコ産 ユダイクスミヤマ トルコ産
ユダイクスミヤマ トルコ産 ユダイクスミヤマ トルコ産 ユダイクスミヤマ トルコ産 ユダイクスミヤマ トルコ産
画像:ユダイクスミヤマ トルコ産

ユダイクスミヤマ トルコ産
画像:ユダイクスミヤマ トルコ産

NEXT≫
Profile

もっち

Author:もっち
森の木陰のBlogへようこそ!
我が家の息子が子供の頃、喜ぶと思いオオクワを購入したのですが・・・
結果的に自分が“ハマ”った
管理人のもっちです。(笑)

生息地:神奈川県
年代:末娘は20歳(もう若くはない)

Topix

クワカブ愛好者の最新情報を掲載しています(^^) ✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫



✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫

更新日:2015.10.18

Access
ブログ村クワガタ部門
Search
Album
Recent posts
Recent comment
Category
Calendar
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


updated
Link

このブログをリンクに追加する

mail

名前:
メール:
件名:
本文: